« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月24日 (金)

ジャックオーランタン

何年か前に後楽園遊園地および周辺の商業施設がラクーアという名前に変わってから、園内の出入りが自由になりました。
入園料がいらないので、近くを通ると、園内をスルーすることもしばしば。
先日通った時に、遊園地内で大きなハロウィーンのかぼちゃ(ジャックオーランタン)を見つけました。
中に入って写真が撮れるようになっています。
どう、大きいでしょ?
029s
いつからか、日本でもハロウィーンの飾りつけがたくさん見られるようになりましたね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

キタ~!

本日アマゾンよりパートリッジファミリーのシーズン3が届きました。
予定価格より85円安くなったと、到着前にわざわざメールでお知らせが来てました。
円高のおかげかな。
まだ観てないので内容はまた次回に。
今夜?いや明日?にでも観て、また感想でも。
楽しみ♪

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

クィーン+ポール・ロジャース アルバム「ザ・コスモス・ロックス」

出ました。
Queen+Paul Rogersで新アルバム。
51bwdhehqel_sl500_aa240_ 久しぶりに、わくわくドキドキしながら聴いちゃいました。
1曲目からロックロールで飛ばしてくれてます。
ブライアンとロジャーが演奏してる、というだけで、何か嬉しいなhappy01
クィーンとしては13年ぶりのアルバムだそうです。もちろんフレディとジョンが参加していませんが。

「フレディがいないからクイーンではない。私は認めない。」とクイーンが大好きな友人に2005年の来日公演を一緒に観に行くのを断られ、しょうがなく旦那と観に行った(笑)クィーン+ポール・ロジャースのライブ。
ポールは前から好きなヴォーカリストだったので、私としては「これもありかな」と。
フレディが亡くなって、もう見られないと思っていた生ブライアンとロジャーの演奏。クィーンのライブが初めてだった旦那は、ブライアンの生ギターに「すげぇ。」と感激してました。
でもライブだけの一時的な「お楽しみ」にとどまらず、新しいアルバムを作ってくれちゃうとは!
よほどこの3人は気が合ったみたいですね。

私のように、「ポール・ロジャースもクィーンも好き」という人にはすんなり受け入れられるでしょうが、両方好きだっていう人・・・あんまりいないのでしょうね。
私の友人のように「フレディがいてのクィーン」と思っている人にはやはり受け入れられないのかな・・・。
でもフレディがいなくなっちゃっても、残された2人(正確には3人)だって音楽活動はまだまだ続けて行くだろうし、そこにポールが入り、これだけのものを作ったというのはやはり素晴らしいこと。
「クィーン」の名を降ろして、3人のミュージシャンの新しいグループとしたら・・・受け入れられるのかなぁ・・・なんて。

「あ、これ、これ、ブライアンぽいなぁ。」と、やっぱりブライアンのギターは「それ」とわかるし、それにロジャーのドラムが自然に溶け込んでいる。
でもポールの個性が強い・・・ポールが「Oh,Yeah]とひと言発するだけで、一気にポールの世界に。全体的にもポール色が強いと思います。
それでも、ところどころに、クィーン的な要素が見え隠れするんです。
そこにポールの個性的なヴォーカルが上手く溶け込んでいて・・・。
ブルースシンガーとクィーン。
合うのかな???と思われるでしょうが、それがとても自然にすんなりと合っているんですよ。
このアルバムは3人で作り出したのですから、当然と言えば当然。
それぞれの個性が生かされたものになっています。
ポールがフレディの代わりに歌ったクィーンの曲とは、やはり印象が違うんです。
やっぱりポールは本領を発揮した感じ。
あれは、あれで3人が一緒に活動する前の「ウォーミングアップ」と見ればいいのでは?
最近ず~っとこのアルバムを聴き続けてます。
お気に入りheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

キャンパスツアー

懐かしい場所を訪れました。
大学で教養課程を学んだキャンパス。
こちらの校舎は卒業以来訪れていません。
オープンキャンパス開催の日に、受験を考えている高校生やその親に交じって、ゼミの仲間と行って来ました。
まずは駅前から大学へ続く道の変わり様にびっくり。
とても幅の狭い小道が2車線の道路に変わり、両脇には高いビルが。
ここまで変わるとは・・・。
この道を抜けるとすぐ大学に続く横断歩道があります。
これは全く変わっていないので、懐かしく思いながら渡ると、見慣れた校門が見えて来ました。
「あ~、この景色、全然変わってな~い。」と当時と変わらず、味気ない校門にほっとしたのもつかの間。
校門の左後方に、で~ん!と新しい高い建物が突然目に入ってきました。
052s
「わぁ~。」と目の前にそびえ立つ、新しい校舎にびっくりしながら、キャンパス訪問ツアーを開始。
キャンパス内にはいくつかの建物がありますが、いくつかは当時のまま、まだ使われていました。
新しい校舎はきれいで立派ですが、古い校舎が跡形もなくなっているのは寂しく感じましたね。
まずは正面から入り、グランドに。建物の横を入って行くと、更衣室が。
体育の授業が1限目にあり、いつも駆け込んで入って行った更衣室です。
結構大きなグランドで、(これとは別に、体育会が使うグランドはまた別にありますが)、こんな都心にこの広さのグランドは贅沢ですね。
ゴルフの打ちっ放し練習場もまだありました。
体育の授業でゴルフがあったので、私はここで基礎から教えてもらいました。授業で教えてもらえてラッキーでしたが、いまだにコースを回ったことはありません(笑)。

次はその隣の建物。
前は生協が入っていたのですが、今は普通の書店と売店に。

売店内には食品以外に、大学名が入っている文房具や野球観戦グッズ等も売られていましたが私の時代にはなかったもの・・・「携帯ストラップ」を見つけました。
ラグビーシャツを着たキューピーちゃんやキティちゃん等、いろいろあったので、購入も考えたのですが、そんなに愛校心ないや(笑)、と思いやめました。

その隣は学食。
場所は変わってないのですが、建物は建て替えられていて、とてもきれいになっていました。
オープン・キャンパスに来た女子高生がクレープを買い求めに列を作っていましたが、うちの大学とクレープと女子学生。
あり得ない組み合わせです。
うちの大学は女子学生が本当に少なく、特にうちの学部は700人中30~40人ぐらいしかいなかったと思います。
だから今、キャンパス内を歩く女子学生の多さにはちょっとびっくりしましたね。
047s
こちらは校舎前の噴水。
この周りにベンチがあり、よく友人と座っておしゃべりをしたのを覚えています。
当時は気付かなかったのですが、たくさんの木が植えてあり、そして立派ではないですが、こんな空間もあったなんて・・・、大人になると気が付くんですね。こんな空間の贅沢さ、ありがたさ。学生の頃は気が付かなかったなぁ・・・。

この噴水の前にはまだ当時の校舎が残っていました。
教室内に入ろうと思って、扉を開けると、ほとんどの教室がクラブ活動中。
扉を開けるたびに詩吟や、歌やいろんな音が聞こえてきました。
教室内の写真を撮りたいと思って、使っていない教室をやっと見つけました。037s
この階段式の教室。懐かしいですね。
いつも後ろの扉をそ~っと開けて(遅刻ばかりしてましたから。笑)、女子の後姿を見つけて、さ、さ、さ~とその隣に滑り込む。
そんな学生でしたから、必修の経済原論は4年の卒業まで単位が取れず(笑)、いまだに、単位が取れなくて卒業できない夢を見ます(笑)。

そしてその隣が新しく建てられた校舎。040s
毎日学ぶ場所はきれいな方がいいに決まっています。
少子化で、数字の上では大学進学希望者が大学の定員数を下回る時代になります。
大学も生き残るためには、こんな校舎を用意しないとね。
そしてこちらがもう一つの新しい校舎。 038s

043s 語学教室で使っていた奥の教室前の写真。
こちらもフランス語の授業を受けた思い出が。

図書館は場所は変わっていませんが、建物は変わっているような気がします。

最後にキャンパス内部から校門の写真。
046s
全く景色は変わってないでしょ?
立て看板がないのが当時と違うけれど。私の学生時代は校門の周りには学生運動の立て看板がありました。毒々しく赤と黒の文字で、スローガンや主張を書いたもの。
全く今はないのですね。。

ただキャンパスを回っただけなのに、気が付いたら1時間半もいました。
結構昔の思い出って忘れていることが多くて、他人から「覚えてないの?」と言われることが多い私ですが、実際、校舎を訪れたら、次から次にいろんな思い出がよみがえってきました。
くだらないことばかりなんですけど。
このキャンパスで過ごした1、2年生時はクラス単位で行動していたので、当時のクラスメートの顔も浮かんで来たり・・・。でもサークルやゼミと違い、今、クラスメートとはほとんど会うこともないので、どうしているのかなぁ・・・と。

こんなにもノスタルジックな気分になるとは思っていなかったので、自分でも驚いています。
お茶の水の校舎が跡形もなく変わってしまっているので、とても寂しいのですが、こちらのキャンパスはまだこうやって、昔の校舎が残っていて、思い出にひたることが出来る・・・嬉しいです。
新しい建物はとてもおしゃれだし、立派だけれども、やはり私の大学のイメージとはちょっと違う・・・。きれいになったのは嬉しいけれど、いや、やっぱり寂しい方が強いかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »