« Music Freeway | トップページ | グラミー賞で追悼。 »

2018年1月 5日 (金)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
気持ち的には喪中の気分なんですが・・・。
今年もファンの皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
 
ところで、2017年12月30日、先日収録に参加した番組が無事放送されました。
こちらのリンクから1月6日土曜日14時までなら「タイムフリー」で聴けますので、興味がある方はどうぞ。
全米TOP40スペシャル タイムフリー

番組開始から22分あたりからDavid Cassidyについて流れます。
収録では15分から20分近く話したのですが、編集でかなりの部分カットされました。
アイドルで大成功を収めたけれど、その後はアイドルというレッテルで苦労した話。
ブライアン・ウィルソンやバッファロープリングフィールドのリッチー・フューレーやアメリカのジェリー・バークリー等等との共作で素晴らしいアルバムを作っているのに、商業的には成功しなかった話。
ラジオ番組「全米TOP40」を作った岡田三郎さんがライナーノーツを書いてくださっていたという話等、全てカットされてしまいました。とても残念です。

また流れた曲もこの番組の日本放送が始まった72年以降のヒット曲を選曲しなければいけない、という縛りがあったので、あのような選曲になりました。
編集でカットはしょうがないけれど、Davidがただの可愛いだけのアイドルではなく、素晴らしいシンガーでもあったし、才能あるライターでもあったという部分が伝えられなかったのが残念です。

ですので、曲が流れた後、矢口さんが「彼の気持ちが伝わってくる」とか「一連の流れからわかる」とかお話しているのも、編集の結果です(笑)

万が一、タイムフリーで聴けず、聴きたい方がいらっしゃいましたら、曲の部分がカットされたダイジェスト版がYouTubeにありましたので、そちらのリンクも貼っておきますね。
でもせっかくなので、1月6日までなら曲も楽しめるタイムフリーで聴くことをお勧めします。

全米TOP40 ミーハーバンザイ

|

« Music Freeway | トップページ | グラミー賞で追悼。 »

コメント

Karinさん、こんにちは。
ラジオ出演されたとのこと、私は圏外のためタイムフリーは聴かれませんでしたので、YouTube版を聞かせていただきました。曲は流れましたが、当時のインタビューは最初の部分だけしか流されませんでした。それでも、当時の感じが伝わって来て良かったです。私は大阪公演を見た数日後に、ラジオでデビッドの話題が話されていたのを覚えています。昨晩は東京(六本木?)の何とかというディスコへ行ったとか。若かったんですね。公式サイトの記録では、大阪の後は東京のサンプラザで連日公演したようですね。
Karinさんはロンドンまで会いに行かれたとこのブログで拝見しました。その熱意はすごい!
私はデビッドが亡くなって改めてその才能の偉大さに気付かされました。
今のうちに、まずはアマゾンでPartridge Family 96 episode complete版を注文しました(驚きの安さ)。自伝本にはすごい値段がついていますが、キンドルですとタダ同然で読めますので、そちらも読んでみたいと思っています。

投稿: ちーこ | 2018年1月 8日 (月) 08時32分

こんにちは。Karinさんの熱いメッセージ、拝聴しましたよ。
彼がどれだけシンガー、ライターとして努力したかお話してくれたのですね。編集カットは残念ですが、あなたの想い、彼への愛情は十分伝わりましたよ。ありがとうございます。
わたしもできることをと思い、一番お姉さん世代(たぶん)のファンとして彼の作品のレビューを書いてどんなにすばらしいか、すてきな人なのかを伝えたいと思っています。
2月には、国内盤の greatest hits が、発売されます。The last kiss とか Lyin’ to myself が入っているといいなと、期待しています。

わたしも気分は喪中ですが、karinさん、ファンのみなさんと、つながりを深め、少しずつ元気になりたいです。今年もよろしくお願いします。

投稿: may | 2018年1月 8日 (月) 10時12分

こんばんは。
ラジオYouTubeで聴きました。
編集でカットされても、デビッド愛が伝わりましたよ。

恋の大通りを湯川さんが辛口のレビューを書かれていた事を思い出しました。

マイスペースを通じて、妻と同伴で英国ライブのお誘い
をお断りした事を後悔しています。


来日公演の時中学生でした。今のように情報がない中で
テレビでライブ放送がある事をどうして知ったのか今でも不思議です。

彼がレコーディングした音源が有れば追悼盤としてリリースして欲しいです。


遅くなりましたがあけましておめでとうとございます。
これからもブログで情報発信をお願いします。

投稿: vega | 2018年1月12日 (金) 00時20分

ちーこさん
コメントありがとうございます。
YouTubeの方を聴いてくださったのですね。
そうそうディスコに行ったのはどこかで読みました。
赤坂のディスコだったので、ムゲンかビブロスかしら?当時は来日ミュージシャンがよく来店していたディスコとして有名だったので。
ロンドン行きは・・・やはり私が叶えてない夢の一つ「デビッドのライブに行く」だったので、どうしても叶えたくて。勇気を出してあのライブとパーティに参加出来たことは宝物ような想い出になっています。
パートリッジ、今あらためて見ると当時見えなかったものに気づき、本当に面白いですよね。
私も最近見る時間がないのですが、また見たいです。
自叙伝、一生懸命辞書をひきながら読みました。
まだ持っているけれど、kindleの方が読みやすいかな、すぐに辞書もひけるし。私もkindleで買ってみたいと思います。
ありがとうございます。

投稿: Karin | 2018年1月12日 (金) 13時35分

mayさん
コメントありがとうございます。
そして聴いてくださってありがとうございます。
編集・・・Davidの才能の部分をカットされて本当に残念でした。でも彼を取り上げてもらえて、曲も流してもらえたので、やはり良かったかな、とは思っています。
湯川さんの最後の選曲、マイケルの曲の対訳ではスタジオのブースにいたのですが、ぽろぽろと涙が出て来ました。まだ心の傷は癒えてはいませんが、少しずつ傷が癒えていくのでは、とは思っています。
そうそう2月に良い音でソニーが出してくれるようですね。楽しみにしています!
またどうぞこちらにコメントくださいね。お返事は遅くなって申し訳ありませんが、皆さんと気持ちを共有して、元気になりましょう。
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: Karin | 2018年1月12日 (金) 13時47分

vegaさん
コメントありがとうございます。
聴いてくださったのですね、ありがとうございます。

ロンドン行き、普通はそう簡単にはいきませんよね。
私もよく家族が許してくれたなぁ、あの大地震の後によく行かれたなぁ、と感心しています。

湯川さんの辛口レビュー、確かミュージックライフに載っていたのかしら?私は気にしない、気にしない(笑)

彼も亡くなる数ヶ月前までレコーディングしていたので、どうにかそれが聴けたらいいのですが。

vegaさんともMySpaceで繋がってもう10年以上ですよね?(笑)
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Karin | 2018年1月12日 (金) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110862/72618747

この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとうございます。:

« Music Freeway | トップページ | グラミー賞で追悼。 »