« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月20日 (土)

引き続き、王様のブランチで。

さきほどから引き続き、土曜の午前中はテレビみたり、PC使ったり(いつもPCを占領している息子が学校に行っているすきに)のんびりと。
で、テレビはまだ「王様のブランチ」がやってます。
今は神田うのが出て自分のデザインしたバッグを宣伝しています。
リボンがついているバッグはあまり私の趣味ではない・・・。
でもハートの形をアレンジしたバッグは超かわいい。heart
ハート好きな私としてはちょっと好きかも。heart04
そこへ突然流れてきたのが、「バラクーダ」
???
あ、もしかしたら、ハートだから?
こんなところでこの選曲。遊んでいるなぁ・・・。

そして今度は場面が変わって、
神田うのがお姫様とショッピング。
キッチングッズを買い物。
そこへ突然、ポリスの「Messeage In a Bottle」
???
私はどうしてここでこの曲が使われるかわからなかったのだけど、
旦那が「メッセージが書けるからだよ。」
ちょうど食品保存用の容器が紹介されていて、
その側面が黒板のようにチョークで書けるシートがついているもの。
なるほど~。flair

この番組の音楽担当の方、遊んでますね。notes
でも気が付く人、どれくらいいるんでしょうか?
テレビを観ながら、音楽と映像の謎解きになってきました(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

I Think I Love You

うひゃぁ~bleah
びっくり~sign03
今「王様のブランチ」を見てたら、
あの聴き慣れたイントロ「パ~パパッパ、パパパパァパ~」notesign02
そうです、「I Think I Love You」がかかったのです。
うだうだと、ソファに寝転がって見てたのですが、一気に目が覚めました。eyeflair

ソファの前に寝転がって見ていた旦那も、
すぐに気が付いて、
私の方を振り返り、何か言いたげ・・・。

私は今まで何百回と聴いている曲ですが、パートリッジファミリーの番組以外で、このようにテレビから流れてくるのを聴いたのは初めて。confident
今回はグルメレポートのオープニングに使われていました。

「誰が選んだんだろう?」と私が何気なく言ったら、
「誰か変わったやつ。」と意地悪な返事。
「確かに・・・。」coldsweats01

ってゆうか、忘れられずに使ってくれるなんて、感謝。wink

今から15分前の出来事。
今日は何かいいことでもあるかな?happy01

東京は台風typhoonがどっかに行っちゃったらしくて、朝から気持ちのいい晴天。sun
朝からいい気分。goodheart01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

夢のつぶやき

私のこのブログのタイトル「夢のつぶやき」は、
デビッド・キャシディのアルバムタイトルから取りました。
それについては、このブログを開始した2006年の6月にも書いてあります。
もちろんこれは邦題。
オリジナルタイトルは「Dreams are nuthin' more than wishes.....」
このブログのサブタイトルとして、このブログの上部にも書いてあります。
「Dreams are nuthin' more than wishes...」はこのアルバムに入っている曲「The Puppy Song」の一節。
Dreams are nuthin' more than wishes
And a wish is just a dream
You wish to come true

「夢は希望に過ぎなくて、希望はそれが実現して欲しいと願う夢に過ぎないんだ・・・」
う~ん、ステキな一節ですよね。
歌の内容は「小犬を飼うことさえ出来たなら、幸せ。どこにでも連れていくよ。」というとてもかわいらしいものです。

この曲はあのHarry Nilssonの作品。

YouTubeのデビッドバージョンの映像には、デビッドと彼の犬がたくさん出てきます。
本当にデビッドは犬と一緒に写った写真が多いです。好きなんですね、犬が。
あ、このブログの写真も犬と一緒だ!

では、こちらDavid Cassidy バージョンから。
本当に、デビッドとワンちゃんが超かわいいです。デビッドのワンちゃんたち、いいなぁ~、デビッドとKissしてる(笑)。heart01

そしてこちらはハリー・ニルソンのバージョン。こちらもかわいいワンちゃんがたくさん出てきますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

パートリッジファミリー シーズン 3 

パートリッジファミリーのDVDシーズン3が来月発売されます!
シーズン2が発売されてから、ずい分と時間がたっているので、私たちPFファンにとっては待ちに待った発売です。
51pcymtwel_ss500_ さっそくアマゾンで予約をしました。10月14日発売予定です。
楽しみだよぉ~ん。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

Barracuda

ハート姉妹が共和党に曲を勝手に使われて怒っているそうです。
ハート姉妹共和党を怒る 

女性副大統領候補サラ・ペイリンが高校時代「バラクーダ」と呼ばれていた、とテレビで知った時、私もすぐにこの曲が頭に浮かんで来ましたけど(笑)。
でも勝手に使っちゃうのはいけませんよね。ng
どうやら共和党の女性副大統領候補が大会で現われたときに流されたようです。
ナンシー・ウィルソンも
“I think it’s completely unfair to be so misrepresented,” Heart singer Nancy Wilson told  “I feel completely fucked over.”

The band have since released a further statement stressing that Palin's “views and values in no way represent us as American women.”
そしてこのバンドが曲を発表して以来もち続けている主張は、この女性候補の考えや価値観とかけ離れているもので、それは決して私たち、アメリカ女性を代表するものではない、と強調して言った・・・とも。
“The song ‘Barracuda’ was written in the late ’70s as a scathing rant against the soulless, corporate nature of the music business, particularly for women. (The ‘barracuda’ represented the business.)” the statement added.

この曲は1970年代後半に、、音楽業界の体質や退廃、特に女性に対して、について不満をぶちまけたものとして書かれていて、バラクーダは音楽業界を表している・・・と付け加えています。
それは、知らなかった・・・。sweat01
てっきり恋愛の歌だと思っていたので・・・。
彼氏、彼女がバラクーダみたいなやつ?・・・って思ってました。coldsweats01
でもあらためて歌詞を見直すと、No right no wrong, selling a songなんていう歌詞が出てきて、おまけにYou gonna burn  it to the wick・・・芯まで燃やすつもり・・なんて意味深な歌詞があるから、レコード会社に喰いつくされる?なんて歌っているのかしらん。
いや・・・知らなかったです。ず~っと聴いていたのに、歌詞を誤解して理解していたなんて、ちょっとショックですけど。happy02
So this ain't the end -
I saw you again today
I had to turn my heart away
Smiled like the sun -
Kisses for everyone
And tales - it never fails!

You lying so low in the weeds
I bet you gonna ambush me
Youd have me down down down down on my knees
Now wouldnt you, barracuda?

Back over time we were all
Trying for free
You met the porpoise and me
No right no wrong, selling a song-
A name, whisper game.

If the real thing dont do the trick
You better make up something quick
You gonna burn burn burn burn it to the wick
Ooooooh, barracuda?

Sell me sell you the porpoise said
Dive down deep down to save my head
You...i think you got the blues too.

All that night and all the next
Swam without looking back
Made for the western pools - silly fools!

If the real thing dont do the trick
No, you better make up something quick
You gonna burn burn burn burn it to the wick
Ooooooohhhh, barra barracuda.

Ohhhhhhhhhhhh.

前にも曲をYouTubeから張っていると思いますが、今回は1977年のもので。あの印象的なイントロが聞けません、ごめんなさい。

   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

David Cassidy のモノマネ

mixiで知り合ったデビッドファンの方から教えてもらったDavid Cassidyのモノマネ映像です。
デビッドのモノマネをする人なんて、今まで見たことがなかったので私にとっては貴重な映像。


イントロから笑っちゃいました。こんな風に見えるのですね。でもなぜか怒る気にはなりませんでしたよ。
ちょっと大げさにやってるのはしょうがないけど。
Stevie Riksというイギリス人のコメディアンです。「I Am A Clown」を選ぶところがイギリス人。 イギリスではやはりこの曲が一番人気があったみたいだし。
ではこちらが本物、David Cassidyのもの。この髪型だから80年代から90年代、Davidが30歳から40歳ぐらいかな?もうおじさんです。

結構YouTubeに投稿してあるので、興味がある方はどうぞ。
他にクイーンのフレディやポール・マッカートニー、ジョン・レノン等をやってますが、なかなか特徴をつかんでいて笑えますよ。
ちょっと長いのですが、このインタビューは結構笑えました。ポールとジョンを順にやるところなんて、上手いな~って、笑っちゃいました。ポールは「ドュー」って言うんですかね(笑)。
こちらはクイーンのフレディのモノマネ。 途中ロジャーやブライアンも彼がやってますが、ロジャーのハスキーな声、ブライアンのギターを弾くときの様子はとても似ていましたよ。 でもやはりファンの方は怒っちゃうのかな???

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »