« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月28日 (日)

南大門

最終日は南大門市場へ行きました。
明洞から歩いてすぐのところにありますが、市場なんで明洞よりもさらに安くショッピングが出来ますscissors
娘は服や、帽子、化粧品を格安でゲットして喜んでいました。

日本人だと最初はやはり高くふっかけてきますが、度重なる値下げ交渉も面倒くさくなり・・・かと言って、言い値で買うのも悔しい・・・ので黙っていると、お店の人が勝手に値を下げてくれるので(笑)、明洞での値段より安くなったところで、交渉成立happy01
私式値切り方法scissors
多分もっと頑張ればもっと値切れるのかもしれませんが、何たって時間があまりなかったので、駆け足でショッピングをした感じでした。

昼食はガイドブックで見つけた、スープの美味しいお店で食べることにしました。
見つけるのがちょっと大変な、市場内のとってもディープなところにありましたが、李明博大統領もお忍びで寄ったらしく、写真も飾ってありましたよ。
P1010813s
一番手前のお店。見た目は全くフツーの食堂。
人がすれ違うのがやっと、というような狭い通り道に面しています。
雰囲気は上野のアメ横に似た感じですね。
ちょうど12時過ぎに行ったので店内は満席、店の前には5~6人、サラリーマンが並んで待っていました。
P1010809s
店内に飾ってあった李明博大統領来店時の写真。
P1010808s
こちらが注文した牛テールスープ。
ごろごろとかたまりが4つも入っていますhappy01
十分に煮込んであるので、骨から実が簡単にはがれるほどお肉もとても柔らかく、スープもとても美味しかったですよgood
味付けは自分で塩やコショウでお好みで。
写真に写っている薬味にお肉をつけて食べるととても美味しいんですよscissors
ご飯が欲しくなったので、おばさんに頼んだら、すぐに持って来てくれました。
しかし、その後、中に入れるそうめんが運ばれて来て、同時にスープを注ぎ足してくれました。
私はお腹がいっぱいになりましたが、男の人はやはりご飯が必要かも。
もちろんご飯もキムチもお代わり自由ですよ。
お値段はこちらではちょっと高めの18000ウォン(1300円ぐらい)ですが、それだけの価値はありですよhappy01

本当にとても美味しかったので、おばさんに韓国語で「本当に美味しいです。」と伝えたら、セルフサービスで取るキムチを、器に盛ってくれたり、娘にスープの肉を簡単にはずすやり方を教えてくれたり、親切にしてくれました。
やっぱり、こちらから韓国語を使って相手に寄っていくと、対応が違ってきますよね。

実は韓国語は若い頃に少~しだけ習ったことがあり、ハングル文字も一応読めて、カタコトの韓国語ならちょっとだけ覚えていましたが、何たって普段は使わないし、覚えているかどうかもわからなかったのですが、エレベーターの場所を聞いたり、向こうの言うことがちょっとわかったり、ほんの少しだけ助かりました。

でも基本、日本人が多く行くような場所は日本語が話せる人が必ずいますから、言葉の問題はほとんどありませんが、ちょっとした言葉を覚えていくと、現地の人と交流出来るので、旅がもっと楽しくなりますよね。

昼食を食べたらもうホテルに戻る時間までもうあまりなく、慌ただしくお土産を買い、ホテルに戻りました。そしてお迎えのバスに乗り、空港へ。

今回の旅は本当に時間が足りなく、全てがあっという間に過ぎて行ってしまった感じでした。
あと一日あれば、もう少しゆっくりできたかもしれません。
日本では放射能騒ぎで牛肉を最近食べていなかったので、焼き肉を食べたかったのですが、食べられなかったのが心残りweep
のり巻きもトッポギも、チヂミも食べてな~いdown
というわけで不完全燃焼気味なんで、近い内に、新大久保か上野に韓国料理を食べに行こうrestaurantと思ってます。

観光はしてないので、あまりお見せする写真はありませんが、明洞から市場へ行く途中で撮った写真と、空港で撮った、王朝時代の王様の列の写真を撮りました。
P1010801s
やたら道路が広いのは、いつでも戦車が通れるように、ということ。
悲しいですが、この状態は20年たっても変わっていませんsweat02
道路が広いので横断歩道はなく、地下道を通って通りの向こう側に行くのですが、いくつも出口があると、目的の出口になかなか行けず、何度も地上に出ては、「あ、出口間違えたsweat01」と戻ることがよくありましたcoldsweats01
P1010836s

P1010837s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明洞

明洞・・・東京で言えば、銀座のようなところ・・・らしいのですが、奥に入っていくと、結構若者向けのお店がごちゃごちゃあるので、街の雰囲気は銀座というよりも、渋谷や新宿っぽい感じです。
こちら大通りから一本道を入ったところ。
P1010789s

20年前と比べて変わったところは・・・
化粧品を扱うお店が激増していること。
数メートルおきに化粧品屋さんがあり、乱立している感もあります。
BBクリームといった韓国コスメはここ数年ブームですが、今回は、カタツムリを入れたものがイチオシのようで、カタツムリクリーム、カタツムリパック等、お店のお姉さんが熱心に売り込みをするのですが、キレイにはなりたいけれど、顔にカタツムリは塗りたくな~い(笑)
というわけで、私はカタツムリ配合の化粧品は買わず、アロエのパック類を少し買っただけ。

東京にもあるForever21や H&Mもあり、これはロンドンでも感じたのですが、ファッションがますますボーダレスで、グローバル化してきていると感じました。
昔は・・・一目で韓国人と日本人か区別できました。
ファッションも違えばメイクも違うから、見分けるのはとても簡単。
韓国に行った時、友人とふざけて「コーリャンメイクしよう!」とわざと派手にメイクをしたものです。
ファッションや髪形の流行が違う・・・だからすぐに見分けがついたものです。

同じことをロンドンでも感じました。
あ、ロンドンの旅行記をまだ完全に終えてないので(笑)、また時間がある時にでも書きますが、ロンドンのお店でも、日本で流行っているような洋服が置いてあったり、街で見かける女の子の服装や髪形が日本の女の子と同じだったので、驚きました。
先に書いたForever21や H&M と言ったファストファッションのお店の進出、世界展開がファッションをグローバル化してしまったのでしょうか。
ロンドンでも後ろ姿で、「絶対日本人」と思ったのに、白人の女の子だったという事が何度もありました。
それぞれの国の個性がなくなってしまって、ちょっと寂しい気もしますが・・・。

話がちょっとそれてしまいましたが・・・
娘と「安~い」を連発しながらショッピングを楽しみました。

夕食は明洞餃子というお店でカルクッスという韓国のうどんとマンドゥという蒸し餃子を食べました。
P1010788s
すみません、食べてる途中で写真を撮ったので、ちょっと食べちゃってますcoldsweats01
評判通り、美味しかったですよgood
奥の器に入っているのがカルクッス(うどん)。
ごはんとキムチ(やはり本場のキムチは美味しいscissors)が付いて来て、一品8000ウォン(約640円)
替え玉無料でご飯もお代わり自由ということです。
夕食にはちょっと早い時間だったにもかかわらず、店内は韓国の人たちで混雑していましたよ。

その後も少しショッピングをし、近くのロッテデパートのデパ地下で少し食料を買ってからホテルへ戻ることにしました。
ただでさえ日本に比べ安いのに、閉店間際のデパ地下。
たたき売り状態だったので、パンの詰め合わせを格安で購入。
アップルパイやクロワッサンを買いましたが、20年前にはなかったようなおしゃれなパン屋さんでした。
残念だったのは食べたかった韓国ののり巻き、キンパブが売ってなかったこと。
前は売っていたのになぁ・・・。

お酒類も売っていたので、マッコリを1本・・・(200円ぐらいかな。もちろん日本で買うよりも全然安い!)を買って2日目の活動は終わり。ホテルへタクシーで戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国旅行

久しぶりに韓国、ソウルに行って来ました。
息子が1歳の時に家族で行った以来だったので、19年振り。
独身時代に、友人と何度も行って観光はもう十分しているので、今回の目的はショッピングと美味しいものを食べること。
そして約20年でどれほど変わったか・・・それを見るのも楽しみでした。

二泊三日の激安ツアーをネットで予約して取りました。
アシアナ航空も、仁川空港も初めて。
20年前はアシアナは就航したばかりだったし、仁川空港も建設中でした。

ここ数回の旅行は長いフライトばかりだったので、1時間50分というフライト時間は、本当に短く感じられ、韓国がそれほど近い国ということをあらためて感じました。
激安ツアーでしたが、ホテルのグレートアップと帰国時間のアレンジをしても、まだ安いgood
ただ出発時間は、予定の枠内の時間の一番最後の便になってしまって、おまけに機材の到着が遅れたため、出発が1時間遅れることになってしまいました。
これは誤算+想定外。
ケチらないで、出発時間も午前の便にしておけば、一日目から楽しめたはずです。
これは今回の反省すべき点でしたcoldsweats01

というわけでホテルに到着したのは、深夜12時。
その晩はすぐに寝て、次の日に備えました。

ホテルはグランドヒルトンソウルホテル。
一応5つ星(韓国では5つ花)ホテルなんで、ロビーも、レストランも豪華でした。
ちょうどホテルに到着した時、1階のバーから生演奏と歌が聞こえてきたのが印象的でした。
ただ中心部明洞地区からちょっと離れているのが、難点。
明洞からタクシーで20分ぐらい。料金は8000ウォン弱ですので、640円ぐらいなんで、あまり問題はないのですが、移動時間がもったいないと思う人には向かないホテルです。
P1010795s

P1010796s

こちら部屋の様子。
中心部から離れているだけあって窓からは自然の木々が見えて、その点は良かったのですが。
P1010792s

翌日はちょっと高かったのですが、ホテル内のレストランの朝食ビュッフェ。
ケチった分、贅沢するところはする・・・それが我が家流。
P1010783s

目の前で作ってもらったオムレツが美味しかったですよgood
P1010785s

朝食後は早速ショッピングへ。
ツアーに無料でついていたバスのショッピングツアーに午前中だけ参加し、午後は明洞でショッピング。
明洞での様子はまた明日にでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

ディズニーシー

3ヶ月以上も前のことになりますが・・・

GWに久しぶりに家族全員でディズニーシーに行って来ました。
娘が中学生になってから友だちと行くようになったので、私も久しぶり・・・4年振りぐらいかな。
(ランドは前にも書きましたが、去年の12月、旦那と久しぶりに二人で行って来ました。)
息子は小学校卒業以来ですから、かなり久しぶり。
実は息子はディズニーランドが大大大好きheart04なんですが、中学生になってからは、親と一緒に行くわけにもいかず、かと言って、一緒に行ってくれる男友だちも、女友だちも現れず(笑)、いい加減もう我慢できなくなり、
「ディズニーランド行きてぇな。」
としょっちゅう言っていたので、
断られるのを承知で
「じゃぁ、家族で行く?」と聞いたら、
意外にも「いいよ。」という返事。
というわけで8年振りに家族全員でディズニーシーを楽しんできました。

ランドもシーも震災後、閉鎖していたのですが、GWの少し前に営業を再開しました。
主人だけ別ルートで後から参加したのですが、やはりランドの近くの道はまだまだ液状化の跡が酷く、道がとても悪かったと言っていました。

GW中だったので、激混みを予想し、開演前からゲート前で並んだのですが・・・
かなり空いていました。
普段の休日、祭日には「超混み2時間待ちは当たり前」のコースター系に何度も乗れました。
もちろんファストパスを取って、いかに待ち時間を少なくして効率良く乗るかは常に考えていましたが、GW中ですよ、ビックリするほど空いていました。

今回は子どもたちに合わせて、一回転するコースターや急降下するアトラクションに何度も乗りましたが、その頃は震災後二ヶ月も経っていない時で、まだまだ余震も多い時だったのに、よく乗ったなぁ・・・と。
不思議とディズニーの乗り物は大丈夫、と変な安心感があったのは確かです。

GW中ということで、キャラクターが多く出没してくれて、たくさん会えたのは嬉しかったですね。
P1010657s

P1010661s

P1010664s_2
P1010679s

P1010681s_2
P1010684s
P1010697s
P1010686s

P1010663cs_2 ずいぶんたくさん会えたでしょう?
普段はこれだけ多くのキャラクターは出て来ませんよ。
ミッキーとミニーちゃんには会えませんでしたがcoldsweats01
(キャラクターに会えるグリーティングトレイルはお薦めですが、今回は行きませんでした。)
やはり平日よりもパーク内、キャラクター出没率は高いと思います。

そしてどうしても書いておきたかったのが、
夜、中央のハーバーでやった水上ショー「ファンタズミック!」
これは見応えありgooduphappy01
最初は見るつもりなかったので、そのショーの時間は夕食タイムにしたのですが・・・。
ちょうど夕食を取ろうと思って入ったレストランの窓からとても良く見え、思いがけなく楽しませてもらいました。
もし混んでいたら、偶然に、そんな席でショーを見ながら食事なんて、絶対無理だったはずです。
本当にラッキーでしたscissors

ディズニーのサイトで少しだけムービーが見られます。
でも実際の迫力はその何倍もあり、光、音の演出、もちろんミッキーもそこには登場しますが、全てが驚きの連続。
今まで何度もランドやシーでショーを見てきましたが、今までで一番感動しましたshine
見る予定がある人はやはり事前にムービーは見ないで、本物を見ることをお薦めしますgood
場所取りしてでも観る価値は大いにありですよscissors
まだ節電がたくさん叫ばれていた時期ですが、
ディズニー独自の努力の結果、このショーの開催を可能にしたと聞いています。
震災後、まだ気持ちが落ち込んでいる時、このショーを見て、私はとても元気づけられましたので、ディズニーの決断は正解だったと思います。

今回、久しぶりに家族で楽しんだのですが、帰りの電車で、ちょっとした出来事が。
京葉線に乗り、帰路に着いたのですが、途中
「緊急停車しますので、お立ちの方はおつかまりください。」
とのアナウンスがあり、電車が緊急停車しました。
本当に急に停まったので、吊革に摑まっていてもよろけて、少し怖かったぐらいです。
どうやら地震があり緊急停車したようです。
その瞬間、今までの楽しかった気分が一転しました。
線路は結構高いところにあるし、もしまた大きな地震がここであったら・・・と考えたら急に怖くなったのですが、娘が怖がり始めたので、私は我慢して平静を装っていましたがcoldsweats01
10分ぐらいして、動き始めたのですが、またすぐに緊急停車。
またしばらく電車内で待たされました。
散々アトラクションで、一回転、急降下して来た帰りですが、やはりそれとは別ものの、本当の怖さがありました。

その後無事に電車は動きだしたのですが、今思い出しても、あの時は本当に怖かったです。
そんなハプニングが最後にはありましたが、久しぶりに家族みんなで楽しく過ごした、思い出に残る一日でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

Katie Cassidy

久しぶりにデビッドの娘さんKatieの話題を。
24歳になり美しさにも磨きがかかっているようで、ウェブ上で見かける写真はどれもこれも美しいshine
キャリアも順調のようで、(と言っても最近のアメリカのTV等は詳しくありませんがsweat01)、デスパに出演していたカール役、リチャード・バージと共演している写真を見つけました。
N32958825530_6351752_6954206_2昨年はゴシップガールにも出演したようです。彼女の名前をいろんなところで見つけると、キャシディファミリーファンとしてはそれだけでも嬉しいhappy01

ちょっと古い記事になりますが、2年前に「People」誌の父娘でインタビューを受けている記事を見つけました。
2009090775095
こちらがリンク。
People Double Talk David & Katie Cassidy

インタビュー記事自体は少しだけですが、内容を読みたい方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

Summer Sonic 2011

今年も行って来ましたnote

サマソニhappy01
110813_151601

110813_103602_2

今年は2日間、昨年のメンバーにプラス1人の計4人。
朝から晩までライブ三昧。
無名、有名、若手、ベテラン・・・たくさん観て来ましたよscissors

今年は後輩たちを見習い、フェス気分を盛り上げてくれるオフィシャルTシャツ着用でフェスに臨みましたup
(朝からグッズに並びTシャツをゲットしてくれたOくん、ありがとうhappy01
首にタワーレコードで無料でゲットしたタオルを巻いたら、サマソニ参戦ルックの出来上がり(笑)

一応こちらが私が観たリスト
13日
The Downtown Fiction
The Pretty Reckless
BoA(最後の1曲だけ)
Perfume(ほんのちょっとだけ)
The Ting Tings
木村カエラ
ハッタリカ/メタリカのコピーバンド。マリンの屋外でやってました。
Beady Eye
Avril Lavigne
The Strokes

14日
Rival Sons
Zebrahead
Panic! At The Disco
マキシムザホルモン
キッス(コピーバンド)
Bow Wow Wow
James Blunt
P.I.L(通りがかった時ジョニー・ロットンのお顔だけ拝見)
Red Hot Chili Peppers

観たいバンドの時間が重なっちゃって観れなかったり、次のライブまで空いてしまって、興味本位で観ただけだったり・・・いろんなバンドが出演するフェスならでは顔ぶれでしょ?
単独で来たらわざわざ観に行かないバンドでも、観るチャンスがあるのがフェス。
110813_104801
屋内のステージは近くで観ようと思えば、観られるので、それも嬉しいgood
110813_114301

今回の一番のお目当てはJames Blunt。
特に大ファンというわけでもなかったのだけど、出演するのがわかってから初めてアルバムを聴いたら・・・ハマっちゃいましてcoldsweats01
頑張って2列目をゲット。
よ~く見えましたよeyegood
ドラム、ベース、キーボードという基本バンド構成に加え、本人も入れてギターが3人いたので、音に厚みがありました。
ヴォーカルもCDと変わらず上手く、ライブも見応え、聴き応えありで、大満足でしたgood

去年は屋内で観たライブが多かったのですが、今年は規模が一番大きいマリンスタジアムが多かったですね。
猛暑だったこの2日間。
さわやかに吹いてくる潮風にビール・・・気分良くなってしまって、一度スタンドの席に腰をおろしてしまったら、次の会場に移動するのが億劫になっちゃって、観るのをやめちゃったバンドもありました(笑)
110814_142701

昨年同様、マリンスタジアムでは3階のスタンドでまったり観るのがほとんどでした。
バンドによっては、お客さんが元気過ぎてcoldsweats01
一応モッシュ、ダイブは禁止なんですけどthink
アリーナは女、子どもには危険過ぎますsweat01
上から若者が騒いでいるのを見ている分には楽しいですけど。
110813_152301

110814_141303
初の2日間参戦・・・猛暑が続いていたので、体力的にどうかなぁ~とちょっと心配でしたが、ガツガツ観なかったのが良かったのか、思ったより疲れなかったです。
移動が面倒くさいから観るのをやめちゃったバンドがあるぐらいですから(笑)
どうしても観たいものをいくつか観て、後は観れたら観る・・ぐらいの気分で観るのがいいんでしょうね。

今年も後輩2人には大変お世話になりました。
サマソニ通信にサマソニ対策会議。
お二人のきめ細やかななご指導、マニュアルのもと、十分に楽しみましたよscissors
そして今回初参加のSちゃん。
楽しめたかな?
来年も是非一緒にnote








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

David Cassidyが Sonyを相手に訴訟

デビッドがSONYを相手に訴訟を起こしているようです。
それについてCNNが特集番組を組み、それが現地時間7日の日曜夜に放送されるようです。
残念なことにうちではCNNは見られないのですが、それについての記事、プレビューがこちらで見られます。
彼の自伝を読んだので、少しは知っていましたが、デビッドがあんなにも売れていたのに、彼のグッズに関しては、微々たる報酬(5000ドル)しかもらっていなかったこと、そしてそれが放送終了37年後の今も、当時のままライセンスの権利が、続いているのはやはり問題があると思われます。
契約した当初は誰もパートリッジファミリーやデビッド・キャシディ自身がこんなにも大きな利益を生むものとは想像もしなかったのかもしれませんが、爆発的な人気を得て、それ相当な利益を得たなら、そして今もなお使用しているなら、それ相当な権利をデビッドも主張しても、いいのではないでしょうか。
パートリッジ・ファミリーやデビッドの写真、イラスト等を使ったグッズはあらゆる製品があったにも関わらず、デビッドが5000ドル、円高の今なら40万円あまりのお金しかもらえなかったなんて、可哀想ですよねthink

まだ記事を熟読していないので、読み間違いがあるかもしれませんが、デビッドの主張は然るべきものであると思います。早く問題が解決することを祈ってます。

同じ様なケースが「Happy Days」でも起こっていて、それについても取り上げています。
「Happy Days」は私も若い頃好きで見ていたTV番組で、出演していた俳優のインタビューもあり、面白かったですよ。

CNN Preview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

アメリカンバンドスタンド40周年記念番組

David CassidyがBo Diddley,James Ingram,Gregg Allman Clarence Clemons, Joe Walsh.....
そうそうたるメンバーと演奏しています。
(他のメンバーも凄いsign01映像で確認してください。)
アメリカのTV番組「American Bandstand」の40周年記念の特別番組のようで、1992年に放送されたようです。
デビッドはちょっとしか映らないけれど、こんなメンバーと演奏する機会があったなんて、ちょっとカッコイイでしょ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

David Cassidy New Web Site

デビッドの公式ホームページが新しくなりました。
The Official Website of David Cassidy

Homeにブログ形式の彼の最新情報が出て来て、とてもわかりやすいですgood

Facebookにも彼の新しいファンページが作られました。
前は彼の個人のページがあったのですが、私はリクエストを送るのが遅くなり、制限人数を超えてしまって承認されないままでしたsweat02
友だち承認がないので、彼の写真にタグ付け等が出来ず、さみしい思いをしていますが、承認されている友人たちが代わりにタグ付けしてくれています。
そんな欠点をカバーするための彼のファンページになると思います。
David Cassidy Facebook

今回のホームページリニューアルは、そんなfacebook, twitterとも共有できるように改善されています。
これでますます彼を近くに感じられますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K POP フェスティバル

ちょっと古い話になりますが・・・
先月、13日「K POP Festival」という韓国のアーティストたちのライブを観て来ました!
韓国の音楽番組で、東京ドームでのライブを中継するというものでした。
苦労してチケットを手に入れたファンの方には大変申し訳ないのですがcoldsweats01、たまたまチケットが手に入ったもので、家族で行って来ました。

いやぁ~、会場の盛り上がりは凄かったsign03
東京ドームには何度も足を運んだことがあるけれど、4万5千人の熱気と歓声で埋め尽くされたドームはいつもと違う雰囲気。
私が好きな洋楽ロック系のライブは、男性ファンが多いので、「キャァー」っていう黄色い歓声に包まれたライブは初めて。
お客さんは若い女性が多く、それぞれ、自分のお気に入りのグループのうちわや、ペンライト等の小道具を持参し、ライブを楽しむ準備は万端で挑んでいましたよnote
自分が若い頃はこんな体験が全くできなかったので、こんな風に好きなアーティストのライブを楽しめるのが羨ましかったですthink
あ~、私も若い頃にデビッドのライブを見たかったなぁ・・・shine
情報が全く入ってこないデビッドを想い、彼の唯一のライブLP「キャシディライブ」を聴きながら、想いを馳せることしかできませんでしたから。

すみませ~ん、話を戻しますねcoldsweats01
出演アーティストは豪華で、誰もが知っている東方神起、少女時代、KARAをはじめ、新人グループもたくさん出演していました。
レーザー光線をたくさん使ったステージはとても華やかで、途中何度も花火が舞台から噴出し、そのたびに歓声が湧き上がっていました。

席はアリーナのちょうど真ん中あたり。
肉眼でメインステージ楽しむにはちょっと遠かったけれど、真ん中に花道とステージが作られていて、「2PM」という男性グループがここで歌った時は、目の前で見ることが出来ました。

どのアーティストも歌もダンスも上手かったですよ。
片言の日本語もかわいらしいheart

やはり一番人気はトリを飾った「東方神起」でした。
会場全体が一番騒がしくなりましたから。

「楽しかったhappy01」と一番喜んでいたのは旦那。
確かにどの女性グループの女の子も可愛いし、日本のタレントよりもセクシー路線ですものね。

ちょうど私たちの目の前のステージに来たシーンをYouTubeで見つけたので、どうぞ。
華やかなステージと歓声の中での韓国ポップ初体験の夜でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »