« 検診に行こう! | トップページ | Bang Bang »

2008年5月28日 (水)

映画 アイム・ノット・ゼア

映画「アイム・ノット・ゼア」を先々週の水曜日、(もちろんレディースディで1000円で観られる日happy01)に行ってまいりました。
アイム・ノット・ゼア
4月26日の公開後、GW後すぐの水曜日、平日の昼間にもかかわらず、ほぼ満席でした。小さな映画館でしたが。

映画は複雑な構成に作ってあるので、全くボブ・ディランのことを知らないと、ちょっとわかりにくいかもしれません。私はディランのドキュメント「ノー・ディレクション・ホーム」を観ていたので、私のようなものでもどうにか話についていけましたが。
映画には「ノー・ディレクション・ホーム」にも出てくる、実際にあったシーン等を再現したところが出てきますが、やはりこちらは映画。印象的に、ドラマチックに作ってあります。

映画もドキュメンタリーも同じボブ・ディランを描いたものですが、正直なところ、「ノー・ディレクション・ホーム」の方がよかったかな・・・。やはり関係者のインタビューや当時の映像がダイレクトに全てを語ってくれます。私のようなディランについて無知な者でも、ずんずん引き込まれていきましたから。無知だからこそ、全てが衝撃的でした。

でも映画は、ドキュメンタリーでは語ることの出来ないプライベートな部分、例えば、あるロマンチックなシーンは映像的に,とてもキレイに、そしてバックの音楽にディランの曲が効果的に使われていて、ステキでしたよ。
ネタバレになるので、あまり詳細には書きませんが、やはりドキュメンタリーで語れない部分を映画では、映像でドラマティックに描いていたように思います。
6人の俳優がそれぞれボブ・ディランを演じるというやり方も、面白いと言えば面白いかも。
常に変化していくボブ・ディランを描くために、そのように作ったらしいですが。
サウンドトラックも友人に薦められたのですが、なんせオリジナルを聴いてないので・・・。coldsweats01
豪華なメンバーが参加しているようですが、私はまずはオリジナルからですね。

PS今調べたら、東京での映画公開は終わってしまっているみたいです・・・。

|

« 検診に行こう! | トップページ | Bang Bang »

コメント

私も、ホブ・ディランのCDは持っていません。
彼の事は、全く知りません。この映画が上映されている事さえ知りませんでした。こちらでも公開終了してました。。
トッド・ラングレンのアルバム「Faithful」でデイランの「Most Likely You Go Your Way」のカバーを聞いたくらいです。このアルバムは、「Good Vibrations」や「Strawberry Fields Forever」の完璧カバーが聞けます。。。
ディランで知っている事は、Brian Wilsonのセカンドソロアルバムとして制作され、レコード会社からBeach Boysを皮肉った歌詞が原因で発売拒否された「Sweet Insanity」にディランとの共作曲が収録されていた?。。(私の持っているブートには入ってませんが)
Brian Wilsonのドキュメンタリー映画「Beatiful Dreamer」に「その耳スミソニアンに保存すべき」というディランのコメント。。。
映画とは全く関係ないコメントでごめんなさい。。。crying

投稿: vega | 2008年5月28日 (水) 19時42分

田舎にはやってこない映画・・・・

まあDVDが出るまでCD聴いて待ちますよ。

投稿: まるあ | 2008年5月29日 (木) 00時35分

vegaさん
いえいえ、いつもコメントありがとうございます。happy01
vegaさんならではの情報ですね。
この映画はマイスペのイギリス人のお友達から薦められて観ました。

まるあさん
日本での公開はずい分遅れていたようです。イギリスではクリスマスにDVDで見られたようですが、日本ではDVDどころか公開もしてなかったわけですから。
公開する日数も短かかったですね。
CD良さそうなので、私もオリジナルの後に聴いてみます。

投稿: Karin | 2008年5月29日 (木) 16時51分

俺は明日見に行くぜ。何?ディランを知らないって?珠玉のオリジナルベストでも作って送ってあげようじゃないか。いつになるか分かりませんが・・・。

投稿: 笛吹き | 2008年5月30日 (金) 11時39分

そうね、是非お願いしたいところです。happy01
映画は笛吹きさんのような人なら、いろんな場面で、いろんなことに気が付くflairと思いますよ。
村上ソングズbook読み終わったんだけど、55ページの挿絵に、「お~、これこれ」って思っちゃいました。

投稿: Karin | 2008年5月30日 (金) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110862/21162165

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 アイム・ノット・ゼア:

« 検診に行こう! | トップページ | Bang Bang »