« イギリス旅行 4日目 ① | トップページ | 突然やってきた・・・。 »

2009年9月28日 (月)

イギリス旅行 4日目 ②

4日目の午後はハロッズデパートに行きました。「アビィロードスタジオ」のある「St.John's Wood」からジュビリーラインでグリーンパークに行き、そこでピカデリーラインに乗り換えて、ナイトブリッジへ。
駅を降り、お店が立ち並ぶ通りを歩いていると、突然目の前にハロッズの建物が「で~んshine」と。
「えsign03これがデパートsign02
ちょっとびっくりしました。
東京の無機質なコンクリートのデパートとはまるで異なるモノ。
趣のある建物に、国旗が掲げてある様はまるでホテルか迎賓館のよう。
イギリスの建物には、どれにも感心し、魅せられましたが、私の想像を超えてしまったこの建物には正直驚きました(笑)。
2126_aug_2009_124
左の茶色の建物です。

驚きと期待と興奮で「ドキドキ」しながら中へ。
中は結構混雑していました。
特にお土産売り場と思われるところでは、旅行者と思われる人たちが、群がってお土産を選んでいました。
私も何か・・・と思っていろんなものを手にとっては見たものの、「ハロッズ」と名前が入っているだけで、どれも高いcoldsweats01
もちろん、東京で買ったら、もっと高いのは承知でしたが、キーホルダーひとつが7ポンド(約1100円)では、やはり手が出せませんでしたcoldsweats01
面白かったのが、1階には高級ブランドのバッグ、お土産、食料品、化粧品等の売り場が混在しているところ。私の感覚では、香水を売っている同じ階で食料品を売るのは、ちょっと・・・と感じましたが、歩いていて、次は何の売り場が出てくるか・・・、そんな違った楽しみもありました。
しばらくそんな感じでぶらぶら歩いていたのですが、時間が限られているので、効率よく回るには、興味がある売り場だけ回ろうと思い、そばにいた店員と思われる男性に「フロアマップありますか?」(英語ではStore mapらしい)と尋ねました。
そばのカウンターから売り場地図を取り、それを開いて「今あなた方はこちらにいますよ。」
と「上に行くならそこから。」と丁寧に教えてくれました。
「イギリスでは日本のように、お客様は神様ですというような扱いはありません。」とガイドブックに書いてあったのですが、とても応対の感じがよく、ステキでした。やはりハロッズの店員さんだから?

「ハロッズ」と言えば「イヤーベアー」が有名ですよね。毎年、足の裏に年号が刺繍されている「今年のベアー」が選らばれ、うちも娘が生まれた年のクリスマスに「イヤーベアー」を買ったことがあります。
その「イヤーベアー」がどの売り場にも山積みしてあったのが印象的でした。お土産売り場はもちろん、食料品、CD、食器売り場と、あらゆる所で。
娘は見つけるたび「どれだけこのクマちゃん売りたいんや!」と変な関西弁で突っ込んでましたけど(笑)。
(娘は東京生まれの東京育ちですcoldsweats01。)

時間が許す限り、いろんな売り場を見て歩いたのですが、結局何も買わないまま、ハロッズを後にしました。

|

« イギリス旅行 4日目 ① | トップページ | 突然やってきた・・・。 »

コメント

Harrodsの熊さんが家にもありました。。
妻が買ってきたようです。。
karinさんのブログを読んで、テレビの上に置いてある熊さん。。発見。。知らなかった。
同じ熊さんでもサンフレッチェのマスコット・サンチェがお気に入りなvegacat

投稿: vega | 2009年9月28日 (月) 21時28分

vegaさん
コメントありがとうございますhappy01
お宅にもハロッズのクマさんがありましたか?
サンフレッチェのマスコットはどんなクマでしたっけ?
いや、自分で探して見てみます。

投稿: Karin | 2009年9月30日 (水) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110862/31403593

この記事へのトラックバック一覧です: イギリス旅行 4日目 ②:

« イギリス旅行 4日目 ① | トップページ | 突然やってきた・・・。 »