« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月30日 (月)

椅子の張替え

初めて、自分で椅子のカバーの張替えに挑戦。
最初は購入したお店にお願いする予定でしたが、
直接工場に自分で送らなければいけないことになって、値段や送る手間ひまを考えたら・・・
「自分でやってみようかな?」

で、まずはやり方をネットで検索。
自分で張替える方法を丁寧に説明してあるサイトを見つけました。
「う~ん、これなら出来るかも?」
と思ったところで材料を調達。

で、こちらが参考にしたサイト
座面を自分で張替え

一応材料もネットで売っていますが、私は近所で調達しました。

こちら取りかえる前の椅子 Before
100829_193501
100829_193503
こんな風に角が擦り切れてしまっています。
こちらがAfter
100829_193401 まあ、初めてにしては意外と上手くできたかな?
座面の生地の色は今回はナチュラルなベージュにしてみました。

まずは古い椅子の座面に止めてあるホッチキスを取るところから。
100813_203701

100813_203801
しっかり止まっているので取るのがちょっと大変。40分ぐらいかかったかな。
抜く時に切れたホッチキスが飛び散ってしまうと危険なので、ごみ袋を被せて、中で作業をしました。

100829_172001

きれいにホッチキスが取れたらウレタンを座面よりちょっと大きめにカット。
100829_173601
その上から生地を被せ、ホッチキスで止めていきます。
100829_175401
まずは四隅から。
100829_185401

100829_191501
最後にホッチキスを隠す不織布をかぶせます。

細かい注意点は上記のサイトを参考にしてくださいね。
私の椅子はチップウレタンを使っていなかったので、ウレタンと生地のみ。
スプレーのりでの接着も省いてやりましたが、それでも案外上手く、形も整いました。
プロが見たらダメ出しがたくさん出るでしょうが、私はこれで満足なんで、いいかな~confident

初めてだったので、あれこれ迷いながら、ネットを見ながらで、全部で4時間ぐらいかかってしまいましたsweat01
でも家族にも「座るとふかふか~heart」と好評happy01なんで、
達成感はありscissorsです。

お値段的にもウレタンが420円。生地が400円。不織布450円。専用ホッチキス980円。
千枚通しとニッパーはうちにあったので買う必要なかったので、もし4脚作ったら、1脚1200円ぐらいの材料費だけで出来ます。
業者に頼むより、かなり安くできますねgood

こちらの椅子、もう15年ぐらい使っているかな?
メンテナンスをちょっとずつやりながら、長く使っていきたいと思ってます。

でも残りの三脚も自分でやらなきゃ・・・・(笑)。
急ぐものでもないので、がんばりま~すcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

ハクビシンに再び遭遇

この夏は都心でカブトムシが大量発生したり、サルが出没したり・・・何か変ですねcoldsweats01
前にこのブログでも書いたハクビシン。
またまた遭遇してしまいました。
今回は前方3~4メートルという近距離で。

夜、家路を急いでいると前方に小動物が。
まずは猫を疑いましたが、尻尾がやけに長いsign01
「まさか、また?」と思ったのと同時に見えたのはeye
白いラインがはっきり入った顔。
「あ、ハクビシンだ」と確信。
私の気配を感じてすぐに、お向かいさんの庭に入って行ってしまいました。

そしてそれから数週間。
息子も先日うちの前の路地で見かけたと。
完全にここら辺に住みついているみたいですね・・・coldsweats01
かわいい顔をしているけれど、獰猛で、被害にあうと大変みたいだし、どうすればいいんだろう・・・sad
A5cfa5afa5d3a5b7a5f3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

向日葵

笛吹きさんのブログに感化され、ひまわりを観に出かけてきましたhappy01
ネットで探したら、意外にもsign01東京にもひまわりの名所があるんですねflair
池袋から30分の清瀬です。
何と東京で一番の規模だそうです。
ひまわり畑ネット
P1010269

P1010274s

P1010284s

P1010302s
近づくとみんな私より背が高い。
P1010304s
上から覗かれている気分coldsweats01
P1010303s

東京一番の規模のひまわり畑にしては、その規模が伝わってこない写真ばかりだとお気づき?
実はこちらが現実。
P1010275s

P1010276s
そうなんですsweat02ほとんどのひまわりは頭を垂れた、この状態。
ここ数日は全く雨が降らなかったからなのかしら?
それとも今年の猛暑の影響で、ピークが過ぎてしまったから?
がっかり姿のひまわりがほとんどでした。
もしこのひまわり達が咲いていたら、すごい光景が見られたのに・・・despair

でもちょっと小ぶりのひまわりが咲いていた部分があり、写真はそのひまわり達です。
一応この週末がひまわりフェスティバルみたいですが、みんなやはりがっかりしちゃうんだろうな・・・。
来年はベストタイミングに行かなきゃcoldsweats01

帰りのバスを待っていたら、小学生を連れた母親に声をかけられました。
何と、あのひまわりは地元の小学生たちが植えているそうです。
でも近所なのに、本人たちは咲いている時期に行ったことがないと、言っていました。

こちらお土産のひまわり。
100827_155201_2
何と5本で200円!
都心なら1本200円ぐらいじゃないの???
テーブルに飾って愛でると、普段は絵など描かないのに、何故かスケッチしたくなりました。
ゴッホと同じ気持ちになった瞬間(笑)
ひまわりってそんな力を持っているんですね。

来月はコスモス畑を探して行くぞtrain

Ps.帰りの電車で林家こぶ平(いや、名前が変わったよね?)を見ました。
へぇ~、地下鉄なんかに一人で乗るんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

タイカレー

先日タイカレーを作りました。
とても簡単で、お店で食べる味とまったく変わらなく(と私は思ってますがcoldsweats01)作れます。
秘訣はこちら。
100730_184001 このタイグリーンカレーセットがあれば、誰にでも、本当に簡単に作れちゃいます。
私は先日のタイフェスティバルでこちらを買いましたが、大きなスーパーで探せば見つかるかも。
中身は、ココナツミルク粉、バイマックルーという、こぶみかんの葉、グリーンカレーペースト、ナンプラー。
100730_184501
すべてが入っているので、用意するのは、野菜や肉などの材料のみ。
私は今回、なす、ピーマン、タケノコを用意しました。
(本格的になら、フクロダケ。なければシメジなどのキノコ類が入っているのを出すお店もあります。)

作り方は袋の裏面に書いてある通り。本当に簡単ですよscissors
まずはカレーペーストを香りが出るまでサラダ油で炒ます。弱火1分。
100730_184901
次にそこに鶏肉を入れて表面に火が通るまで炒めます。
100730_185101
次にセットに入っていたココナツミルク粉をお湯で溶かしてから入れます。
100730_185401_2

次にバイマックルー(こぶみかんの葉)を入て少し煮ます。
100730_185601
次に野菜を火が通りにくい順番に入れます。
まずはタケノコ。
100730_190001
次になす。
100730_190301
次はピーマン。
100730_190501
ある程度煮て、入っていたナンプラーと砂糖を加えて味を調えて出来上がりです。
100730_191202
本当に簡単。日本のフツーのカレーより煮込む時間が少ないからもっと、手軽に作れますよgood
100730_192803
本当はカレーとご飯を別に盛って、食べる時に少しずつかける方がいいかも。
もちろん、ご飯がタイ米ならもっと、さらっと食べられますが、タイカレーのためにだけ、タイ米を買うわけにもいきませんからね。
前はカレーペーストだけを買って、ココナツミルク缶、ナンプラーを別に用意して作りましたが、このセットは全部が入っているので、超便利でした。

こんな風に暑い日が続くと、韓国料理やタイ料理といったスパイシーなものが食べたくなりますよね。どうぞ簡単なのでみなさんもやってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマソニレポート③

しばらく更新しなくて、すみませんcoldsweats01
相変わらず毎日、毎日暑いですね~despairsweat01

サマソニ、8月8日に生中継をテレビでやると、一緒に行ったI くんが教えてくれたにもかかわらず、見忘れてしまい、ちょっと凹んでいたのですが、NHK BS2にて4日間にわたり放送するそうです。
どうやら生中継には、後輩たちがちょいと映っていたらしいtv
今回その時と同じモノが放送されるのかわかりませんが、目を凝らして探して観てみようっと。

9月6日(月)24:15~ 9月7日(火)24:25~ 9月8日(水)24:15~ 9月9日(木)24:15~

今度こそ忘れないように録画予約を早めにしておかなくっちゃdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

サマソニレポート②

100807_101501
結局、朝11時からスパマンが終わった夜10時くらいまで、会場にいました。
1日券で翌朝の5時くらいまで、いられるのですが、
翌日予定が入っていたので、今回は電車で帰れる時間まで。

単独ライブに行った時って、
アンコールも終わり、会場の照明が点くと、
ライブが楽しかったら、楽しかった分だけ、
「あ~、終わっちゃった。」という、ちょっとさびしい気分になるけれどthink
サマソニは「次はどの会場に行くんだっけ?」と、
いくらでも次があるので、それがもう嬉しかったnote

マリンスタジアムを除いて、それぞれのステージはどこもそんなに大きくないので、どのバンドも、わりと近くで観られましたupup
お目当てのバンドがある場合は、
もちろん最前列で観たいかもしれないけど、今回は特にそれほど入れ込んでいるバンドもなかったので、まったりと、ちょうどいい距離間でライブを楽しみました。

100807_195001_2
一番多く足を運んだ会場、マウンテンステージは両端にスクリーン付き。
スクリーンでアップ、肉眼で全体が観れたので、十分に楽しみましたよ。
それにこの会場は室内だったので、とても快適。
夏フェスの醍醐味は屋外ライブsunなんて言葉は私には関係ありません(笑)
っていうか、私の年代の女性にとって紫外線は最大の敵(笑)、それが夏フェス参戦を躊躇していた要因の一つでしたから、まさか、こんなに快適にライブが観られるステージがあるとはgood
これは想定外でした。
こんなに快適だったら2008年にPaul Wellerが来た時、行けば良かったなぁ~と、今更ながら後悔してますsweat02だってステージをチェックしたら屋内だったんだもの。

もちろん観たいバンドが屋外のステージでやる場合もあり、屋外テント内で観たNada Surfはやはり暑かったhappy02
観ている方がこれだけ暑いんだから、演奏している本人たちはさぞかし暑かろう・・・と。演奏が始まると、みるみるうちにメンバーのシャツが汗で濡れていくのがわかりました。結構前の方で観ていたのですが、後半は最前列横に設置してあった、超ビッグな扇風機typhoonの前に陣取って、ライブ観てました。

屋外と言ってもマリンスタジアムのスタンドで、屋根があり日が当らない席は、まったり観るには最高の場所。
もちろん初参戦の私がそんな快適な場所を知る由もなく、今回一緒に行った大学のサークル後輩、IくんとOくんのお勧めの場所。
100807_130401
ビール片手に海風を感じながら音楽を楽しむ
100807_125901_2
こんな贅沢な楽しみ方を教えてくれたのはもちろん一緒に行った後輩二人。
もし一人で参加したら、こんなにスムーズに移動もできなかったはずだし、こんなに楽しめなかったはず。
二人には超感謝ですhappy01upshine
この日はあまりお目当てのライブがないということで、会場内を案内してくれたり、本当にお世話になりましたhappy01

こちらビーチサイドのステージから海の写真。こちらの会場に来ると、ビキニのお姉さんもちらほら。
100807_135501

100807_135601

私は5分も立っていられない灼熱の太陽のもと、若者がノリノリで踊ってましたnotes
30歳若ければ、私もビキニでこのビーチサイドで楽しめたのに・・・(笑)
このステージの雰囲気だけを見せてもらって、さっさとdash会場を後に。

一日中、観たいバンドのステージ目指して、会場内を移動するわけですが、
ちょうどマリンスタジアムのOffspringを途中で抜けて、マウンテンのRichard Ashcroftに向かう頃に日が落ち、東京湾(?)に沈む太陽を見ることができました。
100807_183101
こちらNada Surfを観たアイランドステージ。空がピンクに染まってキレイでしたshine
100807_183801

もちろんライブを楽しむのが一番の目的ではありますが、音楽以外でも楽しむ要素がたくさんあって、「あ~、これがフェスなのね!」と実感confident

このあと、マウンテンに戻り、RICHARD ASHCROFT & The United Nations Of SoundとThe Smashing Pumpkins を観て終了。

どのライブが一番良かった?って家族にも聞かれたけれど・・・
どれも良かったscissors
答えになっていませんねcoldsweats01
一番最初のバンド、朝11時からGeneral Fiascoのライブを観た瞬間に、「あ~、来て良かったheart」と感じたくらいですが、
しいてひとつと言えば、ライブの迫力が凄かったBiffy Clyroかな。
今回、どうしても観たいアーティストがいたから行ったフェスではないのに、こんなにも楽しめる・・・これがフェスの魅力なんですね。音楽好きにはたまらないわheart04

実はチケットが売り出されても、どうしようか、迷っていたんです。
炎天下で一日中、40ウン歳のおばさんが楽しめるのか?というより耐えられるのか?
4月に20数年ぶりに会った後輩と、学生時代が一年も重ならなかった後輩と一緒に一日中、迷惑をかけずに過ごせるのか?
杞憂に終わったことはこのブログを読んでいただければわかりますよねconfident
音楽がつないでくれた・・・もちろん先輩の面倒見がいい後輩二人のおかげ(いやぁ~フツウは反対で「後輩の面倒見がいい先輩」というのが一般的ですがcoldsweats01)というのも大きいです。
初参戦の背中を強く押してくれた後輩くんたちに本当に感謝happy01
おかげでフェスを満喫できましたhappy01noteup
来年も行きたくなっちゃった(笑)
100807_223001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

サマソニ 最高に”楽しんご”

楽しん?楽しんの間違えじゃないの?
いえいえ、それについては後ほど書きますので、
お楽しみに(笑)

サマソニ、初参戦して来ましたhappy01
100807_125001

一日目、8月7日 土曜日。
いやぁ~、聞いてはいたけれど、こんなに楽しいものだとは・・・。
なんたって朝から晩までライブ三昧。
想像以上に楽しかったですよnote

朝11時のGeneral Fiascoという北アイルランドの若手のバンドを皮切りに、
All Time Low
Biffy Clyro
Thirty Seconds to Mars
Nada Surf
Nickleback
The Offspring
RICHARD ASHCROFT & The United Nations Of Sound
The Smashing Pumpkins
計9組のライブと、ちょっとだけお笑いライブとコピーバンドも少し。

そうタイトルの「楽しんご」とはこの人。
100807_120501 乙女キャラのお笑い芸人さん。
今、家族の中で超ブーム。
娘が「楽しんごサマソニに出るよ!」と教えてくれて、タイミングが会えば、「見ようかな~」と思っていたのですが、たまたま会場にいたところを発見eye
写真をお願いしたら、ポーズを取ってくれました。
あいにく彼(彼女?)のステージは、観たいバンドと重なっていたので、観られませんでしたが、この写真だけで満足。
このポーズの前に「ラブ注入」もやってくれて、サービス満点の、やさしいお姉さん、いや、お兄さんでした(笑)
ドドスコスコスコ。

ちょっと話題が離れてしまいましたねcoldsweats01
す、すみませんbleahくだらないタイトルつけちゃってsweat01
サマソニの詳しいレポートは続きますよpencil

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »