« デビッドバースディライブ その4 | トップページ | ロンドンへの道 その2 »

2011年5月 7日 (土)

ロンドンへの道

バースディパーティ その6 からの続き。
タイトルはNo.が増えてしまったので、ちょっと変えてみましたcoldsweats01

忘れもしない3月26日、出発予定の2週間ちょっと前。
ツアーを申し込んでいた旅行会社から電話がかかってきました。

「予約済みのバージンアトランティック航空が今回の地震の為、日本からの便をキャンセルした」というショッキングなもの。
「え~cryingそんなぁ~weep
ここにきて、まさかの向こうからのキャンセル。
この時は焦りました。
せっかく「決行」と心を決めたのに・・・。
でも旅行会社から「希望するなら同じ日のJALに変更して予約を取ってくれる」という申し出。
「是非お願いしますcoldsweats01

「JALの座席が取れた」という連絡をもらうまでは、本当に落ち着きませんでした。
英国の航空会社が便をキャンセルするほど、日本は危ない状態なのか?
そんな状態なのに、私は家族を置いてロンドンに旅立つのは正しい選択なのか?
「一応決行」と決めていたにもかかわらず、また「迷い」が出てきてしまいました。
そこまでつかみかけていた「夢」がまた夢に終わってしまうのか・・・。
夢ってそう簡単には叶わないものなんだわ・・・。
本当に心からそう感じました。

旅行会社から座席が取れたという連絡をもらった時、振り出しからまた「夢」へ一歩、近づいた気がしました。

そんな状態でしたから、もっと悪い状況になることも一応考えて、当日まで、いや飛行機が成田を飛び立つまで、なるべく気分を上げないupように心がけました。
本当は、長年の夢の実現に向けて、気持ちを高め、ライブ当日にその気持ちをぶつけたかった・・・行く前にガンガンにデビッドのライブ映像を見たり、曲を聴いたりしたかった・・・。
でもそんな風に気持ちを高めたのに行けなかったら、どんなにか辛いだろうと・・・自分を守るためにもそんな悲しい選択をして、出発当日までを過ごしました。

宅急便が地震後遅れている・・・というので、早めにスーツケースを空港まで送ったり、
「当日に、もしまたあのような地震が来て電車が止まってしまったら、どうやって成田まで行こうか?」「羽田発にしておけばタクシーで行けたのに・・・」
「いや前日は成田のホテルにでも泊ろうか?」
気持ちが焦ってしまうと思考能力も低下するんですね。意味のない、そんなことまで考えてしまいました。
旦那から
「滑走路が壊れたら、いくら成田にいても飛行機は飛ばないから行かれないよ。」
そうなんです。どんなに準備しても滑走路が壊れるぐらいの大きな地震が来たら、飛行機は飛ばなくなるからもう諦めるしかないんです。
でもそんな状態になるなんて想像したくなかった・・・。
ただ、ただ、ただ大きな地震が来ないことを祈っていました。

そして祈りながら迎えた当日、無事成田を出発。
そんな経緯があったからでしょうか、今回の旅は本当に、楽しかった・・・。
一人っきりの旅の不安?全くそれは感じませんでした。
そんな不安なんぞ日本で余震や原発に怯える日々に比べたら何でもないと。
直接地震と津波の大きな被害を受けた地域から離れている東京でも、ストレスがかなりかかっていた自分に気がつきました。

|

« デビッドバースディライブ その4 | トップページ | ロンドンへの道 その2 »

コメント

次から次といろんな障害があったんですねwobbly
夢を叶えるために踏ん張ろうにも、肝心の足元(日本の状況)がズブズブで大変でしたね。
思考能力が低下したとおっしゃるのもわかります。

そんなお話を聞いた後では、パーティでのラッキーshineな出来事も、障害を乗り越えてはるばるやって来たKarinさんへのご褒美のようにも思えますhappy01

投稿: blackie | 2011年5月 8日 (日) 01時23分

blackieさん
コメントありがとうございますhappy01
ブログの内容があまりデビッドのライブやパーティとは関係のない話ばかりになってしまって申し訳ないですcoldsweats01
でもどこかにこの気持ちを書いて置きたくて。
まさかのご褒美でしたね、本当に。
そのご褒美の映像ですが、Facebookにアップしたのですが、やはりちょっとプライベートな映像になるので(笑)、公開を限定しました。もしblackieさんが見れる環境なら見る時に限定を解きますが。

デビッドは私がはるばる遠い日本から来た、って知っていたのかしら?
謎です(笑)
でもまわりは白人女性ばかりでしたし、日本から行くというメールをデビッド宛てに、行く直前に送ってはあるんです。

投稿: Karin | 2011年5月 8日 (日) 02時32分

Facebookは実名公開に不安があるので、今のところ利用していないんです。名前だけでも抵抗があるのですから、映像ならなおさらですよね。
見たいと言ったばっかりにお気を使わせてしまって申し訳ありませんでしたsweat01

Karinさんが遠くから来たのではとDavidが意識したかどうかはわかりませんが、Davidからというより、天からsign02の「お疲れさま」というねぎらいだったのかもしれませんよ。

投稿: blackie | 2011年5月 8日 (日) 15時32分

Blackieさん、全然大丈夫ですよhappy01私にとっては大事な映像なんでPC以外にもfacebookで保存しておけば、バックアップの意味もあるので。

天からのご褒美の意味、わかりますよscissors
良いこともあれば悪いこともある・・・去年はちょっと辛いことがあったので、やはり労いのご褒美って思ってますgood

投稿: Karin | 2011年5月 8日 (日) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110862/39891187

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンへの道:

« デビッドバースディライブ その4 | トップページ | ロンドンへの道 その2 »