« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

Disney Girls

「村上ソングズ」からBruce Johnstonの Disney Girls
YouTubeでピアノを弾きながら歌うステキな映像を見つけました。
とにかく素晴らしいメロディ、歌詞、甘いBruceの声。

私が一番最初にBruce Johnstonを知ったのは、ビーチ・ボーイズのメンバーとしてではなく、David Cassidyの脱アイドル時代のソロアルバムの共同プロデューサーとして。
そのDavid Cassidyの第一作目のアルバムにも収められている「I Write the Song/歌の贈り物」の作者でもあります。
「歌の贈り物」は残念ながらDavid Cassidyのバージョンではヒットしませんでしたが、バリー・マニロウで大ヒットしました。

訳は載せられませんが、英語の歌詞だけでも。
Disneyはやはり夢とファンタジーの象徴なんですね。
心が温かくなる歌詞です。(歌詞で数箇所、この映像とは異なる部分があります。)

Clearing skies and drying eyes
Now I see your smile
Darkness goes and softness shows
A changing style

Just in time words that rhyme
Well bless your soul
Now I'll fill your hands
With kisses and a Tootsie Roll

Oh reality, it's not for me
And it makes me laugh
Oh, fantasy world and Disney girls
I'm coming back

Patti Page and summer days
On old Cape Cod
Happy times making wine
In my garage
Country shade and lemonade
Guess I'm slowing down
It's a turned back world
With a local girl
In a smaller town

Open cars and clearer stars
That's what I've lacked
But fantasy world and Disney girls
I'm coming back

Love...Hi Rick and Dave
Hi Pop...Well good morning mom
Love...get up guess what
I'm in love with a girl I found
She's really swell
Cause she likes
Church, bingo chances and old time dances

All my life I spent the night
With dreams of you
And the warmth I missed
And for the things I wished
They're all coming true

I've got my love to give
And a place to live
Guess I'm gonna stay
It'd be a peaceful life
With a forever wife
And a kid someday

Well, it's early nights
And pillow fights
And your soft laugh
Fantasy world and Disney girls
I'm coming back

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

Bang Bang

Paul Wellerのアルバム Heliocentricに「Bang Bang」という曲が入っています。
日本盤のボーナストラックだからでしょうか?
歌詞が省略されていて、歌詞カードに載っていません。
気に入っている曲だけに、歌詞を知りたいと思っていましたら、偶然見つけました。
今「村上ソングス」という村上春樹が自分のお気に入りの曲を取り上げ、その訳を載せた本を読んでいます。
笛吹きさん、Thank you!
この本についてはまた別の機会に書きたいと思いますが、この本の中で、この曲の歌詞を知りました。
この本の挿絵は和田誠。おまけとして、和田誠のお気に入りの曲も載せてあり、それがこの「Bang Bang」でした。
ネットで調べてもすぐに見つからなかったので、偶然に歌詞を見つけて、ちょっと嬉しかったです。
これによればSony Bonoという人が作詞、作曲で、Cherが歌っています。
Cherは下にある歌詞と違って、女性が歌っているので、sheをheで歌っています。
歌の内容は幼なじみとの恋愛そして別れ。子どもの頃、拳銃ごっこ?をしてもいつも負ける役は自分。そんな自分勝手な相手との恋愛。別れる時はさよならも言わず言ってしまった・・・というとても悲しい歌。
もの悲しげなメロディと歌詞がめちゃくちゃ合っていて、歌詞を知ってからなおさら好きになっちゃいました。
ではまずはPaul Weller のバージョンから。

I was five and she was six
We rode on horses made of sticks
She wore black and I wore white
She would always win the fight

Bang bang, she shot me down
Bang bang, I hit the ground
Bang bang, that awful sound
Bang bang, my baby shot me down.

Seasons came and changed the time
I grew up, I called her mine
She would always laugh and say
"Remember when we used to play?"

Bang bang, she shot you down
Bang bang, I hit the ground
Bang bang, that awful sound
Bang bang, she used to shoot me down.

Music played, and people sang
Just for us, the church bells rang.

Now she's gone, I don't know why
And till this day, sometimes I cry
She didn't even say goodbye
She didn't take the time to lie.

Bang bang, she shot me down
Bang bang, I hit the ground
Bang bang, that awful sound
Bang bang, my baby shot me down

この本には和田誠が初めて聴いたNancy Sinatraのバージョンのことと、その父親Frank Sinatraのバージョンのことが書かれています。
この二人とCherのバージョンも。
比べてみると面白いですよ。
昔は歌詞の内容からいって、女性が歌うのが合っていたのかもしれませんが、男性のFrank Sinatraが歌うのには無理があるようなことを和田誠が書いています。でも今の時代はPaul Wellerが歌い、自分勝手な女性に振りまわされる悲しい男の歌としても十分成立するような気がします。

Paul Wellerの歌詞では黒い服を着ているのが彼女で、僕は白い服。
女性陣も相手が黒で自分が白。
でもFrank Sinatraだけは自分が黒で相手は白。
どうしてでしょうか???
白と黒の意味は何かあるのかな???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

映画 アイム・ノット・ゼア

映画「アイム・ノット・ゼア」を先々週の水曜日、(もちろんレディースディで1000円で観られる日happy01)に行ってまいりました。
アイム・ノット・ゼア
4月26日の公開後、GW後すぐの水曜日、平日の昼間にもかかわらず、ほぼ満席でした。小さな映画館でしたが。

映画は複雑な構成に作ってあるので、全くボブ・ディランのことを知らないと、ちょっとわかりにくいかもしれません。私はディランのドキュメント「ノー・ディレクション・ホーム」を観ていたので、私のようなものでもどうにか話についていけましたが。
映画には「ノー・ディレクション・ホーム」にも出てくる、実際にあったシーン等を再現したところが出てきますが、やはりこちらは映画。印象的に、ドラマチックに作ってあります。

映画もドキュメンタリーも同じボブ・ディランを描いたものですが、正直なところ、「ノー・ディレクション・ホーム」の方がよかったかな・・・。やはり関係者のインタビューや当時の映像がダイレクトに全てを語ってくれます。私のようなディランについて無知な者でも、ずんずん引き込まれていきましたから。無知だからこそ、全てが衝撃的でした。

でも映画は、ドキュメンタリーでは語ることの出来ないプライベートな部分、例えば、あるロマンチックなシーンは映像的に,とてもキレイに、そしてバックの音楽にディランの曲が効果的に使われていて、ステキでしたよ。
ネタバレになるので、あまり詳細には書きませんが、やはりドキュメンタリーで語れない部分を映画では、映像でドラマティックに描いていたように思います。
6人の俳優がそれぞれボブ・ディランを演じるというやり方も、面白いと言えば面白いかも。
常に変化していくボブ・ディランを描くために、そのように作ったらしいですが。
サウンドトラックも友人に薦められたのですが、なんせオリジナルを聴いてないので・・・。coldsweats01
豪華なメンバーが参加しているようですが、私はまずはオリジナルからですね。

PS今調べたら、東京での映画公開は終わってしまっているみたいです・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

検診に行こう!

先週、数年ぶりに乳がんの検診に行って来ました。
検診の大切さはよくわかっているのですが、ここ数年、検査に行っていませんでした。
乳がんの検査はちょっと行きづらくて・・・。

無料もしくは少額の負担で受けられる区の検診は、自分で区内の医療機関を選んで行けるものもありますが、指定された医療機関でしか受けられないものもあります。
運がよければ、女性の医師にあたることもありますが、医師が男性だったら・・・と思うとやはり検診に行くのをためらってしまいます。
事前に調べて、女性の医師がいる病院を選ぶことも出来る場合もありますが、指定された医療機関での検診の場合は選択が出来ませんから、
待合室で、「どうか、女性の医師にあたりますように・・・。」と祈るだけです。
私のような、いい歳のおばちゃんでも、子どもを二人産んでいるにもかかわらず、です。
そんな理由と、もちろん忙しいということもあり、気が付いたらここ数年は検診に行っていませんでした。

実は数年前、友人が36歳の若さで乳がんで亡くなりました。
5歳と2歳の子どもを残して、逝ってしまいました。
その数年前に自分の父の死を経験している私ですが、友人の突然の死は、とてつもなくショックが大きく、今まで流したことのない量の涙を流しました。
その時に、彼女が残してくれたのは、「検診を受けること。」、なのに・・・。

「これじゃ、いけない!」と思い、またここ数ヶ月体調がよくないというのも検査を受けさせる後押しになり、自分で選択が出来る方法、つまり有料になるけれど、自分で検査機関を探して検査を受けることにしました。

乳がんの検査はやったことがある方はわかると思いますが、レントゲンの方法がかなり特殊です。それに触診、超音波検査。
全てのスタッフが女性の医療機関を見つけました。
検査料は18000円。
場所は銀座。
検査を受けに行くのだけれど、帰りにお買い物をするつもりで、少し普段着よりおめかしして、ちょっと気分はウキウキ。
区の検査なら無料で受けられるのに、この金額を払うのは高いと思うかもしれませんが、ためらうことなく検査が受けられるなら・・・こちらの方がいいに決まっています。

検査の感想は、「高いけれど、行ってよかった。」です。
スタッフの対応も待合室の感じも、あの冷たい病院の感じではありませんでした。
銀座という場所ということもありましたが、こんな気持ちで検診を受けられるなら、高くてもいいのかな・・・て。

もし、私のような理由で検診を受けていない方がいらっしゃるのなら、是非おすすめしたいです。インターネットで調べたら、結構見つかりますよ。
金額は検査内容にもよりますが、12000円から18000円ぐらいが相場かな?
万が一再検査が必要になった場合は、こちらの病院で診察が出来、もちろん保険がききます。

そして、忙しくてとか、面倒くさいという理由で行かない方がいらっしゃるのなら、お願いですから、強制的に時間を割いて行ってください。
お友達があのような形でこの世を去ってから、本当にそう思います。

そして男性の方は、奥様に聞いてみてくださいね。
「検診行っている?」って。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

バラの季節

月曜日は大荒れの天気typhoonでしたが、その余韻が残る火曜日、鳩山会館に行って来ました。
ちょうど昨年の今頃に行って、とてもバラがキレイshineだったので、今年も!と思い、計画を立てたのですが、あいにくの天気crying
でも帰る頃には雨も上がり、お日様sunも出て来てくれて、写真もたくさん撮ることが出来ました。
雨に濡れたバラも、雫がいい感じを出してくれて、いいでしょ?
いろんな種類のバラがあるのですが、私は一番下の「ブルームーン」という紫っぽいピンクのバラが一番好きheart04です。
2008520_008 2008520_007 2008520_010 2008520_012 2008520_009 2008520_013 2008520_015

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

初めての○○

人生をかなり長い間生きている私ですが(笑)、そんな私でもまだまだ体験してないことが、たくさんあります。
プロ野球観戦baseballもその一つでした。
日曜日、初プロ野球観戦を東京ドームで体験?して参りました。
巨人対広島戦。
もちろん、母校の野球の応援等、野球の観戦はありますが、プロ野球は初めて。
コンサートでは何度も足を運んでいる東京ドームですが、野球として使われているところに入るのも初めて。
2月のポリスの時を思い出しながら、回転扉を入ると、「これで応援してくださいね。」とオレンジのジャイアンツカラーのタオルを手渡されました。
さっそく首に巻いて、にわかジャイアンツファンに変身。scissors
席に着き、グランドを見渡すと、緑の人工芝がライトに照らされて、キレイだなぁ~shineと、普段真っ黒な壁しか見えないコンサート会場としてのドームとは全く雰囲気が違って見えます。
コンサートを観るにはステージが遠くて、あまり良い席ではありませんが、バッターボックスがちょうど左前方に見え、野球観戦にはどうやら良い席だったようです。
左後ろの方にはラジオの中継席があって、そこには大魔神佐々木がラジオの解説をしていました。

試合は私達の応援の甲斐があってwink、巨人が勝ち、また、ラミレスのホームランが私の初プロ野球観戦を盛り上げてくれました。

サッカーは息子がやっていたこともあり、何度か試合を観に行ったことがありますが、どちらも、TVではなく目の前でやっている試合を観るのは臨場感が肌で感じられて、いいですね。いい経験をさせてもらいました。happy01
Boating_015

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

イマジン・ピース・タワー

月曜日にたまたまジョン・レノンとオノ・ヨーコのドキュメンタリー番組をテレビで見ました。
再放送かどうか詳しいことはわかりませんが、初めて見ました。
「イマジン・ピース・タワー」がアイスランドに建設されるまでのことを中心に、途中現在のヨーコのインタビューを交えてのドキュメンタリー。
イマジン・ピース・タワーとは40年前のヨーコの作品リストにあった「Light House」を実現したもの。40年後の昨年2007年に完成しました。
イマジン・ピース・タワー
これが建設されるまでの話やヨーコの幼少時代の映像(この時代の日本人で動く映像が残っているなんて、やはりものすごいお金持ちのお家だったと再認識しました。)や話もとても興味深かったですが、何よりもびっくりしたのは、ヨーコの娘京子さんの話。
ヨーコの娘京子さんは前の夫との子どもで、離婚調停中に前夫と行方不明になってしまい、そのことにず~っとヨーコは心を傷めていた・・と。
歌にも京子さんのことを歌った歌があるように有名な話ですよね。
自分の娘が今どこに、どのように暮らしているかもわからないなんて、それはそれは辛いことだと・・・余計なお世話だけど、私も気になっていました。今どこにいるのかな?って。

それが、すでに京子さんは見つかっていて、二人は再会していたということでした。
1992年って言ってたかな?
私、それを知らなかったのでcoldsweats01、この話を一昨日のテレビで知って、ものすごく嬉しくなっちゃって。
と言っても16年も前に再会していたので、知らなかったのは私だけ?今もまだ行方不明だとばかり思っていたので。
京子さんのインタビューの映像は世界初だとか言っていたけれど、なぜ、それまで名乗りでなかったのか、再会した時の気持ちとかを語っていました。大人の事情に巻き込まれてしまって、お母さんから離れざるを得なかった時の気持ちを京子さんは、素直に語っていましたが、その内容はやはり辛いもの。
でも、再会以来、交流をもち、今はその離れていた年月分も仲良くしているということ。
よかったなぁ~。happy01
今頃こんな話をして・・・皆さまはとっくに知っていた???
ちょっとマヌケかもしれませんが、長い間気になっていたことが、解決して、私はとても嬉しかったので、ちょっと書かせてもらいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

タイ・フェスティバル

日曜日にタイ・フェスティバルに行って来ました。
毎年この時期の土日に代々木公園で開かれます。
タイ・フェスティバルHP
今年は第9回ということですが、実はタイ料理好きの我が家族は、第1回からほとんど毎年行ってます。いつもは家族で出かけますが、今年は旦那と二人で。
東京のタイ料理屋さんが出店し、手軽なお値段でタイ料理が楽しめます。
また民芸品の販売や伝統文化のデモストレーション等もあり、
お腹が満足するだけでなく、文化に触れることも出来て、楽しいですよ。notes
Boating_001_2 入り口すぐのところでタイ航空の方からこんなキレイな生の花のブローチをもらいましたhappy01Boating_004x_2

Boating_007

上の写真はパッタイ(タイ焼きそば)とヤムウンセン(春雨サラダ)。タイ料理にはタイのビールということで、シンハービールです。good
その下はチキンのタイラーメン。お米の粉で作った麺が入ってます。
写真が全部食べてる途中のもので、ごめんなさい。どうしても写真を撮ることを忘れて、食べ始めてしまって・・・。coldsweats01この他にグリーンカレーと生春巻きも食べたのですが、写真を撮らずに食べ終えてしまいました(笑)。二人で5品を食べましたが、だいたい一品500円なので、全部で2500円。この値段でいろんなものが楽しめますよ。
そしてデザートにタピオカ入りのココナツミルク。
おいしかったお店のものはチラシや名刺をもらっておき、今度はお店に食べに行くことも出来ます。

Boating_009_2

Boating_012

Boating_015_5

Boating_010

Boating_005x_2 上の写真を見てもわかるように、とにかく混んでます。sweat01
12時を過ぎると身動きがとれないほどなので、早めに行くか、もしくはちょっと時間をずらして行くのがいいかも。
また外国の方がものすごく多いです。東京中の外国人が集まって来た感じです。欧米系、アジア系、そしてアフリカ系の方。
とても面白く髪をセットしたアフリカ系の方がいらっしゃいました。
こちらの写真をクリックするとかなり大きくなりますが、「ウォーリーを探せ」ではないですが、探してみてください。真ん中あたりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

クルージング

GW最終日は友人と東京湾をクルージング。
去年も同じ頃にクルージングをしたことが6月11日のブログにも書いてありますが、クルージングをするなら今の季節が一番!sun
暑くもなく、また寒くもない。
それなら秋もいいだろうと思うかもしれませんが、秋は台風typhoonが来るので、やはり今が一番だそうです。
朝は少し風があったので、どうかな?と思ったのですが、私たちの中に凪女がいて、彼女が乗る時はいつも風が止み、波が静まるのです。
乗った時間が干潮の時だったので、私たちの船から潮干狩りをする人が見えたりしましたよ。
今回はとても短い時間の乗船だったのですが、やはり初夏の風を船の上で受けてとても気持ちがよかったです。shipnote
こちらは前日に行ったディズニーランドを海から。シンデレラ城shineとスペースマウンテンが見えます。写真をクリックするとかなり拡大されます。
Boating_025 こちらはディズニーシー。
岩の塊みたいのが、センター・オブ・ジ・アース。
高い建物がタワー・オブ・ザ・テラー。
アラビアン・コーストの建物の先っちょも見えますね。
やはり自然の海から突然視界に現われるこんな建物を見てしまうと、「夢の国」がとても人工的な印象を与えますね。しょうがないですけど。coldsweats01Boating_010_2

Boating_022_3

こちらは船から東京方面を見たところ。東京タワーが見えますね。
視界には海と空だけ。とても気持ちが良かったです。lovely
こちらが乗った船です。
10人乗リです。1時間13000円。乗る人数で割るので、人数が多ければお得です。
3時間ぐらいが一番楽しく過ごせるそうです。Boating_017

Boating_031

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

夢の国

こどもの日にディズニー・ランドに行って来ました。
何もGW中に行かなくても・・・とお思いでしょうが、実は3年前の「子どもの日」に行った時、なぜかめちゃくちゃ空いていて、なおかつ、GW中なのでキャラクターも通常の土日よりもたくさん会うことが出来たので、今回ももしかしたら・・・と思って行きましたが・・・。
今回はめちゃ混み。bearing
おまけにキャラクターにもあまり会えなくて思惑がはずれちゃっいました。

子どもが生まれてから年に1、2回のペースでディズニーランドには行ってます。
上の子は中学生になってからはついて来なくなっちゃったけど。
ディズニーシーが出来てからは、交互に行く感じかな?
毎年行きたくなるように、「夢の国」も少しずつ変化するので、「行かなくっちゃ」っていう気にさせるんですよね。
大人も子どもも朝から晩まで歩いてクタクタになりながらも、一日どっぷり夢の世界に浸ることが出来るからやめられないんです。

子どもがおもしろいことを言ったことがあります。
中学受験の合格の知らせを私から聞いた時のこと。(子どもは合格発表を見に行けなかったので、私から教えてあげた時のことです。)
合格だと告げたとき、「嬉しいけど、信じられない!まるで夢みたい!」と。
そして「ディズニーランドにいるみたいな気分。いつもディズニーランドを歩いているとき、夢なのか、本当なのかわからなくなる時があるんだ。その時と今は同じ気持ちなんだ。」って。
私はそれを聞いた時、とってもびっくり。
子どもにとっては本当に「夢の国」なんですね。現実なのか、夢なのか、わからなくなっちゃうほどの。shinespade
大人の私はまぁ、大人ですからいろいろと現実が見えてしまいますがcoldsweats01
それでも子どもと一緒にまた行きたくなっちゃいます。heart04
こちらは夕方にライトアップしたシンデレラ城。
Tokyo_disney_land_040 今回はあまりキャラクターに会えなかったので、3年前に会ったプリンスとプリンセスの写真を載せます。一日でこれだけのカップルに会えたんですよ!
このカップル達の真ん中にうちの子が写っていますが、子どもが見えないように編集しました。
どのカップルもステキでしょ?
特に「美女と野獣」のベルは(黄色のドレス)はとてもステキでした。サインもしてもらったのですが、やさしくて、キレイで、うっとりしちゃいました。
一番下の写真はシーで撮ったアラジンとジャスミンです。
Tdl2_3 Tdl3_3 Tdl4_3 Tdl_2 Tdl5_2



 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

六本木オール

久しぶりに六本木で朝まで遊んじゃいました。coldsweats01
ちなみに今は「オールする」って、言うらしいです。
大学生の娘さんをもつ友人から教えてもらいました。

結局始発までカラオケに。
そこでびっくり!
Partridege Familyの曲があるではないですか!
「I Think I Love You」「C'mon Get Happy」の2曲が!!!
カラオケに行ったのが久しぶりだったということもあるけど、いつのまに!
まさかあるとは思わなかったので、嬉しかったけど。
もちろん、David Cassidyでも探したけど、残念ながらありませんでした。bearing

老体にオールは結構キツかったけど、楽しかったなぁ~。
頭がもうろうとしながら歌を歌うって、ちょっと変な感覚・・・。
いつまでこんなことが出来るのかな・・・。
遊べるうちに遊んでおこうっと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »