2012年2月 3日 (金)

J・エドガー

映画の日の1日、1000円で観て来ましたmovie
315x210
FBIの初代長官を務めたジョン・エドガー・フーバー(J・エドガー)の半生を描いたドラマ。
監督がクリント・イーストウッド、主演がディカプリオということで話題になっていますが、そっちの話題性よりも内容自体に興味があって、観に行ったというところ。

彼のことはあまり知らなかったので、興味深く観ました。
私は面白かったと思いますが、旦那は「まあまあ」ですって。
かなり頻繁に「時代」変わるので、わかりづらいというのが理由だそうですが、私はそんな作り方が面白かったと思うのですが。

やはり映画の日ですから、混んでいました。
平日の午前中ということもあり、シルバー世代の方々が多かった気がします。
私もなるべく映画は1000円で観られる水曜日のレディースディーか、映画の日に行くことにしていますが、50歳を過ぎるとカップルで行くといつでも二人とも1000円。
私より年下の旦那は「君が50歳になればいつでも1000円だ」「早く50歳になればいいのに」
と言いますが、先に50歳になる私は複雑な心境。
まだ50歳はちょっとだけ(笑)先ですが、やっぱり50歳になるのは、もう少し先延ばししたいなぁ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

George Harrison/Living In The Material World

ジョージ・ハリソンの映画、観て来ましたhappy01
Photo_2
面白かったですよ~scissors
いや、長いし(3時間30分)、高いし(2500円)、もうすぐブルーレイ出るし、
どうしようか・・・と迷っていたのですが、
わざわざ観に行って正解でしたgood

ドキュメンタリーですから、興味深い話が当事者の口から語られた、貴重なものばかり。
ビートルズ、ソロ時代初期はオンタイムで知らなかったので、断片的に知っていた事柄がこれを観て繋がりました。
私は六本木のTOHOシネマで観たのですが、ここの期間限定上映は明日までです。
そうそう、通路を隔てた斜め前には佐野史郎が座ってました。

ヒルズにはクリスマスシーズンに家族でいつもイルミネーションを観に来るのですが、昨晩は一人でフライングで見ちゃいましたcoldsweats01
まだ11月で、平日の夜だったので、閑散としていました。
何も混んでいる時にまた見に来なくてもいいとは思うのですが・・・。
でも、5時の点灯時が一番綺麗なんで、また来ます!

111130_194001

111130_194002
111130_193701

中庭ステージではミッション・インポッシブルのプレミアの為のリハーサルをやっていたので、ず~っとあの音楽が鳴ってました。
今日あたりトム・クルーズが来るのでしょうね。
赤い絨毯も敷いてあったし。
今日の東京は雨で、なおかつすご~く寒いので、ファンも主催者も、出演者も大変ですね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

猿の惑星

315x210
先週の金曜日に観ましたslate
TOHOの日ということで1000円で観られましたが、平日の昼間だったので、それほど混んでもいませんでした。
普段、この手の映画はあまり観ないのですが、今回は旦那に誘われたので行って来ました。でも面白かったですよhappy01
ビビりの私はこの程度の映画でも、途中、ちょっと怖くなっちゃっいましたがcoldsweats01
それにしても、CGの技術はすご~いsign01
本当の動物は一切使わずに、チンパンジー役の役者とCGでここまで作れるの???と驚くほど。
動物愛護団体から「本物の猿を使わずに作った映画」ということで、表彰されたそうです。
隣のおじさんが、エンディングを勘違いして、最後の最後の結末を見ずに席をたってしまったのですが、最後は「あ~、そういうことね。」と納得する終わり方です。
最後まで飽きることなく楽しめましたhappy01(ちょっとビビったけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

ソーシャルネットワーク

観て来ましたslate
もちろん、水曜日のレディースディに。
110119_222401 一緒に行った旦那は前売りを買っていたので、Genius, Traitor, Punk, Billionaireとそれぞれにプリントされてるバッジのおまけ付き。

数日前にゴールデングローブ賞を取った影響か、平日の朝イチでも、そこそこ人は入ってました。(六本木ヒルズの映画館だから外国人、レディースディだったので女性が多かったです。)

面白かったですよ。
テンポ良くストーリーが進んで行き(何たって主役が早口。それは監督の狙いだったみたいですが)、全く飽きることなく2時間があっという間に過ぎていった感じです。

私も2年ぐらい前にフェイスブックに登録しましたが、実はあまり活用していません。
実名主義ですが私は本名では登録していませんし、フレンドはほとんどが海外の知らない人たちです。
Twitterの「今ナニシテル」はフェイスブックでもmixiでもMySpaceでも同じことが出来るし、好きな映像や音楽をシェアしたり、ブログを書くこともそれぞれのサイトで出来ます。
それぞれにリンクを貼ることもできるから、私の場合は、どんなトピックで、どんな人と交流をしたいかで選んでいるところがあります。(ただ一人だけフェイスブックでもMySpaceでもmixiでもすべてに共通の友人がいます。)
でも手を広げすぎてどれも中途半端になっているので、どれを中心にするか・・・迷うところですが、やはりこの日本語で書いているブログが中心になっているところはありますね。
音楽や海外の情報はMySpaceやフェイスブックでの外国のお友達との交流で、個人的な「つぶやき」はこちらで書いてます。
実名や自分の写真を載せてまで、プライベートをオープンにするつもりはないけど、お友達との軽い「おしゃべり」気分で日常をつぶやく・・・それが今は一番心地よい使い方かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

あきらめなければ夢はかなう

またまたMステからの話題。

AKBが新曲を披露。
あれ?何かいつものメンバーじゃない?
知らないメンバーばかり・・・。

「これ、あのじゃんけん大会で勝ったメンバー。」と娘が教えてくれました。
そう、数ヶ月前の、あのじゃんけん大会で勝った人が、選抜メンバーを差し置いて、CDに参加出来るというもの。
「じゃんけん大会?」またまた秋元康は何を考えているんだ?と思ってました。
あの人気投票で選抜メンバーを決めるのも、過酷過ぎて、ちょっと・・・とは思っていたけれど、今度はじゃんけん?
それで成功するのかなぁ?
セールス的なことを考えると、あまり良いアイディアじゃないな・・・と思っていました。

で、Mステで、このじゃんけん大会勝ち組での新曲披露。
不覚にも私の目から涙がsweat02・・・。
この歌詞・・・
秋元康に完敗です。
センターを取ったのはじゃんけん大会で優勝した子。
彼女の目も最初からうるうるしていた気がします。
じゃんけん大会がなければ、ここには入れなかったのに・・・。
この時ばかりは「キラキラ」輝いていました。
もちろんじゃんけんで勝ち抜いた他のメンバーも、本当に嬉しそうに歌っていて、歌詞とこのメンバー達が重なって、ものすごく感動してしまいました・・・。
あ~、やられた・・・。
恐るべし秋元康。

歌詞が気になる方はどうぞ YouTubeで。
おっと、新曲のタイトルは「チャンスの順番」です。もちろん今回も握手券付き(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

トイストーリー3 Blu-ray and DVD

昨日発売ということで、さっそく購入。
ブルーレイとDVDがセットで入っています。
2枚もいらないんだけれど、単品では売っていないsad
なんで???
内容と値段が同じで、箱がDVDサイズとブルーレイサイズで2種類。
ブルーレイサイズの方が箱が小さいので、うちはこちらを買いました。
101103_221702

101103_221701
でも何でブルーレイとDVDを一緒にして売っているのか、わからないcoldsweats01
1枚で十分なのに・・・。
DVDが欲しい人とブルーレイが欲しい人で分けあったら売り上げも伸びないでしょうに。
ブルーレイを普及させるため?
う~ん、わからんthink

それはさておき・・・
さっそく観ましたよeye
映画館での感動再びshine
何度見ても良いものは良いですね~。
細部までゆっくりチェックしながら見られるし、やっぱり家でゆっくり観るのは楽しいですよね。
3ヶ月ちょっと前に観たのに、結構細かいストーリーは忘れちゃっていたので(笑)、また十分に楽しみましたnote

ハリーポッターもそうだけれど、トイスト-リーも主人公が息子と年代がかぶっているので、特に息子と私が、感情移入しちゃって・・・。
息子も映画館で見た時は泣いたらしいけれど、娘は泣けなかったと。

うちにはまだウッディもバービーもいますよ。
さすがに子どもたちはもう遊んではいないのですが、こんな映画を見た後は、どうしましょうかねぇ・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

トイストーリー3 最高!

先週の水曜日、
トイストーリー3を観てきました。
この日はTOHOシネマズデーということだったので、
1000円+300円(3D観賞)。
混雑を予想して事前にネットで席を予約していきましたが、
平日の午前中ということもあり、
かなり空いていました。
(六本木ヒルズの映画館で観ました。)

で、映画は・・・期待通りの面白さgoodupnotesshine
最初から私はうるうるsweat02しちゃう場面もあり、
後半は泣きながら笑うという、
複雑なことをしながら観てました(笑)

家に帰ってから、家族に話をしたいんだけれど、
これから観るから話せない・・・。
やっと昨日、娘も観てきて、
超話が盛り上がりましたnote

ここでもいろいろと書きたいのですが、
これから観る人もいるわけですから、
ストーリーに関することは何も書けませんcoldsweats01

音楽はランディ・ニューマン。
彼の名前を見ると大学のサークルの先輩を思い出します(笑)
彼がやっているって今まで知らなかった・・・。
見かけは歳を取った分、変わりましたね。
あ~この音楽を聴くだけで、またうるうるしてきちゃう・・・(笑)

You've got a friend in me
You've got a friend in me
When the road looks rough ahead,
And you're miles and miles from your nice warm bed
You just remember what your old pal said,
Boy, you've got a friend in me
Yeah, you've got a friend in me

You've got a friend in me
You've got a friend in me
You got troubles,
and I got them too
There isn't anything
I wouldn't do for you
We stick together, we can see it through
Cause you've got a friend in me
You've got a friend in me

Some other folks might be a little bit smarter than I am
Bigger and stronger too
Maybe
but none of them
will ever love you
the way I do
it's me and you, boy

And as the years go by,
Our friendship will never die
You're gonna see it's our destiny
You've got a friend in me
You've got a friend in me
You've got a friend in me

ホントお薦めの映画です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

Futonは布団じゃない?

先日デスパを見ていたら、「Futon」という言葉がドラマの中で使われていました。
字幕では「布団」と訳されていたので、ちょっとびっくりsign01
Tsunami やKaraokeは使われているのは知っていたけれど、布団もFutonとして使われているとは知らなかった・・・。
でもドラマの中ではちょっと意味がおかしい???と感じたので、ちょっと調べてみたら・・・

日本でいう「布団」とは異なって、日本での「ソファベッド」を指すようです。
普段はソファで使い、ベッドにもなるという代物。

詳しくはこちらのリンクで。
Futonは布団じゃない

Futon Wikipedia

となると・・・このドラマの中では「布団」と訳されていたけれど、「ソファベッド」と訳した方が意味が通るのにな・・・と。
ネタばれになるので、詳しくはこちらで語りませんがcoldsweats01

おまけ・・・こちらに「英語になった日本語」をウィキペディアから。

日本語から英語への借用 Wikipedia

ほんとかな~?と思われるものもあるけれど(笑)なかなか面白いですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

デスパにショーン・キャシディ?

と言っても彼がドラマに登場したわけではありませんcoldsweats01
登場人物の「主婦」の一人、リネットの夫が、「僕が12歳の時から部屋にポスターを貼って夢見ていた車」と自分の車への熱い想いを語ったセリフに対抗して、
「私が12歳の時にはショーン・キャシディのポスターを部屋に貼っていた」と彼女が答えたもの。

こんなところで「ショーン・キャシディ」の名前が聞けるとは思わなかったsign01
ショーンがアイドルの全盛期に私は・・・12歳よりもうちょっと年上?だったかも(笑)
ということは・・・リネットは私より年下?と思われるセリフですね~。
でも白髪を気にする様子や子育てに奮闘する様子はまさに同世代の設定なんですね。

このシーズン5も今までと同じ通り面白いですよ。
このシーズンの1番最初の回にちょっとした「驚き」があるので、見るならどうぞ1回目から。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

カールじいさんの空飛ぶ家

Ph_news005_01

アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞したこちらの作品。
自ら映画館に足を運ぶ気はなかったのですが、たまたま無料で観るチャンスがありました。
大変面白かったですよgoodheart
ところどころに散りばめられているユーモア。何度も笑ってしまいました。
カールじいさんと少年ラッセルが冒険をしながら心を通わせていく・・・という「あらすじ」にはあまり魅力も感じなかったのですが、期待しないで観たのがよかったのでしょうか?
それとも無料で観れたから?なのか・・・
どちらにせよ、最後まで全く飽きずに楽しめた作品でした。
ロードショーでの公開はほとんど終わってしまったようですが(まだ数か所で観られるようです)、4月にはDVDも出るようです。
チャンスがあれば是非note

| | コメント (2) | トラックバック (0)