« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月22日 (水)

David Cassidy 新TV Show         "Ruby and the Rockits"

先日こちらでも紹介したデビッド出演の新しいコメディnewが昨日アメリカで放映されました。
早々にYouTubeにアップされていたので、観ることができましたnotehappy01
う~ん、最初の彼の印象は「ちょっと太った?」(笑)
でもコメディは彼に合っているのでしょうか?
ものすごく「生き生き」しているように見えます。ジョークを言う時の表情など、35年前の「パートリッジ」の頃と全く同じ。
ちょっとはにかみながら、伏し目がちに言うところheart01
来年60歳になるデビッドもやっぱりかわいいheart04

全部内容を理解しているか、自分でもわかりませんが(笑)、結構いろんなシーンで笑えましたよ。ファミリーで見るのに最適なファミリードラマgoodのようです。
主演のAlexa Vegaもかわいいしshine、歌も演技もいいですよ。
実弟のパトリックも若い頃より、今の方がステキ。ちょっとだけ歌やダンスをするシーンが出てきますが、Cassidy家はみんな器用ですよね。

確かではないのですが、4回に分割してYouTubeにアップしてあるようです。最初のエピソード1-4をこちらに貼り付けますね。4-4が見つからないので、私は3-4までしか見れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

歌舞伎町の女王

前回に続き、またまた椎名林檎で。

歌舞伎町の女王は椎名林檎の初期の有名な曲。
この曲を聴くたびに思い出すことがあります。

私は大学生の頃、中学生の家庭教師をしていたことがあります。
顔立ちのきれいな女の子でした。寂しがり屋で、私のことをとても慕ってくれたのを憶えています。
勉強だけでなく、プライベートなこともたくさんおしゃべりしたし(ボーイフレンドの話も)、一緒に遊園地に行ったりしたことも。
その彼女のお母さんは歌舞伎町でスナックをやっていました。新宿区役所の前あたりって言ってたかなぁ・・・。多分私が「お店に会いに行ったりするの?」とでも聞いたのでしょう。
彼女は「私がお母さんのお店に遊びに行ったら、お母さんのことを叔母さんって呼ばなきゃいけないの。それがとても嫌。」と寂しそうに告白してくれました。
私もまだ大人の事情がわからない頃。「どうして?」って、彼女に聞いたのを憶えています。
「子どもがいるって知られたくないんだって。」

自分の存在を消さなくちゃいけない・・・。
自分の存在が母親には邪魔?・・・きっとそう思って寂しく、辛い思いをしたのでしょう。

大学3年になって、私の都合で家庭教師をやめなきゃいけなくなり、彼女に告げたら、ものすごく寂しがってくれたことを思い出します。
もちろん、いろんな事情で「寂しい」思いをする子どもはたくさんいると思うけれど、彼女の場合も、「大人の事情」に傷つけられ、寂しい、辛い思いをしたと想像します。

今はもう30歳半ばかな?
どんな女性になっているのでしょうか?

この歌もとても寂しい歌。
全くのフィクションらしいです。
「歌舞伎町」「母と娘」「大人の事情」・・・そんな共通するものが、彼女のことを思い出させます。

久しぶりにPVを見ましたが、かなり若いです、林檎ちゃん!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

三文ゴシップ 椎名林檎

椎名林檎ソロ名義としては約6年ぶりとなるアルバム。
41zb9vbkgl_sl160_aa115_
発売と同時・・・正確には予約して(HMVだと予約するとポイントが10倍sign03でした)早々に手に入れて聴きました。

ジャッケト・ブックレット・CD本体は全て肌色で統一。
ブックレットでは、彼女が同色のサテンの布を身体にまとい、同色に塗られたSGと戯れています。これが何ともセクシー。
クリス・ペプラーのラジオ番組に彼女がゲストで出演していたとき、「SGを使ったのはCDタイトル三文ゴシップの頭文字とかけているの?」と聞いていましたが、どうやら偶然の一致だったみたいです。

ラップあり、ジャズあり、アコーディオン演奏だけの曲あり・・・いろんな種類の音楽テイストが混ざり合ってます。個人的には「カリソメ乙女」のジャズバージョンと「旬」「余興」がお気に入りかな。歌詞は変わらずの林檎ワールド。
先日NHKの番組「SONGS」に出演して、新しいアルバムから何曲か歌っていましたが、すごく良かったですよ。

こちら「旬」。歌詞が脇についています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

5日後・・・。

あれから5日。
一日一輪ほどのペースで咲き、今はこの通り。見事な咲きっぷり(笑)でしょ?
090711_155701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

ユリが咲いたよ。

うちの裏庭で、育てていた、いや正確に言うと、ただ放置していた(笑)だけのユリが花を咲かせました。

つぼみがふくらんで来た先週の日曜日に切って、リビングに置いておいたら、今朝花が咲きました。とても大きな花です。
090705_131202_s 090707_102002
何度もいいますが、何にも世話していないのに(笑)、こんな立派な花を咲かせてくれて・・・。(椅子に置いて背と比べると、どれだけ大輪の花か、よくわかりますよね。)
実はこの花は頂きもので、昨年、一昨年と「日比谷花壇」から届けられたユリの鉢植え。元々の「モノ」はいいとは思いますが(カサブランカとクリスタル・ブランカという種類です。)こうやって花が咲いてくれると何か自然からのプレゼントのようで、とても嬉しいですhappy01

花の香りも同時に楽しんでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

ケーシー・ケースン American Top 20/Top10 最終回

しばらく更新できなくて、すみませんでした。coldsweats01
その間ものぞきに来てくださった方々・・・いつもありがとうございます。happy01

先ほど(午後12時過ぎぐらい)、NHKBSのワールドニュースをテレビでたまたま見ていたら、ABCニュースで「ケーシー・ケースンがアメリカントップ20/ トップ10の番組を引退」というニュースをやっていました。
私は先週の土曜日に感動的な最終回を聞いたばかり。
(euclid_uplandさん、情報をいつもありがとうございます。)
まさか、テレビで、このニュースを見ることは全く想像していなかったので、びっくり&嬉しかったですね。
内容は「39年間続いた番組のこと」「彼のキャリア」(アニメの声優もしていたので、その映像もちょっと流れました。)
そしてケーシーの奥さま(金髪で若い!)のインタビュー・・・。
彼は、このことを大げさにしたくないから、この引退についてのインタビューは一切断っているらしい・・・で、代わりに奥様のインタビュー?
短いインタビューだったのであまり内容は覚えてないのですが、高齢だとか、そんな理由で引退するのではなく、何かもう少し前向きなことを言っていたような・・・。(すみません、ちゃんと覚えてなくてcoldsweats01
そして、最後は彼のあの名文句が流れて、ニュースは終わっていました。

土曜日に私もこの「最終回」を夜中の2時まで頑張って聞きましたconfident
American Top40の再放送はこちらでも紹介しているように、何度も聞いているのですが、現在のチャートでのケーシーの番組は、最初でそして最後。
やはり30年前の声とは少し違っているけれど、それでもとてもはっきりしていて、そして30年前と変わらない語り口。
現在のAT10のチャートの途中に この40年間のヒット曲が聞けるという、まさに最終回にふさわしい番組でした。
そして感動的だったのは、リスナーからの「ケーシーへの労いの言葉」(まさに私たちの気持ちを代弁する内容。)・・・そしてリクエスト曲の「Thank You For Being a Friend」のイントロがかかった瞬間・・・涙が出そうになっちゃいましたsweat02shine

中学生から大学卒業まではほとんど毎週欠かさず聞いてきた番組。90年代に入り、子どもが生まれてからは全く聞く機会もなかったのですが、最近「再放送」に出会い、そしてこの「最終回」。
番組を聞いていて、「感動」することは多々あったけれど、一昨日の晩は、それとはまた違う「感動」を味わえたステキな夜でした。
ケーシー本当にお疲れさまでしたhappy01
素晴らしい番組をありがとうshine

追記
コメント欄にeuclid_uplandさんがリンクを貼ってくださいました。関連した記事とこのABCニュースの映像が見られます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »