« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月25日 (水)

熱中症にご用心!

昨日(日付が変わってしまったので、正確にいうと一昨日。)、庭の草むしりをやりました。
今の季節は抜いてもすぐ生える雑草。
放っておくと、1メートルまではいかないけれど、かなりの高さまでずんずん伸びます。
天気予報では曇りのち雨。
梅雨が明けてしまっての炎天下に草むしりは辛いと思い、時おり小雨降る中、頑張りました。
途中2匹のカエルと遭遇し(都会の真ん中なのに、いるんです。カエルが。)、長袖を着ていたにも関わらず、袖と軍手のちょっとの隙間を狙われ、左手7ヶ所、右手2ヶ所、右足2ヶ所を蚊に刺されました。かゆ~い。
全部終えて気が付いたら、11時から始めて5時間。
昼食も取らず、飲まず食わずでやっていました。
泥だらけになったので、シャワーを浴び、そろそろ夕食の準備を思いましたが、身体がだるいんです。
おかしいなぁ~。
少し休んでもよくなりません。
とうとう夕食を作ることを諦め、何か子どもに買って来るように頼み、ベッドへ。
頭が痛くて、横になっても休めません。
まさかと思い、熱を測ったら37度4分。
子どもは38度、39度出してもケロッとしていますが、大人はダメ。
普段平熱が低いこともあり、私的には立派に発熱。
風邪?
いやもしかして・・・。
お茶を飲んで、首を氷で冷やして寝ました。

朝、起きて熱を測ったら36度台に。
のどの痛みや鼻水といった風邪の症状もないことから、
熱中症かなぁ~と、思ってます。
草むしりしている時、どっさり汗かいたけど、水分補給せずに5時間。脱水状態になっちゃったのかも。
多分そうだと思います。
子どもには気をつけるよう、いつも言い聞かせているのに、まさか自分がなるとは。
多分お天気が曇りで、気温もそんなに高くなかったから油断してしまったのだと思います。
よくお年寄りが室内で熱中症で亡くなる事故が起こっていますよね。
夏場の水分補給の大事さを身をもって経験しました。

私って結構熱中するとハマってしまうタイプ。
途中でやめるとか、適当に、とかが出来ない危険なタイプ。
熱中症の熱中ってそこからきてるのかなぁ~、てわけないか。
皆さまも暑い季節、気をつけてくださ~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

セミの声を聞くたびにぃ~、思い出す九十九里浜~♪
椎名林檎の「歌舞伎町の女王」の初めの部分。
私はセミの声を聞くたびに、この歌を思い出してしまいます。

ということで、先週の金曜日に今年初のセミの鳴き声を聞きました。
ずぅ~っとはっきりしない天気が続いていましたが、ここ数日雨もあがり、いよいよ梅雨明けですかぁ~?

先日紹介したジョン・レノンのカバーアルバムをここのところとてもよく聴いていますが、雨があがり、夏が感じられてくると、あのCDの中でもお気に入りでなかったレゲエアレンジの曲が、なぜか心地良くなってきました。
ほ~んと不思議。
エアロスミスが「Give Peace a Chance」をレゲエで?
ダメダメ~。
だったのに、なんか太陽が出て来て暑くなり、気分も夏!となってくるとレゲエのリズムがとても心地よくて・・・。
なんでだろ~?不思議だわ。
そろそろビーチボーイズにも登場していただきますけど(笑)。
ビーチボーイズは決して夏だけのバンドではないのですけど、やはりこの季節に聴きたくなるのは確かです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

ハリー・ポッター

ハリー・ポッター最終巻(第7巻)が発売されましたね。
といっても英語版なので、日本語版は来年だそうです。
英語版を買ってまで読みたいとは思いませんが、この巻で完結。
最後はどうなるんだろう?楽しみ!

ハリポは第1巻から買って読んでいるけど、前回の第6巻はまだ読み終わってないんです。ベッドサイドにず~っと置いたまま。
でも今日の最終巻発売で、一気に気分が高まりました!

よし、明日中に読み終えよう!
・・・のつもり。

ハリポは上の子が小学生の頃にはまって以来、家族で本も映画も楽しんできました。
本が発売されると、誰が一番最初に読むか争ったりするほど。映画も公開されると子どもを連れて観に行き、DVDも全部買いました。
映画と本。
比べちゃうと本の方がだんぜん面白いと思います。本は自分で想像出来る分、楽しさも多いのかな。それで自分の想像したものと映像が違っちゃうとがっかりしちゃったり。やはり原作を読んでしまった映画を楽しむのは難しいと思いますね。

それでも映画も全部観ているのは、どんな風に映像化するのか見てみたいというのもあるけど、作品ごとに成長していくハリー役のダニエル君をはじめ、出演者の成長した姿をみるのが楽しみだから。ちょうど上の子と同じ年頃なので、自分の子の成長と重ねて・・・。
第一作目にはみんな幼かったのに、今ではしっかり大きくなってしまいましたよね。
子どもの成長は早いなぁ。私も歳をとるわけだ(笑)。
上の子はあんなに大好きだったハリポも第6巻からは読んでないし、映画も前回ぐらいから、観に行ってません。
卒業しちゃったみたい。ちょっと寂しいなぁ。
第1巻発売の頃は、私のこと「ママ」と呼んでいて、まだ一緒にお風呂に入っていたのに、今では、私のこと「オマエ」呼ばわりだし、「金くれ!」しか言わないし、今じゃ見た目はスネ毛が生えてるおっさんになっちゃったもんな~。
月日の経つ早さをこんなところで実感。

さあ、明日中に果たして読み終わるかな・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

ドラム

年に一度、ドラムのライブをやる機会があります。
ドラムの先生が自分の友人のプロのミュージシャン(ギター、ベース、キーボード)を連れて来て、一緒に演奏させてくれるんです。
今年はその時期、ちょっとプライベートが忙しくなるので、参加しない予定だったのだけど、いろいろと事情があって、急に参加することになっちゃいました。
自分の好きな曲を選べるんだけど、どうしようかなぁ、と悩んでいます。
もちろん、やりたい曲は山ほどあるんだけど、その中から私が出来る程度の難しくないもの(笑)を探すのが大変なんです。これやりたい!って言っても、私のレベル以上のものだと、先生に却下されちゃうし(笑)、おまけにクセのあるドラマーのものもダメなんです。
う~ん、どうしよう・・・。
なんかいいのないかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

地震

東京では震度3。
パソコンの前に座っていたら、結構パソコンラックが揺れたので、パソコンがラックから落ちるのではないかと、ちょっと心配しました。
震度3の揺れがこの程度なら、震度6はどんなものなんだろう・・・・。
休みだったので、家族が全員家にいたから、よかったけれど、平日、家族がバラバラの時に大きな地震が来たら・・・と思うと、この様な時にどうすればいいのか、確認しなければいけないと思いました。

嬉しかったのはMySpaceで知り合った海外の友達。
私や家族が大丈夫か、心配のコメントやメッセージをくれました。
ネット上でしか知らない、遠く離れたところに住む、彼ら、彼女らの暖かい心に触れて、嬉しくなっちゃいました。

忘れた頃にやってくる地震。
備えなきゃいけないなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

ロック検定

世の中いろんな検定があるみたいだけど、
ロック検定というのまであるそうです。
何日か前に新聞に記事が書いてあって知ったんですけど。

ロック検定って一体どんな問題がでるんだぁ~?
検索して探してみたら、あった、あった。
MTVロック検定
3級を何問か解いてみたけど、難しい!!!
ダメだ~、お手上げ。
ま、いいか。
でも何でロック検定なんてできたのかしらん?

わからん!

学生の頃、学祭とかで、「イントロあて」や「クイズ」みたいなのはお遊びでやったことあるような気もするけど・・・。
ロックを知りたいという気持ちはよくわかるけど、試験になっちゃうとね。知識だけ詰め込んでも、肝心の音楽聴いてなきゃしょうがないし。
でも音楽聴いていたら、自然に知識も増えた、で、それを試したいから?

なんでもいいですけど。

もうちょっとできると思っていたので、ちょっとショック。
私ってあんまり知らないんだ・・・。
子育て中、全然聴いてなかったし、忘れちゃったことも多々あるし。
やはり私の音楽の知識は浅く狭いようです・・・・・。

自分の好きな音楽のことだけ知っていれば、別にいいと思うけど、好きだからもっと知りたくなるんですよね。
だからデビッド検定なんてあったら、真剣に満点取るため頑張っちゃうよね。
やっぱり好きなものは頑張れるって。
やはりロック検定ができたのはそんなところからかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

羽賀研二に騙された!?

どうでもいいような話題ですが
私も羽賀研二に騙されたんです。
といってもいわゆる「どっきりカメラ」で。
ウソみたいなホントな話ですが、
私が大学生の頃、原宿を歩いていて引っかかったことがあるんです。

「どっきりカメラ」と言ってもよくある芸能人が騙されて、最後にプラカードを出されるようなやつとはまた別もので、ただ素人をひっかけてそれを隠しカメラで撮るようなやつ。
家でテレビを見ていたら、たまたまその場面が映って、初めて「どっきりカメラ」だったってわかったんですけど。その時は何も教えてくれずに、ただ道の真ん中で話かけられただけだったんです。
今から考えると、こちらの事情も考えずに勝手に映しておいて、勝手に放映するのもちょっと問題あるな~とは思いますけど。
一緒にいたのが同じ大学のクラスメイトの女の子だったからよかったけど、これがあまり一緒にいるところが見られたくない人(笑)だったら、勝手にテレビで流されても困りますしね。
内容は羽賀研二が女装をして、話かけてくるんですけれど、それがバレるか、バレないかを試す・・・というような、たいして面白くないもの。
その後再放送があったので、その時に録画しておいたので、その時の様子はビデオに録画してあります。貴重な若き頃の私の映像!でも最近見てないし、どこに行っちゃったかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

ジョン・レノン カバーアルバム

人権団体アムネスティ・インターナショナルがチャリティ・キャンペーン「メイク・サム・ノイズ」の活動の一環として、ジョン・レノンのカヴァー・アルバムをリリース。
Make_some_noise

これがいい!
参加アーティストはU2、エアロスミス、R.E.M、ジャクソン・ブラウン、レニー・クラヴィッツ等。豪華アーティストが勢ぞろい!なんて書いてあるけど、90年から十数年間、私は洋楽から遠ざかっていたので、半分ぐらいは知らないアーティスト。
それでも十分楽しめます。
もちろん、ジョンの曲がいいっていうのもありますが、アレンジ、歌い方、いろいろあって、楽しいですよ。
2枚組みのトップを飾るのはU2。
ちょっと期待していたんだけど、アレンジがレゲエチック。
う~ん、そう来たか~、っていう感じ。
28曲中3曲がレゲエアレンジだったと思います。レゲエのアレンジが流行ってるのかな?
レニー・クラヴィッツのコールド・ターキーは気に入ったひとつ。
ドラムから始まり、全体にドラムの音がよく出ていて、かっちょいい。
ボブ・ディランとジョージ・ハリスンの息子ジェイコブ・ディランとダーニ・ハリスン「Give Some Truth」も味があっていい感じ。ジュリアンとジョン親子ほどではないけれど、やはり声は似てる感じかな~。

Bic&Richというカントリーデュオが歌う「Nobody Told Me」は面白い!
歌が上手いのと、カントリー独特の雰囲気で、全体的にソフトで甘いの。こんな歌い方も楽しいかも。
他に私が気に入ったのはJackson Browne「Oh, My Love」涙が出そうになっちゃった・・・。いいですぅ~。
Corinne Balley Rae 「I'm Losing You」、Black Eyed Peas「Power To The People」、Jack Johnson 「Imagine」 Ben Harper「 Beautiful Boy」
それぞれのアーティストがそれぞれのやり方でジョンの曲をやっていて、どれもいいんです。28曲中、これだけ気に入れば、十分です!
Regina Spektor 「Real Love」は2枚組みのこのCDの最後を飾る曲。これは聴き応えあり!知らないアーティストだったんだけど、他の曲も聴いてみたくなっちゃった。

残念はThe Cure の「Love」。ジョンの曲の中でも1番くらいに大好きな曲なんで・・・。聴く前からイヤ~な予感はあったんだけど・・・。(笑)キュアー好きな人はこれがいいんだろうけど・・・。

今回買ったのは国内盤。輸入盤とあまり値段が変わらなかったから。
久しぶりに歌詞カードの訳詞をじっくり読んだら、いろんなことに気がついちゃいました。内容を間違って理解していたのもあるし。
やっぱり、英語より日本語に訳してあると、もっと心の奥に入ってくるなぁ~。感覚的にね。

で、この間、面白い聴き方を発見。
私が聴いていたら、下の子どもがその曲の歌詞を読み始めたんです。
もちろん日本語訳。
子どものかわいい声にジョンの詞と曲。よく合うんです。
「ビューティフル・ボーイ」「ウォッチング・ザ・ホイールズ」「イマジン」・・・。
「コールド・ターキー」とかは別ですよ!(笑)
今では「Power To The People」がかかれば、「民衆に力を」と合いの手を入れて来ます。(笑)子どもは覚えるのが早い!

聴いて損はありませんよ。
皆さまもどうぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

Running on Empty

久しぶりにジャクソン・ブラウンの「Running on Empty」を聴きました。
私が大学生の時に知り、よく聴いていた曲です。
彼がこの曲を世に出したのは彼が29歳の時。

I don't know where I'm running now, I'm just running on

どこに向かっているかわからないけど、とにかくただ走り続けていると、17歳の頃の心情をこのように歌っています。

I don't know when that road turned onto the road I'm on

21歳になってもやっぱり走り続けていると歌詞は続きます。
そしてそれを聴いていた頃から約20年経っているのに、
いまだにどこに向かっているかわからない今の自分。
この歌に自分を重ね合わせて、変わっているように見えて、実は何も変わってない自分に気が付き、ショック・・・。

英語だし、読むのめんどくさいかもしれないけど、サビの部分も。

Running on - running on empty
Running on - running blind
Running on - running into the sun
But I'm running behind

emptyって、からっぽとかそんな日本語訳が浮かんでくるけど、英英辞典で調べると(意味がわからない時、英英辞典をよく使います。日本語よりもわかりやすいことがよくあるんです。)
意味は・・・
(of a person, or a person's life) unhappy because life does not seem to have a purpose ,usually after something has happened

つまり目的がなくて落ち込んでいる・・・
そんな状態で走り続けていると。
サビの部分、20年前のあの頃より今の方が逼迫していると感じているかも・・・。だって人生の半分を過ぎようとしているから・・・。(もう過ぎちゃったかも?)
う~暗くなる~。
では、曲をどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

天まであがれ!!

風邪から80%回復。
ご心配おかけしました。

昨日、映画「天まであがれ!!」を観て来ました。
これは大学時代の友人であり、ブログ「彼女に会ったらよろしくと」を書いている、笛吹きさんが製作責任者を務めています。
経済産業省委託事業で、浜松を舞台にした映画で、笑いあり、涙ありの心温まるストーリーです。
「浜松の凧あげをテーマに、親と子、三世代の触れ合い、子どもたちの友情を描いた感涙ヒューマンドラマです。」(笛吹きさんの言葉から抜粋。)

映画『天まであがれ!!』公式ホームページ
http://www.yaramaika.tv/

実はこの笛吹きさん、制作スタッフとしてだけでなく、役者としても出演しています。(普段はサラリーマン。)
上映中、、笛吹きさんの姿がスクリーンの中で見えるたびに、そちらの方が気になってしまい、ストーリーを追っていてもどうしても集中できませんでしたが(笑)、人と人の心のふれあいが心を打つ、とてもいい映画でした。
宍戸錠の演技がとても渋く、
また主役鈴木達也君も、佐津川愛美もかわいいだけでなく、いい演技をしていました。
是非主役の子と同年代の子どもたちに見て欲しいな、と思いました。きっと勇気をもらうに違いありません。
昨日から下北沢で7月27日までやっていますので、
東京周辺にお住まいの方、
皆さんお誘いの上、どうぞ。

映画鑑賞後は笛吹きさんと大学時代のサークルの友人と久しぶりの飲み会。
短い時間だったけど、楽しかったなぁ。
みんな今は忙しすぎて、ゆっくり飲む機会もなくなっちゃったけど、また会いましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

夏風邪

夏風邪でダウン中。
ごめんなさい。
元気になったらまた書きますので。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »