« 2017年12月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年1月29日 (月)

グラミー賞で追悼。

毎年グラミー賞では昨年亡くなったアーティストの追悼をするパートがあります。
今年はもちろん取り上げられるのでは、と思っていましたが、想像していたよりも短くてちょっと残念。
チャック・ベリーもグレン・キャンベルもワンフレーズだけ、流れただけだから、デビッドの扱いもその程度で「よし」としようか。
写真のみのアーティストもいる訳だし、本人の曲と動画が流れただけでもマシかな。
Grammy 2018, Tribute to David Cassidy

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
気持ち的には喪中の気分なんですが・・・。
今年もファンの皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
 
ところで、2017年12月30日、先日収録に参加した番組が無事放送されました。
こちらのリンクから1月6日土曜日14時までなら「タイムフリー」で聴けますので、興味がある方はどうぞ。
全米TOP40スペシャル タイムフリー

番組開始から22分あたりからDavid Cassidyについて流れます。
収録では15分から20分近く話したのですが、編集でかなりの部分カットされました。
アイドルで大成功を収めたけれど、その後はアイドルというレッテルで苦労した話。
ブライアン・ウィルソンやバッファロープリングフィールドのリッチー・フューレーやアメリカのジェリー・バークリー等等との共作で素晴らしいアルバムを作っているのに、商業的には成功しなかった話。
ラジオ番組「全米TOP40」を作った岡田三郎さんがライナーノーツを書いてくださっていたという話等、全てカットされてしまいました。とても残念です。

また流れた曲もこの番組の日本放送が始まった72年以降のヒット曲を選曲しなければいけない、という縛りがあったので、あのような選曲になりました。
編集でカットはしょうがないけれど、Davidがただの可愛いだけのアイドルではなく、素晴らしいシンガーでもあったし、才能あるライターでもあったという部分が伝えられなかったのが残念です。

ですので、曲が流れた後、矢口さんが「彼の気持ちが伝わってくる」とか「一連の流れからわかる」とかお話しているのも、編集の結果です(笑)

万が一、タイムフリーで聴けず、聴きたい方がいらっしゃいましたら、曲の部分がカットされたダイジェスト版がYouTubeにありましたので、そちらのリンクも貼っておきますね。
でもせっかくなので、1月6日までなら曲も楽しめるタイムフリーで聴くことをお勧めします。

全米TOP40 ミーハーバンザイ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年4月 »