« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

「青春の館」「恋の大通り」CD発売決定!

嬉しいニュースが入ってきましたheart01upnote。(vegaさん情報ありがとうございます!happy01
Davic CassidyがRCA時代に出したアルバム
「Home Is Where The Heart Is/青春の館 」
「Getting'It In The Street/  恋の大通り」
この2枚のアルバムがBmgジャパンから最新リマスタリングでCD化されて発売されます。
HMVデビッド・キャシディ
やった~!!!
もうずい分レコードプレーヤーがないので、ずい分長いこと聴くことが出来なかったのですが、やっと、やっと、また聴くことができるんですねsign03
RCAでは3枚のアルバムが発売され、移籍後の第一弾はすでにCD化されていますが、残りの2枚の発売が待たれていました。
特に「「Home Is Where The Heart Is/青春の館 」は私が買った最初のデビッドのLP、そして私が買った最初のLPなんで、とてもとても思い入れのある1枚shine
あれだけアイドルとして売っていたDavidとの出会いがこのアルバムというのも、面白い話ですが、(私がDavidのことを知った時はもうすでにアイドル引退していたので・・・)セミリタイア中というわけで、どんなに思いを募らせながらheart04sweat02このアルバムを聴いたことか・・・。
また詳しい内容、思い出は書きますが、まずはお知らせまでhappy01



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

インフルエンザにご用心

インフルエンザ流行ってますね。
うちも息子も先週かかってしまいました。
昨年は家族全員予防接種を受けたのですが、今年はタイミングを逃してしまい、受けていませんdespair
今年はA型が流行っているそうですが、A型でもソ連型、香港型があり、両方に効くのが「リレンザ」ということで、今回は「リレンザ」を処方されました。(ソ連型、香港型の区別は病院ではすぐには出来ないそうです。)
2年前のブログには下の子がインフルエンザにかかって「タミフル」を処方されたにも係わらず、、その時は異常行動の危険性から、タミフルを拒否した話を書きましたが、今はタミフルの影響というよりも、インフルエンザそのものが原因と考えられているようです。
「小児、未成年の異常行動による転落事故を防ぐために少なくとも2日間は(就寝中も含め)子どもから目を離さないでください。」という注意書きが書かれた紙(製薬会社が作ったもの)を渡されました。
ビビリましたbearing
就寝中も目を離すな、なんてそんなの無理。
息子と一緒の部屋に寝る用意はすぐに出来ないし、万が一息子が異常行動を起こしたとしても、私の力で止めることもできない・・・。こういう時に旦那はいないし・・・。
ということで眠れぬ夜を過ごしましたが、翌日は薬が効いたせいか、かなり回復してほっとしました。
逆に心配であまり睡眠を取れなかった私が今度は危ない?なんて思ったり、息子はもう高校3年だし、未成年と言ってももっとローティーンの子ども達を指しているのでは?うちの子は大丈夫・・・なんて、喉もと過ぎれば何とやらで、あんなに心配して損した・・・という気になっていました。
が、今日、インフルエンザで欠席中の高校2年生が転落死というニュースを知りました。
やっぱり、侮っちゃいけないんだ・・・。
あまり神経質になる必要はないとは思いますが、そういう危険性があることはやはり知っておくべきなんですね。
皆様もお気をつけて。
来年は予防接種をちゃんと受けることにします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

あの頃のデビッド その2。

今朝10時からの放送を聞こうと思ったのですが、上手く聞けなかったので、9時から放送している局に急遽変更。
ちょうど27位のLed Zeppelinが終わったところだったのでセーフ。間に合ったcoldsweats01
24位のDavid CassidyのCherish、20位のPartridge Familyの It's the One of those Nights
しっかり聞けました。
でもコメントもなく、24位のCherishは先週17位からダウンとだけ、そして20位の方はPartridge Family featuring Shirley Jones with David Cassidyと紹介されていました。(わかっちゃいるけど、やっぱり主役はオスカー女優シャーリー・ジョーンズなんですね、パートリッジ・ファミリーって。)
ちょっと残念でしたが、ま、いいかcoldsweats01

でも他の曲が面白かったですね、今週も。
印象的だったのが、23位のThinkの Once You Understand。
初めて聞きました。歌というより、"Things get a little easier, once you understand"というフレーズをバックに、親子の言い争いが流れるもの。
何か公共広告機構のCMのような感じもしましたが、同じような年頃の子どもを持つ親としては身につまされる内容。自分もあのような年頃の時は同じ事を親に言ってたし、親となった今は親の気持ちもわかります。(ちょっと嫌な発言をする親も出てきますが。)
日本でもアメリカでも同じなんですね。
Once You Understand/Think
歌詞はこちら(英語です。)
エンディングが悲しいです。アメリカらしいです。
決して何度も聞いて楽しむタイプのものではないのですが、こんな曲もチャートに上がってくるんですね。
私は一度で十分でした。言い争いを聞くのは気持ちのいいものではないです・・・happy02down 
何度もラジオから流れてきたら、嫌だろうなぁ・・・。でも必要だったのでしょうね・・・きっと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

あの頃のデビッド。

デビッド・キャシディ及びにパートリッジ・ファミリーのファンの皆さまheart01
今週の「全米トップ40」(アメリカのFM局での再放送)は1972年1月22日付けで、なんとチャート内にデビッドのソロとパートリッジ・ファミリーの曲が両方が入っています。
(euclid_uplandさん情報ありがとうございます。)
デビッド及びパートリージファミリーが活躍していた時代を全く知らない私としては、このようにその時のチャートが聞けるなんて、夢のような話です。
こちらで聞けますので、興味のある方はどうぞ。(私は日曜朝10時のをよく聞いています。)
アメリカのFMラジオをWebで! (euclid_uplandさんのブログです。)
楽しみですhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

Shine A Light

先週やっと「Shine A Linght」を見て来ました。
090123_123602_2
笛吹きさんも薦めているように映画館で観るのが正解。
大画面でそれも大音量で迫力満点!
やはりライブですから。
ただそうは言っても映画館ですから、ノリノリで観るわけにもいかず、それがやはりキツかった(笑)coldsweats01
やはり音楽を聴くと、自然に足でリズムを取ってしまうですが、隣の人に「貧乏ゆすり?」と間違えられなかったかな?(笑)
ま、いいか。ライブだもんね。

あのエネルギー、パワーはどこから?
凄すぎます。

フツーのライブ映像と違うのは、やはり映画監督(マーティン・スコセッシ)の腕がいいから、美味しいところをとても美味しく見せてくれる・・・そんな感じなのかな。

ライブ会場の最前列に若い美女が揃っていたので「仕込み?」と思ったのは私だけ?特別なコンサートだったらしいから関係者だったのかな?
でも老いも若いも交じって熱狂している様子がまたいいんですけれどgood
まだ行ってない方はどうぞ映画館で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

新大統領

昨晩、起きていようかどうか迷ったのですが・・・。
眠気と体調管理のため、オバマ大統領の就任演説は諦めて寝ることにしました。
朝、どうせテレビでダイジェスト版を流すだろうから・・・と思って。

あ~、やっぱりライブで見ればよかったなぁ・・・。
今朝のニュースを見て思いました。

「これでおれの息子に、おまえも大統領になれるんだぞ、と言ってやれる。」
とテレビのインタビューに答えていた黒人男性の言葉がとても心に残りました。

日本では「おまえは将来総理大臣になれるぞ!」なんて、子どもを褒める時にちゃかして使ったりしてると思いますが、黒人の子どもには「大統領になる」が選択肢にすら入ってなかったのでしょう。
多くの黒人に希望と勇気とチャンスを与えたオバマ新大統領。
華々しい門出は、新大統領への期待の大きさをあらわしているのでしょう。
多くの困難に直面している現在のアメリカを、どんな風に変えてくれるのでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

ダンス・ダンス・ダンスにパートリッジ・ファミリー?

お正月気分も抜け、徐々に通常の生活に戻りつつあります。
戻らないのは私の体重だけ・・・coldsweats01お正月中、飲んで食べて寝て過ごしたつけ・・・です(笑)。
お正月中は実家に行っただけで、今年はゆっくりと自宅で過ごしました。
本を2冊、映画を1本観ることができたので、なかなか充実した休みでしたね。
本は息子の部屋に大量に積み上げてある村上春樹から抜き取って読みかけていた 、「ダンス・ダンス・ダンス」と「羊をめぐる冒険」。
前にパートリッジ・ファミリーを私がDVDで観ていたら、息子が「こんな音楽なんだ・・・。村上春樹の小説に出てたよ。ちょっとバカにした扱いだったけど。」と。
「え、知らない!村上春樹の小説にパートリッジ・ファミリーが出てくるの?」
というわけで数ヶ月前から読んでいたのですが、いつもの通りcoldsweats01「読みかけ」のまま放置されていた本。
「パートリッジ・ファミリー」という名前は上巻の161ページに出ています。
別に筋に関係もないし、扱いも「何でもいいから音楽がかかって欲しい」というとても消極的な、いや「どうでもいい」扱いなんですけれど・・・(笑)。
そんな不純な動機で読み始めたけれど、面白かったですよ。
でその後、「ダンス・ダンス・ダンス」より前に書かれた「羊をめぐる冒険」も。実はこちらも読みかけだったので、やっと読み終えた感じ。
映画の話はまた後日できれば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。happy01
2009年初のブログ書き込みです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。heart

お正月と言えば年賀状ですが、今年の年賀状でびっくりしたことが二つ。
一つは小学校の同級生に孫が誕生したということ。
あ~、私の歳でおばあちゃんhappy02・・・ちょっとテンションが下がってしまったのですが・・・down
それも「あり」という年齢になったのですね。事実を受け止めなければいけませんcoldsweats01
でも数年前に、大学の友人が40とウン歳で、初めての赤ちゃんを授かったのにもびっくりしましたが・・・。もちろん嬉しいびっくりsign01でしたがhappy01。それぞれの人生ですね。

そしてもう一つはQRコード付きの年賀状。
中学1年生の子どものところにきた年賀状に、QRコード(あの情報を読み取るやつ)が印刷されてあり、それを携帯電話で読み取ると、携帯にメッセージが。
もちろんメッセージはオリジナルで、うちの子どもの名前入りです。
「えぇ!!!こんなのを中学生が作るのぉ!それも二人から来てる。」
仕事で作って使っている人にとっては「どうってことないよ。」と思うかもしれませんが、だいたいあのコードにどうして情報が入るのか、それだけでも私は不思議なのに、それをオリジナルで作れるとはね・・・。(調べたら無料の作成サイトも見つけました。)日々進化する世の中にびっくりです。

2009年、皆さまにとって素晴らしい年になりますことをお祈りしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »