« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月30日 (水)

クリスマスローズ2011

ずっ~と冬のような寒い日が続いていましたが、ここ数日、やっと春らしい気候になりましたね。
数週間前から少しずつ咲き始めた、うちのクリスマスローズも今が満開です。
余震があるので、今は部屋の花瓶に花を飾るのはやめています。でも何も飾らないのは寂しいので、今はこのクリスマスローズをちょっと切って、キッチンにだけ飾っています。
110324_171201

110324_171401

110324_154301

110325_145801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

ここ数日・・・

品不足が少しずつ解消されているようです。
昨日行ったスーパーではお米も、パンもインスタント食品もかなり棚に戻ってきてました。
ただ牛乳とヨーグルトはまだ売り切れ状態で買えませんでしたが。

数日前のスーパーは今まで見たこともない状態でした。
特に駅前のスーパーは「何もない」
異常な光景でした。
今まで見たこともない、何も置いてないスーパー。まるで閉店セールのよう。

みんな不安なんでしょうね。
原発の事故による停電に放射能。
放射能に汚染された水や食べ物・・・昨日は水が売り切れでした。昨日のニュースでまた水が品薄になるのでしょう。
赤ちゃんのいるご家庭はさぞかし不安な時を過ごしているでしょう。

安全なんだか、安全じゃないのか、よくわからん政府の発表。
一体何を口にしたらいいのやら。
風評被害も怖いし。

こんな危険や不安と隣り合わせの便利さはもういらない、と今心から感じています。

一昨日は久しぶりに夜、外出する用があったのですが、東京の街が変わっていました。
6時にデパートが閉まっていたし、ドラッグストアも看板の電気を消して営業していました。何か昔の東京のよう。昔はこれがフツウでしたよね。
みんなで節電しているのが心強い。
もちろん今は経済が滞らないように消費も必要なんだけれど、不必要なサービスや過剰なネオンはもういらないです。

地下鉄のエスカレーターも停止してありましたが、それで全然構わない。
老人やベビーカーのお母さん、足の不自由な方が利用できるエレベーターが一台あればそれで十分です。
エレベーターにエスカレーター。確かに便利だけれど、地下に浅く掘ってある、うちの最寄り駅には必要ないと思います。

最近は、火力発電よりもエコだということで原発が見直されてきていたけれど、少しでも危険があるなら、やっぱり「ダメ」。
世界中の人の賢い知恵や技術を集めたら、安全で何か良い別の方法がきっと見つかるはず。
もうイヤ、便利でもこんな不安な生活。
地震の被害は天災だけど、原発の事故は人災。
地震と向き合うだけでも大変なのに、原発の事故でこれ以上人々を不安にしないで欲しいです。
不便でも安心して生活ができる世の中の方が絶対にイイです。
原発の安全対策を強化するよりも、電気をもっと安全な他の方法で生み出すことに力を注いで欲しい思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

やるね、Yahoo!

先週木曜日に、大規模停電の恐れがあると発表されて、
また東京では混乱が起こりしました。
実際は節電のおかげで、突然の停電は回避されましたが。

翌日のテレビで、実際に木曜日の電力供給量と需要量が発表され、どれくらいの電気量を残して回避できたのか知りました。
どれくらいの状況だったか「こんな風に数値が発表されたら、分かりやすいな~」と。
そんな風に思っていたら、何とYahoo!のトップページに「今日の東京電力の使用状況」が載ってました!
今、供給量の何パーセントを使っているか一目瞭然。
これはわかりやすい!
昼ぐらいに娘が気付いて教えてくれたのですが、
その時は99%で焦りましたが、その後92%ぐらいに下がり一安心。
やっぱり数値で表してあると、どれくらい危機的な状況にあるか、明確にわかります。
私たちのニーズをすぐに反映したYahoosign01素晴らしいですよねgood
ちなみに今は3210万kw/3700万kwで使用率86%。
ちょっとだけ余裕があるのがわかります。
この数字を頼りに明日もがんばろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

平和

自然と戦うのに精一杯なのに、人間同士が戦うなんて・・・。
平和な世界を切に祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

今できること

大地震から1週間が経ちました。
大きな揺れの恐怖、余震の不安と悲しみの1週間でした。

でも今こうやって家に家族といられるだけでも有難いと思ってます。
「あたりまえ」のことがあたりまえでなくなった人たちが大勢いるのですから。

地震の被害の少なかった東京でも余震や停電の不安から、日常が非日常へと変わった1週間でした。
スーパーの棚からパンが消え、トイレットペーパーが消え、今も牛乳が買えません。
牛乳やパンが買えなくても別に大きな問題ではないのですが、トイレットペーパーがどこを探しても見つからなかった時は焦りました。

子どもが小さい時、自由に身動きが取れないことが何度もあったので、その時の経験から生活用品や食料品はいつも多めのストックをしています。
だからトイレットペーパーは普段でも3~4パックはストックしてあるのですが、何故かこういう時に限って、1パックがあるのみ。
「もしこのままトイレットペーパーが買えなかったら、犬が散歩の際にトイレを外でするように、うちもトイレに行きたくなったら、散歩。外で用を足せばいいよ。」と冗談交じりに言っていました。
その後トイレットペーパーが買えたので、我が家の犬の散歩式トイレ案はなくなりましたが(笑)

電気の有難さも十分に感じた1週間です。
突然の停電は、生活が混乱したり、エレベーターに閉じ込められたり、自宅療養の人は命の危険にもかかわります。
そんな中、私たちが今できることのひとつに節電があります。
地震翌日から照明はダイニングテーブルを照らすペンダントライトの100w電球ひとつのみにしてみました。
もちろん家族全員リビング集合。
暗くて不便なんだけれど、突然の停電になるよりはましだと思い、やってます。
もちろん料理を作る時はキッチンの電気をつけて、最低限、危険のないようにしました。
電気消費のピーク時の6時から8時になるべく電気を使わないようにするのが大切だということなんで、家族の予定が合えば、夕食を6時前に取ったりもしました。

暖房もなるべくつけずに過ごしました。普段からエアコンはほとんどつけませんが、この数日は東京も気温が下がり寒かったので、厚着をして、リビングにある2畳の床暖房の上に家族が集まり、ブランケットをかけて過ごしました。
昨晩は久しぶりに冷えたので、いつも以上に厚着をして就寝しました。
ユニクロのヒートテック、レギンス、その上にスエットとタートル、フリースを着てマフラーを巻いて寝ました。
暖房なしでも全然大丈夫でしたよ。
考えてみたらスエット以外全てユニクロ。
心も身体もユニクロは暖かくしてくれますよねscissors(ポケットマネーの10億は凄すぎる)

思いつく節電はこんな風にいろいろやってみました。
節電の効果は微々たるものでしょうが、やらないよりはましだと思って。
そしてやったことをTwitterでつぶやいてみました。
それは、自分がやったことを偉そうに報告するためではありません。
誰かが書いた「一枚多く着て、暖房なしでやってる」というつぶやきを見て、私自身、「みんなも頑張ってる。自分も頑張ろう。」という気になっったし、そんな他人のつぶやきに勇気づけられました。みんなもやっているんだからやるのが「あたりまえ」という気持ちにもなりましたし。
ツィッターはいろいろと役立ちました。
もちろん風評も流れたりしていますから、慎重に情報を取捨する必要もありますが。

でもこんなに節電が叫ばれているのに、駅の電気が煌々とついているのを見たりすると、うちの暖房便座の電気を消すことの意味ってあるの?
100wの電球だけの暗い部屋で過ごす必要ってあるの?って思ってしまうのも事実です。

ちなみに昨日のメトロのある駅ではホームの駅名ボードの電気が消えて、通路も半分電気を消してありましたが、駅によっては、半分だけ消せないような設計だったり、防犯上の問題や、危険になるから、という理由で全部の照明が点いている駅があるのかもしれません。

ナイター・・・これは論外です。
もちろん娯楽が必要なことは十分承知です。
私も原発が危なくなってからはかなり落ち込んで、自分でも「ヤバイ」と思ったぐらいです。
繰り返し流される被害の大きさ、避難された方々の悲しみが伝わって来て、私の心も折れそうになってしまいました。
だからテレビに娯楽が戻ってきた日は救われました。とにかくくだらないこと、何でもいいから現実から目をそらせる瞬間が必要でした。
被災もしていないのに、私もかなりのストレスを感じていたんですね。
私でもこれほどなので、被災した人は今、想像を超えるストレスをかかえているんでしょうね。
だから癒しや娯楽が必要なことはわかります。電気消費のピーク時を避けて、PCも使っていますし、一番の情報源であるTVはつけてあります。
でも節電が叫ばれている今5~6000世帯分の電気量を使うナイターは必要でしょうか?電気をなるべく使わない方法でやることを考えて欲しいです。

ちなみに家庭での電気の消費量は
暖房器具、冷蔵庫、照明器具、テレビの順番で多く、これらで7割を占めているそうです。
新聞やインターネットでいろいろな情報を得ることが出来るので、賢く節電して、不便でも今を乗り越えましょう。
私たちの想像を超えた状況で、耐えている人々がいるのですから、文句なんか言ってられませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

悲しみの中で

想像を超えた被害の大きさ。
テレビのニュースで被害の様子を知るたびに悲しくなります。
怖い・・・でも怖がってばかりいてもしょうがないので、
今出来ること、準備出来ることを考えて、
心を落ち着けるようにしています。

そんな時だからこそ、
今朝の球根には慰められました。
見事に咲いてくれました。
出窓からカウンターキッチンの上に置き換え、
ノーブルな花の美しさと香りを楽しんでいます。

110313_092901

110313_092801_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

イーグルス東京公演 3/6 

110306_203001
7年振りの来日。
今回は、2年前に2枚組アルバムを出しているので(新譜を出した時も驚きましたが)、前回のように「同窓会」ツアーやら、いろいろと言われることもない来日ツアー、「今」のイーグルスをファンの前で演奏しに来てくれたようです。

今回の席は前から6列目だったのですが、かなり端っこ。
かろうじて4人を肉眼で見ることはできましたが、スクリーンが目の前だったので、見上げる感じになって、ちょっと首が痛くなりましたhappy02

5時過ぎ、ライブ開始の合図で、場内の照明がパッと消えたのですが、まだ太陽が完全に落ちていない時間。
ドームの天井部分から明かりが漏れ、場内は真っ暗にはならず薄暗い感じ。
ライブへの期待、高揚感が高まっていたのに、このちょっと残念な薄暗さがイマイチでしたが(笑)ドームではこんなこともあるのね。

そんな中、ライブは美しいコーラスから始まるSeven Bridges Roadからスタートしました。
今はネットで事前にセットリストも手に入るので、選曲にあまり驚きや感動はなくても、やはりライブ会場で大音響で聴く、彼らの美しい生コーラスにいっきに気分は上がる、上がる(笑)
でもドームですからね・・・音がかなり反響してましたが、すぐにそれにも慣れました。

新譜からの選曲も多かったのですが、ライブ前にかなり聴きこんでいましたので、新旧どの曲も良かったですよ。もし新譜を聴いてない人は、良いアルバムなので、聴いてみてください。

全員がボーカル取れるのがイーグルスの良いところのひとつだけど、みんな声もちゃんと出ていたし、演奏も裏切らない。
やはり若手のバンドと比べちゃいけないけれど、ベテランはやはり歳を重ねてきただけのことがありますね。
安心して聴けました。

前半はドン・ヘンリー、グレン・フライ、ティモシー・シュミットが交互にボーカルを取り、カントリー色の強いイーグルス。
後半はジョーの出番が多く、ロック色の強いイーグルス。
服装もジョーだけメタリックなジャケットにキラキラなラインストーンのシャツ。
残りの3人はチェックやフツーなカジュアルなシャツ。
この衣装の対比も面白かったなぁ。
(ジョーがギターを何本も替えて演奏していましたが、どれもキュートなギターなのheartショッキングピンクのラメ入りやら、真っ赤なのやら。ペパーミントグリーン、シェルを継ぎ合わせたような手の込んだものやら、次はどんなギターかな?と見ている方も楽しめましたscissors

客層も私より上と思われるおじさま、おばさま達が多かったですよ。
ノリが悪いというわけでもないんだけど、ほとんどの間、座ってライブを楽しんでいるようでした。
私も歳が歳なんで(笑)最近のオールスタンディングのライブはちょっと辛いのですが、今回のように座ってゆっくり楽しむのも、それはそれで良かったかな。
後半、ティモシーが観客にジェスチャーで立つように促していたので、それからはもちろん私も立って、楽しみましよscissors
後半はノリの良い曲も多かったですからね。

30曲近く、3時間のライブ。(途中休憩あり)
60歳を過ぎているメンバーもよく頑張っているなぁ・・・と。
声を出す時、辛そうな表情をしているけれど、それでもちゃんと声は出ていて、誰がボーカルを取っても「聴かせる」イーグルス健在。

もし今回新譜を出していなかったら、「7年前に見てるからいいや・・・」となっていたかもしれません。(もちろん7年前のライブは良かったし、機会があれば見たいとは思っていますが・・・)
新譜を出してくれたからこそ、また今回もライブ行ってみようかな、という気を後押ししてくれたのは事実。
新譜も良かったし、ライブもすごく良かったですgoodnoteup
やはりイ-グルスは偉大なバンドのひとつであることには間違いありませんね。
頑張ってこれからも活動を続けて欲しいなぁ。

ライブ終了後は後輩くんたちと待ち合わせてアルコールでちょっとうがい(笑)
短い時間だったけど、こっちも楽しかったです。
またライブ行きましょうhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝、花の部分がニョキニョキっと出ていたので、ビックリ嬉しhappy01
昨日と今日の写真です。
もう何の花かわかりますよね?
110309_103101

110310_115201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

イーグルス東京公演

6日日曜日に行って来ました、イーグルス東京ドーム公演。
いやぁ~、良かったですよ。
楽しかったhappy01
後日ライブの詳細を書きますので、もうしばらくお待ちをconfident

今日の球根。
中の花の芽が上から覗かなくても見えるほど大きくなりましたscissors
110308_101301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

110306_102101

110306_102202_2

今日の球根です。上から見るとこんな風になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

ズルはいけませんが・・・

絶対に愉快犯と思ってました。
まさかこんな稚拙な方法で不正するとは思いませんでしたから。
だってすぐにバレちゃうでしょ?
本当にどうしても合格したかったら、もっと賢い方法があるだろうし。

ただいろいろと詳細が明らかになっていくにつれて、
彼も追いつめられていたんだなぁ・・・て。

今年は私の甥っこも大学受験でした。
なんとセンター試験の一次が終わり、私大受験直前の1月後半に、入院することになってしまいました。
ストレスが原因と思われる病気。
点滴と検査の毎日で、もちろん試験を受けられる状態ではなかったのですが、数時間なら、入院中の病院から試験場に行く許可はでました。
でも結局第一志望校は受けられず、体力が若干回復した後半の数校のみ受験することができました。
結局、一校だけに合格することができました。偏差値的には志願した学校で一番入りやすい学校。でも、その学校一校でも合格出来た・・・それだけで、「御の字」でした。
今は体調も回復し、受験のプレッシャーから解放され、休暇を楽しんでいます。
入院中、特に志望校が受けられなかった状態の時は、姉も本人もとても精神的に大変だったようです。
私も甥っ子が苦しんでいる夢を見てしまったほど。
本当に心配しました。大学で人生が決まってしまうわけでもないけれど、この1年間がんばって勉強していた甥っ子を見ていましたから、せめて受験だけはさせてあげたいと。

同じようなことが友人の娘さんにも起こりました。
入院こそしませんでしたが、遠方から東京での受験ストレス。当日受験が出来なくなるほど体調を崩し、急患で病院に行くことになり、結局受験はできませんでした。

みんな追いつめられてしまっていたんでしょう。
合格したいという思いが強ければ強いほど、ストレスも大きくなったに違いません。
それが自分の身体に向けられると体調を崩すし、そうでなければ今回のようにバカなことをやってしまうことがあったのかもしれません。

もちろんズルはいけません。
大学に入学するため、病院から試験を受けに行った甥っ子みたいな受験生だっているのですから。
大学受験は体調管理だって受験の一部。
特別扱いはしてくれません。
みんな同じように頑張っているんですから。

でも人間って追いつめられてしまうと、普通では考えられないようなバカなことをしてしまうんでしょうね。
特に一人で寮生活の浪人生。
思うように一次試験が出来なかった時、
「失敗したってやるだけやったんだから、大丈夫だよ。」
「大学だけが人生じゃないよ。」
っていう言葉をかけてあげられる家族や友人がそばにいる環境ではなかったのが可哀想。
「経済的な負担が軽い国立にどうしても入りたかった」という言葉が悲しいです・・・京大を受けられるほどの実力なんですから贅沢を言わなければ、他の私立だって望みはあったはずです。
今、母親は「こんなことをしなくても・・・」と思っているでしょうね。

この事件が起こってから大学側も入学試験の際、監督人数を増やしたり、携帯をチェックしたり、対処を変えているようですが、私からすると、「遅すぎる」、今までが「甘かった」と。

Toeicの場合は監督する人が一人ずつまわり、その前で電源をOFFさせて机の上に置かせてます。
最近英検を受けてないのでよくわかりませんが、先日子どもが受けた二次の場合は携帯を袋に入れて首からぶら下がるようにさせられた、と言ってます。
ヒヤリングがあるので、試験中に着信音で他の受験生が迷惑がかからないようにするのが一番の目的だとは思いますが、携帯をかなりの受験生が持っている今、大学受験の際の携帯への対処方法は遅れていると、思いました。

あるTV番組で、ある大学の教授(たまたま今回この受験生が受けた大学)が
「不正する受験生を摘発するのが監督する目的ではなく、未然に防ぐのが目的」と話していました。
ちゃんとした監督マニュアルがあって、
いかに不正をさせないように監督するか・・・とても教育的なやり方で防ぐ方法を話していました。
それは受験生への愛を感じるほどです。
不正は悪いこと・・・それを受験生にさせないようにする大学側の配慮。
今回、彼は追いつめられてあんなことをやってしまったようですが、結果、こんな風に大きすぎるほどの制裁を受ける羽目になってしまったのですから、彼の不正を許すような試験環境があったことも、彼にとっては不幸なことだったのでしょう。
もし彼が監督管に目をつけられて、未然に防ぐことができてさえいれば、彼の人生はまた違ったものになっていたでしょうに。

ネットや携帯を悪者にしたがる私たち世代とマスコミ。
自由自在に使いこなす私たちの子どもの世代。
今回の事件で、マスコミが異常に騒いだ原因のひとつは、私たち世代が思いもつかないような方法で若者がネットや携帯を利用していることに驚いていることだと思います。
若者たちはあまりにも簡単に使える便利な道具として、時には間違った使い方をしてしまったりすることに危惧しているのは事実です。
ネットや携帯って便利だけど、使い方を間違えると怖いですよね。

今回の事件にはいろいろと驚かされました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の球根。
ずい分と伸びて先が開いてきました。中の覗くと花の蕾らしきものがたくさん見えますよhappy01
110305_112401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

初めてバーニャカウダを作ってみました。

今まで面倒くさがって、市販のものを買ってみたりしたけど、なかなか美味しいものに巡り会えなかったのですが・・・
今日、スーパーでアンチョビ缶がセールだったので、
「よ~し、作ってみるかぁ?」
というわけでやってみましたhappy01
もちろん作り方はネットで一番自分がやりやすいものを選び、分量も適当に自分流にアレンジ。

作っている間に野菜を茹でたり、スティック状にカットして、出来たらすぐ食べられるようにしておきました。
110303_191301
赤い方が食べるラー油で、その横がバーニャカウダ。
今日私が用意した野菜は
ニンジン、きゅうり、アスパラ、いんげん、エリンギ。
エリンギをつけて食べると超美味しいんですよ。エリンギだけはマスト野菜。
他に大根やブロッコリ、セロリなんかもよく合いますgood

私はマヨネーズが全くダメなんで、野菜スティックはあまりうちの食卓に上らなかったのですが、これがあればいろんな野菜が気軽に食べられますね。
メインの食事の前に、これをパリパリ、ポリポリ食べて、早めに満腹中枢を刺激すれば、食べ過ぎ予防になる!とダイエットの効果も期待しちゃってますscissors
自分で作れば材料も国産の安心なものを選べますしね。

お味もお店で食べるよりも美味しい?って思ったほど。
臭みが全くなく、市販のものより数倍美味しかった気がします(すみません、ちょっと言い過ぎかもしれませんがcoldsweats01
今日は失敗を恐れて少量しか作らなかったのですが、次回は大量に作ってみますhappy01冷蔵庫で1ヶ月ぐらいもつみたいですから。

こちら今日の球根です。
ずい分と伸びたでしょ?
110303_135702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

そうそう、サマソニにつながりで・・・

楽しんご、ブレイクしましたね。
昨年のサマソニで会えて、写真を撮ったと言っても、誰もわからなくて反応薄かったんだけど・・・
今、携帯で撮った写真を見せると、みんな食いつく、食いつく(笑)
「赤外線で送信して」って。
写真はこちらのブログにも載せてあるので、興味がある方は2010年8月のブログのところでどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマソニ・フジロック 出演者発表

サマソニとフジロックの出演者が発表されましたね。
昨年のサマソニに味をしめたので、もちろん今年もかわいい後輩たちと参加予定。
フジロックもなかなか面白そうな出演陣。
今年こそ初フジロックになるのかしらん?

110301_094201
こちら今日の球根。
毎日ちょっとずつ大きくなっているでしょ?
忘れずに載せなきゃ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »