« BSフジにデビッドの映像が! | トップページ | Happy Birthday David! »

2013年4月10日 (水)

第1回 SOUND OF THE 70S

皆さまからの「観ました!」コメントありがとうございました。
私も眠い目をこすりながら、頑張って観ましたhappy01
Davidの映像がテレビ放送で見られるのはレアですからね。

「イギリスBBCのアーカイブ映像から、特に1970年代のスーパースターたちの映像を一挙放送」
なんて書いてあったら、期待しちゃうじゃないですかconfident
期待通り、いやそれ以上の番組でしたね。
選曲も幅広いチョイスで、楽しめましたよ。

70年代にどっぷり浸った1時間。
音楽だけでなく、ファッション、ダンス、どれをとっても「THE 70年代!」
当時の、70年のカルチャーが溢れてましたね。

TV放送ですから、自ら選んで見る映像ではない・・・でもそこがポイントflair
普段あまり見ないモノも見せてもらって、本当にありがた~いupgood

前置きが長くなりましたが、
皆さまお待ちかねのデビッドの映像についてですが、
曲は「Some Kind Of Summer」 1973年、Top Of The Popsに出演した時の映像です。
vegaさんのコメントでも書いてあるように、残念ながらお客さんの前で歌うスタジオライブでなく、一人でカメラの前で歌っています。
選曲は良いとしても、演奏もライブが良かったなぁ・・・think
私もこの映像はもう何度もYouTubeで見たことがありますが、やはり原版の映像(?)のせいか、ネットで見るよりも映像はキレイですね。
いつもの、ニコニコしたデビッドではなく、しっとりと物憂げな感じに歌いあげてます。
(ちょっと疲れた感あり?www)


最後に女性の司会者(?)が
「今週は35位ですが、明日はチャートの更新日。急上昇間違いないでしょう。」とコメントしています。

デビッドの話題はひとまずこれくらいで・・・。
他のアーティスト映像もいろいろあって面白かったですよ。
特にまず書きたいのがDavid Bowie。
これはもう、やられました(笑)
超かっこ良くて~heart04
ボウイと初期の頃の作品に参加していたギタリスト、ミック・ロンソンとの絡みはもう最高!

この映像を土曜日に見てから、何度再生して見たことでしょうかeye
真っ赤なブーツに幾何学模様(?)のジャンプスーツ。
いや~、これをこんなにカッコよく着こなすのはボウイ以外にはいないっ!て(笑)

その隣でギターを弾くミック・ロンソン。
悲しいことに彼はもうこの世にはいないんですがcrying、デビッド・キャシディファンも「あれ?」って思う方もいるかもしれません。
そうデビッド・キャシディの曲にも参加しているんですよね。
RCA時代の「Gettin' In The Street」でイントロのギターソロを弾いています。
彼の死後、世に出てないなかった音源が出て来て、CD化されています。
そのうちの何曲か、デビッド・キャシディも参加していると彼のCDのライナーノーツに書いてありました。
これは彼のCDを手に入れた時、ライナーノーツに書いてあったので、驚きました。
少し繋がっているのは知っていましたが、まさかデビッドが参加していた曲にこんなところで遭遇するとは・・・私とデビッドって何かそんな「繋がり」がいつもあるんですよねshinehearthappy01
ただ、どの曲を一緒にやってるか、わからないんですよねcoldsweats01
こちらでもそのCDについていつか取りあげようと思っていましたが。
今度海外のデビッド・キャシディのファンにでも問い合わせるつもりでいます。

またまた話が逸れましたが、そのボウイの映像もYouTubeにありましたので、どうぞ。


ひゃあ~、何度見てもかっこいいわぁ~heart04
TV放送で流れた映像はもっと、もっと鮮明で、最初、真っ赤なブーツから服を舐めるように撮っていくカメラワークもステキだし、全てが衝撃的でした。
実のことを言いますと、私、若い頃はあまり興味をもたなかったボウイさんでしたが、歳を取ってからビンゴになりました(笑)
最近出た新譜も聴かなきゃ、です。

キャシディファンの方、すみません。
ちょっとボウイの話が長くなってしまいましたcoldsweats01

では最後に出演アーティストのリストです。
まだまだこちらで取りあげたい人がいますが(ピートタウンゼントやロッドが生意気な発言してるんです、インタビューでwww)
機会があればpenclock

今も活躍してる人もいれば、今はあまり聞かない懐かしい名前も。
そして、もうすでに亡くなっちゃった人もいますねcatface

T Rex
Sweet
Slade
Mott The Hoople
Mud
Alvin Stardust
Suzi Quatoro
David Cassidy
Donny Osmond
BCR
The Moody Blues
The Who
The Rolling Stones
The Faces
David Bowie
Queen
Elton John

|

« BSフジにデビッドの映像が! | トップページ | Happy Birthday David! »

コメント

恋の大通りのアルバムの後にロンソン キャシデイバンドを結成か?学生の頃ミュージックマガジンで読みました。どうしてボツになったか、誰か知ってたら教えて欲しいです。

アルバムでロンソンをブッキングしたのはだあ〜れ。
60年代70年代のミュージシャンはドラッグの影響か若くしてなくなっていますね。
スージー姐さんのベース痺れました。エルトン ジョンン
のライブ画像に笑わせてもらいました。ファンの方がいらしたごめんなさい。

デビッド顔にニキビ?私も疲れている様に見えました。
ジャンプ スーツで弾けてほしかった。。
バックのレコード音源でした?
今日も恋の大通り聞きましたが、ロンソンの使っていたエフェクター何だろ。いつ聞いてもカッコいい。

投稿: ファンなvega | 2013年4月10日 (水) 22時09分

昨日はラブリーボーンをテレビで見ました。本人が出ているわけでないのに何故だか嬉しいのです。先月は朝、はなまるに黒木瞳がおめざにハッピーターンを待って来てそのバックでハッピーつながりでオープニング曲が流れました。興奮しました。選曲した人もシブいです。最近妙に彼が懐かしくてこうしてお話が出来て本当に嬉しいです。また宜しく御願い致します。

投稿: いずみ | 2013年4月11日 (木) 00時31分

ファンなvegaさん
コメントありがとうございますhappy01
ミックロンソンとのバンドがボツになった訳はライナーノーツに書いてありましたよ。
ちょうどデビッドのお父さんが急死したことと、デビッドはカリフォルニア、ミックはNYという距離的な問題もあり、結局上手く行かなかったようです。
ミック・ロンソンとのことはまたいつか書ければいいな。

1973年と言えば、パートリッジの撮影、その合間をぬってのライブ、超忙しい時期だと思います。
彼の自伝にも書いてありましたが、できものが酷くなった時期があったらしいけど、ちょうどそんな時期かもしれませんね。
かわいそうにthink

60年代、70年代はドラッグ抜きでは語れませんよね。
でもミック・ロンソンは肝臓がんで亡くなったらしいです。
後にまたデビッド・ボウイとフレディ・マーキュリーのトリビュートライブで共演していますが、その時はもうすでに肝臓がんの治療中らしかったです。

投稿: Karin | 2013年4月11日 (木) 11時28分

いずみさん
コメントありがとうございますhappy01
ラブリーボーン、テレビでやっていたんですか?
知らなかったcoldsweats02
ちょっと怖い映画はNGなんですが、当時のアイドルとしてデビッドがちょいちょい触れられるということで、見たい映画でした。
またやらないかな~think

C'mon Get Happyとか、ときたま使われますよね。
そんな時、私もハッピーな気分になりますheart04
こんな小さな幸せをここで皆さんと共有できて、嬉しいですhappy01
こちらこそ、よろしくお願いしますshine

投稿: Karin | 2013年4月11日 (木) 11時34分

m(_ _)m見ましたよ~karinさ~ん!ありがとうございますheart01
あ~vegaさんが仰った通りジャンプスーツで飛び跳ねているところを見たかったです。
恋の大通りにはそんな事が秘められてたのですね、知らなかったです。PFの歌もいいですけどRCA時代の曲も最高ですよね~heart04この頃のデビッドに会いたかった~(笑)夢を見るしかないです(泣)

高校受験勉強を深夜ラジオを聴きながらやってた時、あらっ?やってないか(笑)流れてきたのがスージーとクィーンの曲でした。
翌日レコード店へ言ってワイルド・ワンとボヘミァン・ラプソディを買いにいきました。BSでもこの曲を選んで欲しかったです。

ベィシティーローラーズも懐かしい~このファッションを日本のチェッカーズはパクッてますよね~(笑)
ロッドは生意気だったのですかね~若いな~
ストーンズは20年前にドームでのコンサートへ行った事があったけど、それより凄く若い!(笑)

デビッド・ボウイの赤いブーツカッコ良かったですね~やはりこれは彼ならではのファッションですね~独特な歌いっぷりですよね~近寄りがたいお兄さんだけど、近寄ってみたいかな~って感じですかね~(笑)ヤング・アメリカンとかレコードを持ってましたhappy01
ほんと~70年代に青春してたからデビッド・キャシディーも勿論ですけど思い入れの多いアーチストオンパレードで楽しめました~upnoteshine
まとまらないコメントでした~m(_ _)m

投稿: きらきら☆マリー | 2013年4月11日 (木) 15時02分

きらきら☆マリーさん
コメントありがとうございますhappy01
いやぁ~、なかなか見応えのある番組でしたね。
たっぷりコメント書いてくれて、嬉しいですnote
マリーさんもいろいろと聴いたり、ライブに行ったりしていたんですね。
こうやって同年代の人と思い出がシェアできるのもまた楽しいです。
ロッドやピート・タウンゼントの生意気な発言は微笑ましい。
当時はものすご~く年上だったのに、当時の彼らの歳をとっくに超えた自分が恐ろしい(笑)
70年代の音楽、やっぱり一番好きかもgood

投稿: Karin | 2013年4月12日 (金) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110862/51163062

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回 SOUND OF THE 70S:

« BSフジにデビッドの映像が! | トップページ | Happy Birthday David! »