« U2 on You Tube | トップページ | 初スクランブル交差点 in London »

2009年10月28日 (水)

イギリス旅行4日目 ③

実はまだイギリス旅行レポート終わってないんですが、どこまで書いたか・・・。忘れないうちに早く書かなきゃsweat01ってもうかなり細かいことは忘れちゃってますが、どうぞ最後までお付き合いを。

そうそう旅行4日目アビィロードの後からですね。
この日は3時に「アフタヌーンティ」をハイアットリージェンシーホテルで楽しむことになっていて(このツアーに唯一付いていたプラン。)、それまではまだ少し時間があったので、一度ホテルがあるGreen Parkまで戻り、その周辺で少し買い物をすることにしました。
まずは紅茶専門店「Fortnum & Mason」へ。こちらは英国王室御用達の高級紅茶専門店。
時間が限られていたので、あまりゆっくりと買い物が出来なかったのですが、紅茶だけでなく、ステキなテーブルコーディネイトされた食器等もセンス良く、たくさん飾ってあり、ただ見て歩くだけでも楽しかったです。
残念だったのが、そこであまり紅茶を買わなかったこと。紅茶ならまたどこかで買えるだろう・・・と。このブランドじゃなくてもイギリスなんだから、いろいろあるんだし・・・と。
日本に帰ってきて銀座三越で、同じ紅茶が、三倍の値段で売っているのを見つけ、もっとたくさん買えばよかった・・・と今頃後悔しています(笑)。こちらの紅茶は人からいただくことはあっても自分で買うことはありませんからね。味より値段で動かされる貧しい心の私です(笑)。

Fortnum Masonだけで時間になってしまったので、次はハイアットリージェンシーホテルがある駅Marble Archへ地下鉄で移動。駅を降りてからは人通りの多い道をまっすぐ行き、スムーズにホテルまで行きました。
近代的な建物や設備、広いロビーのこのホテルに入った突端、娘は「私はこっちのホテルの方がいい」と言い出すほどcoldsweats01。でも古くても、私たちが泊っているホテルの方が趣、雰囲気の良さでは勝っていたのでは?(水回り、設備等不満な点はいろいろとはありましたが。)

アフタヌーンティー付き・・・とツアーには書いてあったけれど、クーポンらしきものは何もなかったので、まずはその指定された場所(ティールーム)に行き、ウエイターさんに声をかけました。
その方が、それはとてもとても親切な方でgood、私が尋ねることは何でも、ものすごく丁寧に答えてくれるんです。ハロッズの店員さんに負けず劣らず、このホテルのウエイターさんも完璧な対応とサービスでした。

こちらが案内されたテーブルの写真です。まだ紅茶しか運ばれて来ていませんが、白いバラとステキな食器だけで、テンションが上がりますup
090824_231501 その後に、このセットが運ばれてきました。
090824_232501s まずはサンドウィッチとデザート。
先ほども書きましたが、ウエィターさんがサンドウイッチの中身から、デザート一つ一つまで、ものすごく丁寧に説明してくれました。
これだけ種類のあるデザートなのに、中の材料から上にかかっているお砂糖まで、ほんと時間をかけて説明してくれました。
090824_234201 お味は・・・これがまた美味しかったんですhappy01
確かに21ポンド(約3500円)とメニューには書いてあったので、美味しくなかったら、怒っちゃう値段です。ツアーに最初から含まれていたので、贅沢にアフタヌーンティーを楽しみました。
三種類のサンドウィッチとこのデザートを食べた時点でもうお腹がいっぱいになってしまったのですが、この後、スコーンのお皿がまだ来ることになっていました。

しかし・・・もうお腹には何も入らない状態だったので、申し訳ないけれど、結局スコーンはほとんど残してしまいましたbearing

食べている間もこのウエイターさん、「美味しいですか?」と声をかけてくれたり、「スコーンは熱いうちが美味しいから、冷めないうちに食べてくださいね。」等、やさしく声をかけてくれました。本当にフレンドリーな人でした。

帰る時、サンドウイッチとデザートがとても美味しかったこと。スコーンを残してしまって申し訳ないこと。そして彼の接客が完璧でとても楽しむことができたことを彼に伝えました。「スコーンを残すことはかまわないから、大丈夫ですよ。それからそんな風にほめていただいてありがとうございます。」と。
東京のホテルでもこんなにフレンドリーで完璧な接客をしてくれる方に当たることはあまりないような気がします。彼のおかげでとても思い出に残るアフタヌーンティーの時間を過ごすことができました。

|

« U2 on You Tube | トップページ | 初スクランブル交差点 in London »

コメント

美味しそうですね。。
食べたいなぁ。。。
スコーン。。。妻と娘に「何?」と聞いたら、笑われました。。。料理本を持ってきて説明されて。
ふむふむ。。。「作ったことあるでしょ」thunder
聞くんじゃなかった。。

旅先で親切な接客されると嬉しいですよね。
karinさんの会話力が凄いのかも。。

某国のグランド・ハイアットに宿泊しましたが、
サービス悪かったなぁ。。

vegacat

投稿: vega | 2009年10月30日 (金) 22時09分

vegaさん
コメントありがとうございますhappy01
奥様のお気持ち察します(笑)
私はスコーンが結構好きなので、本当にもっと食べたかったのですが、もう限界だったので、泣く泣く諦めました。

私の会話力が凄いとは全く思いませんcoldsweats01。話す機会がないのですから。
このウエイターさんは特別にホントに親切だったんですよ。

でもある程度の単語だけわかれば、コミュニケーションはどうにかなるもんです。
例えば・・・デザートの説明をしている間も、美味しそう!!!とか、スゴイ!とかいちいち反応していたので、説明する方も気を良くして、丁寧に説明してくれたのかもしれません。でも本当に美味しそうだったので、心から出た言葉でしたから(笑)。
そんな言葉は通じるもんなんですね。

投稿: Karin | 2009年10月30日 (金) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110862/31926493

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス旅行4日目 ③:

« U2 on You Tube | トップページ | 初スクランブル交差点 in London »