« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月23日 (土)

ありがとう、ポール。

ポール・マッカートニー来日公演、行って来ましたhappy01

今回はチケットを取るのに大変苦労しましたが、お友達のおかげで18日、19日の東京公演の2回を見ることが出来ましたgood
(チケットを取って頂いた方々、ありがとうございましたhappy01
Img_4590s

1日目は1階ベランダ席中央付近。
野球ではプレミアムシートの所です。
中央付近でしたので、ステージからは遠いですが、ステージ全体が見え、中央のスクリーン映像も良く見え、また音の反響もなく、とても見やすい席でした。

1463897_762284143788091_414928126_n
2日目は1階席3塁側。
ステージには近いですが、その分中央のスクリーンがほとんど見えなく、また音が反響しましたbearing
ドームですから、音の反響はしょうがないですねcoldsweats01
でも前日のゆったりとした席とは異なり、左右、前後、人がぎっしり詰まっているので、逆にそれがかえってライブ感を高めて良かったですよscissors
両日とも1階席でしたが、アリーナのように前の人の頭が邪魔になることもなく、ステージを見られて良かったですhappy01

今までたくさんのライブを観て来ましたが、今回のライブは今まで見たライブの中でも一番良かったgood、と言っても過言ではないほど、素晴らしく、とても感動したライブでしたconfident
注・デビッドファンの皆様、デビッドのライブは別枠ですよ(笑)

ビートルズの曲、ウィングス時代のヒット曲で全37曲、楽器を何度も変えて演奏してくれた約2時間40分の感動のライブ。
現在71歳のポールですが、声の衰えは全く感じません。
驚くほど元気な71歳sign01こんな71歳、他にいますか?

湯川れい子さん曰く
「寝てても印税だけで暮らしていける」ポール。
そんな彼がわざわざ日本まで来てくれて、長時間のライブをやってくれる・・・
それだけでもありがたいのに、終始お茶目に振る舞い、カタコトの日本語を使って、観客とコミュニケーションを取ろうとするサービス精神は、嬉しかったですgoodhappy01

最初から最後まで、全てが素晴らしいライブでしたが、特に感動したのは、亡くなった奥さまリンダ、ジョン、ジョージそれぞれにトリビュートの曲を演奏した時。
Maybe I'm amazed
Here Today
Something
どれも美しい愛の歌heart
特にジョンに捧げた「Here Today」を聴いた時は
私もウルウルとsweat02
まわりからも鼻をすする音がたくさん聞こえましたsweat02sweat02sweat02

ジョージからもらったウクレレから始まった「Something」
この曲はビートルズの中でも特に好きな曲の一つ。
ビートルズの代表曲はレノン・マッカートニーの曲が多いのですが、ジョージが作ったこの曲をポールがジョージへのトリビュートとして演奏し、聴けたのも嬉しかったです。

私、若い頃からデビッド一筋だったので、ライブ会場でいわゆる「黄色い声」で叫んだ経験がほとんどないのですが、
今回のライブでは思いっきり「きゃぁ~heartheart04heart01」と叫ばさせてもらいました(笑)
特にノリの良いビートルズナンバーでは、
気持ちだけは50年前に同じように叫んでいた女の子たちと一緒。
ポール、足がすらっと長くて、カッコいいんですlovely
お茶目でかわいいしheart04
こんな71歳、どこ探したっていないですよね~。
こんなに叫んで踊っている50歳のおばさんもいない(笑)

歌って、踊って、叫んで、泣いて、笑ったライブ・・・
あ~忙しかった(笑)

Img_4577s_2

1日目は旦那と友人。
2日目は息子と甥っ子、そして友人達。(席は別でしたが)
まわりを見回しても家族連れ、多かったですね。
私たちと同じ世代の親が中、高校生の子どもを連れて来ていたり、私たちよりもちょっと上の世代が20代、30代の子どもたちと一緒に座っていたり。
3世代で来ていた家族もきっといたに違いありません。
こんな何世代で一緒に楽しめるライブ、他にありますか?

ライブ前後は家の中はポール一色。
一日中ポールの曲を流していましたし、みんなで過去のライブ映像を見ながら夕食を取ったりもしました。
受験生と就活生でピリピリしている我が家に、唯一明るい話題を届けてくれたポールに感謝ですconfident

ポールは、ビートルズ、ウィングス時代にもたくさん素晴らしい曲を作っているのは言うまでもないことですが、現在もステキな曲をたくさん作っています。
メロディメーカーとして彼の右に出る人はいないのではないでしょうか。

去年リリースされたアルバムに、今の奥さまの為に作った「My Valentine」(今回のライブでもやりました)という曲が入っていますが、この曲を聴いた時もあまりの美しさに、ぞくっと来たほどですshine
最近新譜もリリースされたり、彼の音楽への情熱、才能は枯れることがないようですね。

彼の音楽への愛、
今の奥さまへの愛、
亡くなったリンダ、ジョン、ジョージへの愛、
そして、
日本で彼の音楽を愛するファン達への愛
そんな愛heart04に満ちた素晴らしいライブでした。

彼からたくさんの愛heart02と元気happy01をもらって、そして明日から、また元気に頑張れる・・・ライブを観たお客さんは、みんなそんな気持ちになったはずです。

ありがとう、ポール。
また来てねhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

隠し子騒動 その2

本日3度目の投稿です(笑)
最近投稿していないので、今日は頑張りますbleah

先ほど投稿した隠し子記事の元ネタを見つけました。

デビッドの隠し子記事

DNAテストをやって「一致した」と、結果が来る前に「偽り」の結果をデビッド代理人に送り、相手側を試した彼女も悪いですが、デビッドの髪の毛でないものを「デビッドの毛髪」と偽って送った、デビッドの代理人も悪いですね。
でもこの騒動、彼女の言い分しか読んでないので、全てが真実であるとも限りません。

やはりここまでこじれてしまったので、DNAテストを受けて、身の潔白を証明するか、BeauとKatieに、お姉さんがいることを認めるか、どちらでしょう。
認知に時効があるのか、どうか、わかりませんが、万が一、デビッドの娘だったら、やはりそれはそれなりのお付き合いをすれば良いし、もし、遺産等のトラブルを回避したいのなら、DNAテストをやる前に、「取り決め」をして、やるのも一案です。

隠し子と言っている彼女は「お金のためにしている訳でない、ただ純粋に自分を認知して欲しい」と言っているわけですから。
ただ、親子関係が判明したら、絶対に相続を放棄するとは思いませんが。

難しいですね・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

David Photo

最近更新しなかったお詫びとして・・・
写真を投稿しますね。

まずはワンちゃんとデビッド。
デビッド、人面犬が好きなのかなぁ~(笑)
和む顔ですよね。
前回、娘が爆笑した犬とは犬種は違うようです。
でも同じ顔(笑)
Img_4503
そしてパパとのツーショットを2枚ほど。

Img_4504
936002_10202629120357836_1061405670 天使の笑顔heart04
やっぱりパパ、似てるわconfident

そして義母シャーリーと。
1452266_10202629125357961_914288346 髪の長さ、背の高さから想像するに高校生ぐらいかなぁ~?
きっちり分けて、可愛い♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠し子騒動再燃

いつもブログを訪問してくださってありがとうございますhappy01
デビッドの情報を心待ちにしているファンの方々、更新が遅くなってごめんなさいshock

久しぶりの更新なのに、こんなタイトルなのが、ちょっと申し訳ないのですが・・・。

前にこちらでも書いた、デビッドの隠し子とYouTubeで証言していた女性の話が、UKのメディア等で取りあげられていて、いろいろと記事が載っていました。

彼女の言い分は
「自分がデビッドの娘であるかどうか、それだけを確認したいので、DNAテストを受けて欲しい」
ということだけ。

デビッド側は
「デビッドに伝えたけれど、とてもショックを受けているようだ。また、デビッドを金銭的に利用したり、何かの宣伝に使うこともしないで欲しい。」等要求しています。

こちらがその隠し子と言われている女性とデビッド側とのe-mailのやりとりです。

メールのやりとり

ネットではデビッドの娘「ケイティ」と一緒に並べた写真や、デビッドの同じような表情を作っている写真がアップされていて、ファンは「似てる」やら、「似てない」等のコメントを投稿していました。
私としては・・・これぐらい似ている人は世の中たくさんいる、とは思います。

ただ、彼女の気持ちもわからくはないというところ。
ある日、実の母親から、自分のお父さんがデビッド・キャシディ、と聞いたら、真偽を明らかにしたい気持ちもわかります。
だから、デビッドがDNA検査をすれば、それで全てが解決、とは思いますが。

そこにもう一つやっかいな問題が起こったようで・・・
DNA検査の為に髪の毛を送れと言われたデビッド側が、デビッド以外の人の髪の毛を送った・・・ようなんです。
そしてその隠し子も「テストの結果が一致した」と嘘の報告をした、ようなんです。
ごめんなさい、その時に読んだ記事が今見つからないので、断定出来ませんcoldsweats02
私の記憶では、そんな「騙し合い」を両者がやってしまったので、もう、お互いを信用出来ない状態になってしまって、そして彼女はこの「騒動」をマスコミに取りあげてもらったようです。

離婚、飲酒運転で逮捕、火傷、そしてこの隠し子騒動。
飲酒運転は自分の責任としても、他はやはり本人の落ち度だけとは言いきれないし、同時に起こったことは不運としかいいようがないです。

どこかでその記事を見つけたら、またアップしますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »