2018年6月15日 (金)

ジャズチャートで1位を獲得!

嬉しいお知らせです!
アメリカのアマゾンのジャズチャートで1位になりました!
iTunesでも私が知る限り2位まで上がってます。
月曜日に放送されたドキュメンタリーが良い方向に働いたようです。

そのドキュメンタリーですが、ネットで全部見ることができましたが、そのリンクが削除されてしまったので今は見られません。
またどこかで見つけたらお知らせしますね。
アメリカではもう買えるようですが、日本では買えませんので。

Aceacbba05f34ce19ea210be357010a6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

David Cassidy ドキュメンタリー番組放送!

日本では本日午前10時から下記のリンクから番組が見られそうですり
可能な方はどうぞ。
残念ながら私は用事があって見られないのですが、優しいアメリカのファンの方が必ずやYouTubeにアップしてくれるかと。

A&E

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

新譜発売!

5曲入りの新譜が発売され、iTunesでダウンロードできます。

Songs My Fater Taught Me / David Cassidy

タイトルは
「Songs My Father Taught Me」
収録曲は以下5曲
Night and Day
Summertime
Wish You Were Here
Sweet Little Angel
Till We Meet Again
Jazz部門と表示されています。

「Night and Day」と「Sweet Little Angel」は彼のNYのBB Kingsでのラストライブでも演奏されたので、そのライブを思い出してしまいます・・・sweat02

これが彼の最後の作品・・・sweat02

ちょっと湿っぽくなってしまいますが、しばらくは彼を偲びながら・・・Wish You Were Here
あなたがここにいれば・・・
Till We Meet Again・・・意味深なタイトルの曲ばかり、涙を誘います。
今のところダウンロードのみ、みたいです。

ちょうど一年前の5月これからCraigとFrank, Teriといったバンドメンバーとシカゴで録音するといった内容のメッセージです。

MESSAGE FROM DAVID - MAY 5, 2017
I'm about to go to Chicago in the next 2 weeks to record in Craig's state of the art studio to begin doing my tribute to my mentor and father. People may respond that it's just worship of my male role model, especially as he basically abandoned me and my mother. I truly believe he was the most talented man I've ever known. Soooooooo, I'm going to go in and pay tribute to him with "Songs my father taught me".
Teri and Frank are flying in. As you all know, we record Live! Live! Live! It's the only authentic way! It's the way I learned and was taught from 19 years of age!! I truly believe this will be my last recording, and it's been something I've been thinking about for many years.
Happy Trails,
DC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

タワレコ渋谷パイドパイパーさん✨

なんと棚展開してくれてます!
全部輸入盤で持ってるけど、こんな風にしてくれたので、お買い上げ(笑)
おまけに曲も流してくれていました!

Eca8387cbe19434798fc8f73e91a2855


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

日本初CD化

4月4日にCDが3枚発売されます。
「グレイテスト・ヒッツ~ディフィニティヴ・コレクション」
「チェリシュ」
「ロックミー・ベイビー」
Sony Music
(こちらのサイトでDavid Cassidyと検索するとCDの紹介がみられます。)

日本初CD化のようですが、Davidファンの方はすでに海外盤をお持ちのような気もします。
そういう私も持っていますが、ライナーノーツが長門芳郎さんなので、ライナーノーツ目当てに購入することになりそうです。
そうそう3月3日にその長門さんがラジオ番組で追悼してくれました。
彼の才能を理解してくださっていて、とても素晴らしい番組でした。
こちらでシェアできないのが残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

グラミー賞で追悼。

毎年グラミー賞では昨年亡くなったアーティストの追悼をするパートがあります。
今年はもちろん取り上げられるのでは、と思っていましたが、想像していたよりも短くてちょっと残念。
チャック・ベリーもグレン・キャンベルもワンフレーズだけ、流れただけだから、デビッドの扱いもその程度で「よし」としようか。
写真のみのアーティストもいる訳だし、本人の曲と動画が流れただけでもマシかな。
Grammy 2018, Tribute to David Cassidy

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
気持ち的には喪中の気分なんですが・・・。
今年もファンの皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
 
ところで、2017年12月30日、先日収録に参加した番組が無事放送されました。
こちらのリンクから1月6日土曜日14時までなら「タイムフリー」で聴けますので、興味がある方はどうぞ。
全米TOP40スペシャル タイムフリー

番組開始から22分あたりからDavid Cassidyについて流れます。
収録では15分から20分近く話したのですが、編集でかなりの部分カットされました。
アイドルで大成功を収めたけれど、その後はアイドルというレッテルで苦労した話。
ブライアン・ウィルソンやバッファロープリングフィールドのリッチー・フューレーやアメリカのジェリー・バークリー等等との共作で素晴らしいアルバムを作っているのに、商業的には成功しなかった話。
ラジオ番組「全米TOP40」を作った岡田三郎さんがライナーノーツを書いてくださっていたという話等、全てカットされてしまいました。とても残念です。

また流れた曲もこの番組の日本放送が始まった72年以降のヒット曲を選曲しなければいけない、という縛りがあったので、あのような選曲になりました。
編集でカットはしょうがないけれど、Davidがただの可愛いだけのアイドルではなく、素晴らしいシンガーでもあったし、才能あるライターでもあったという部分が伝えられなかったのが残念です。

ですので、曲が流れた後、矢口さんが「彼の気持ちが伝わってくる」とか「一連の流れからわかる」とかお話しているのも、編集の結果です(笑)

万が一、タイムフリーで聴けず、聴きたい方がいらっしゃいましたら、曲の部分がカットされたダイジェスト版がYouTubeにありましたので、そちらのリンクも貼っておきますね。
でもせっかくなので、1月6日までなら曲も楽しめるタイムフリーで聴くことをお勧めします。

全米TOP40 ミーハーバンザイ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

Music Freeway

昨晩、矢口清治さんの音楽番組「Music Freeway」で曲が流れました。
ラジコでは1週間タイムフリーで聴けますので、よろしかったらどうぞ。

Music Freeway

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼メッセージ

少し時間が経ってしまいましたが、Davidが亡くなった時に発表された追悼メッセージを紹介しますね。
まずはBrian Wilsonからの追悼ツイート
Brian Wilson
次はハル・ブレインのFBでの投稿。
Hal Blaine
若い頃のデビッドがとても勤勉で一生懸命だったことを書いています。
またクリスマスパレードでの面白いエピソードも。
とても心が打たれて涙が出て来てしまいました。
そしてエルトン・ジョン
Elton John
70年代はとても仲良くしていた話は伝え聞いていましたが、このように本人からの追悼メッセージはやはり本当に仲良かったようですね。
また時間がある時に少し紹介できれば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Time / In Memoriam 2017

2017年に亡くなった方のTime作成の映像です。
まだここにDavid Cassidyの映像が入っているのが信じられません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧