« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月23日 (金)

赤、それとも青?

「赤と青どっちがいいかなぁ~?」
と子どもが突然聞いてきました。
「私は赤が嫌いだから、青。で、何の色を選んでるの?」
と聞き返したら、
「髪の色。」と。
「え~、ダメダメ、赤でも青でも、そんな髪の色、似合わないから。」と私が叫んだら、
「ゲームの主人公の髪の色だよ。」
ちゃん、ちゃん。
主人公を自分でカスタマイズして出来るゲームらしいんです。
CMで劇団ひとりがやっているゲームらしいのですが、私は全くゲームをやらないんで、わからん。
あ~びっくりした。
最近、染めたいと言っていたので、とうとうその時が来たか~、とびびってしまいました。
友達が青に染めているという話も聞いていたし。
でも青や赤はやめて~、似合わないよぉ。
ロンブーの淳かロバートの馬場のイメージだしね。
いや、馬場は緑だったわ。
でもイメージ的にはあんな感じでしょ。

でも親の言うことなんか聞かないんだろうなぁ。
そういう私も絶対ダメと母親に言われていたのに、
ピアスの穴を勝手に開けてしまったしね。
見つかった時にはもの凄く怒られましたけど。
(今と違って、あの頃はピアス人口少なかったんですよぉ。おまけに私の親の世代には身体を傷つけるなんて!という考えがあったし。)
カエルの子はカエル。
これからがおっそろしいわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

ポリス再結成ツアー その2

ポリス再結成のプレスコンファレンスの模様を休日にゆっくりじっくり見直しました。
(リンクは前回のブログにあります。)
活字になったものを読むのと違い、映像だとその場の雰囲気やメンバーの人柄、関係などがよくわかりますね。
主導権を握っているスティング、ボソッと皮肉をいう典型的なイギリス人アンディ、そして陽気にしゃべるアメリカ人スチュワート。
質問も結構聞きたいことを記者が聞いてくれたんだけど、
なんか、よくわからないんです。(^_^;)
最初は自分のヒアリング不足だと思っていたんだけど、それだけでないみたいで、なんか答えをはぐらかしているような感じをすごく受けましたね。
再結成した理由も、スティングはポリスで活動していたことは全く自分人生から消えていたぐらいだったのに、ある朝起きたら突然思いついちゃって、自分でも驚いているようなことを言ったり。(聞き取りが間違ってたらごめんなさい。)
ニューアルバムの可能性のことも何か、訳のわからないジョークみたいなことを言って、すぐに「次の質問!」になったり。
でもスチュワートの言葉を聞いて、きっとこれが本音だろうな、と確信しましたね。
「俺たち三人はとっても野望に燃えた若者だったけど、今はそこらへんにいる幸せな父親のひとり。自分のことだけで言えば、ドラムを叩くことがただ本当に楽しい。もう名声を手に入れたり音楽を作る必要がないし、自分自身を表すためにレコードを作る必要もない。もういいんだ。ただスティングについていってドラムを演奏し、アンディのために曲をやる。」
その発言の後、
「お前変わったなぁ~。」とメンバーに茶化されるんですけど。
これがまさに本音でしょう?
音楽的に対立してしまうこのメンバーと新しいものは作らないけれど、一緒に集まって演奏するだけなら楽しいってこと。
いいじゃないですか、素直で。

その後スチュワートがちょっと失言をしてしまうんですが、
「オールディズバンドが再結成するにはシナリオがあり」と言ったときに「イーグルスのような」と言ってしまい、「あ~名前を出さなきゃよかった」とつぶやきます。
スティングに頭を小突かれ、アンディからも「セーフ?」なんて声かけられちゃったりして。
でもそんな再結成バンドとポリスが違う点は音楽的に食い違っても人間的には仲たがいしてないということ、を言いたかったみたいですが。
途中ある記者の質問の途中から音声が消されている部分があって、どうしちゃったんだろう?と思ったのですが、きっと批判的なことを質問されたんだろうなぁと想像はつきますけどね。でも音声を消すこともないのにね。それとも単なるトラブル?

新しいものを生み出さないバンドの再結成には疑問の声があがるのはしょうがないこと。
再結成って英語でreunion。同窓会も同じreunion。日本語では「再結成」と「同窓会」と違う言葉だけど、英語は同じ言葉なんですね。あのポリスの活動は終了したけど、一緒にやってた仲間がまた楽しく演奏するために集まるという感じでいいんじゃないかな。
他のバンドにはその同窓会にもお金の臭いを嗅ぎつけて、仲が悪くても集まる人もいるかもしれないけど、ポリスは違っていると言ってるし。(と私も信じてるけど・・・。)自分たちが楽しくて、ファンも喜ぶ。いいじゃない?
確かにかなりのお金が動くからビッグビジネスになるには違いないけど・・・。今回は素直にスチュワートの言葉を信じましょう。
スチュワートは、前の方にいるファンを指さして「オレ君のこと覚えているよ~。」、とか言っちゃったりしてるの。完全に同窓会のノリと同じでしょ~。
私もここ数年高校やらゼミやらの同窓会があって、一緒に過ごした仲間と再会して、ほんと盛り上がるし、懐かしいし、楽しいんだよね。
でも同窓会もウン十年ぶりに会うその時が一番盛り上がるけどね。今がその時っていう感じにみえる。
今回のツアーのための再結成は大賛成だけど、これからまたちょくちょくツアーをやるようになったら、メンバー本人たちも「楽しいから~」というだけの理由では、やらなくなるんじゃないかな~。いや、わかんないなぁ~。気が合えばやるかなぁ・・・。
一番最後にメンバーが一人ずつのコメントと三人一緒のものが出て来るんだけど、スチュワートがスティングにわき腹を小突かれて、自分の発言を言い直すところは面白いですよ。
最後に・・・私が聞き取った内容が間違ってたらごめんなさ~い。
それから、彼らの最近の情報は全然知らないので、完全に会見をウェブで見ただけの感想ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

ポリス再結成ツアー

昨日嬉しいニュースが入ってきました。
ポリスが再結成ツアーを本当にやるそうです。
プレスコンファレンスの様子をウェブで見ることができました。
プレスコンファレンスはこちら
上から2番目の方が長いけど、面白いです。
正式発表後、ジョークあり、演奏あり、質疑応答ありの1時間弱。
必死に英語を聞き取りながら、PCの画面を見つめてました。
仕事で英語から1年以上離れてしまっているので、ほんと、耳が落ちてしまって・・・。
ジョークがわからない!
なんでみんな笑ってるの~?
やはり常に聞き続けなきゃなぁ~と反省しつつ、久しぶりの彼らの元気な姿に感激!
Message in a bottle
Voices Inside My Head
When the World is Running Down You Make the Best of What's Still Around
Can't Stand Losing You
Roxanne
これらの曲をやってくれました。

う~かっくいい~!
みんな思ったより歳をとってない感じでしたね。
当時はドラムに興味がなかったので、スチュワートにはあまり注目してなかったんだけど、かっこいいねぇ~。

ツアー予定の中にちゃ~んとJapanが入ってましたよ。
日程はまだ組んでないみたいだけどね。
10月末ぐらいまで他の国まわって、その後のようです。
ほ~んと、楽しみだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ポリス再結成

グラミー賞授賞式でポリスが再結成し「ロクサーヌ」を演奏したとのことです。
あ~、観たかったなぁ~。
うちではWOWOWどころか、全く衛星放送は観られません。BSですらです・・・。
この時代に地上波のみ。う~。(悲)
もしかしたら、「スーパーボウル」のハーフタイムショーのプリンスのように、YouTubeで観られるかな、と思い検索してみましたが、まだ誰も投稿してくれてません。(プリンスはその後削除されて今は見られませんが・・・。)
一目でいいから観たい・・・。

そのポリスのドラマー、スチュワート・コープランドがポリスのドキュメンタリー映画の舞台挨拶等のため3月に来日するそうです。
27年ぶりの来日。
80年に来日したけど、私は行ってません。昨日のブログに書いたように、その後、結果としたはガセネタだったにもかかわらず、チケット獲得のためにウドーに朝から並んだほど観たかったバンドです。一緒に並んだサークルの後輩A君。あと誰か一緒にいたような気がするけど誰かは忘れてしまったほど昔の話です。
スティングは来日した時に何回か観ましたが、
でもやっぱりポリスが観た~い!
お小遣い稼ぎの再結成ツアーと言われようが、
何でもいいから観た~い!
それにアンディ・サマーズは64歳になるんだって。
早くしなきゃ!

で、グラミー賞ですが、レッチリが最優秀ロックアルバム賞を受賞したそうです。う~ん、よかった、よかった!「スノー」を演奏したそうです。
で他の受賞等詳しくはこちらでどうぞ。
グラミー賞受賞結果

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

レッチリライブ

うひゃぁ~、テレビでレッチリのライブやってた~。
ちょっと前に気が付いて、半分くらいは観れたけど・・・。
かっくいい~、来日公演楽しみだわ。
でも、あまり席が良くないんです。主催者先行受付とやらで、去年の12月に早々とチケット取っちゃったのですが。
昔に比べれば、パソコンの前で申し込むだけでチケットが取れるんだから、あまり贅沢言っちゃいけないかな。パソコンがない時代はぴあに電話を掛けまくるか、朝早くから並んで取るか、のどっちかだったし。
大学生の頃はサークルの仲間たちと一緒に朝早く、よく並びましたね。お金はなかったけど、時間だけはたっぷりあったから。
ポリスが来日するという噂だけで、朝、青山のウドーに行って待っていたこともありましたけど、結局ガセだったのですが・・・。
ただ、広告代理店に勤めてからは、いろんなチケットが手に入るようになり、超ラッキーな思いをさせてもらいました。CMで使ってもらえればラッキーというわけで、まったく無名のアーテイストから超大物アーティストまでいろいろと行かせてもらいました。
丁度私が勤めていた会社でペプシの広告やってたから、マイケル・ジャクソンはど真ん中の前から3番目で観れたり、おいしい思いはさせてもらいました。
今は全くのコネなし。なかなかいい席が取れなくてねぇ~。並んで取った学生の頃の方の席が全然よかった気がしますけど。やはり何か努力しないといい席は手に入らないのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

My Space David's Page

デビッドがMy Spaceという登録制のSNSに登録したというニュースがメールで送られてきました。
どれ、どれ 早速見てみました。
My Space David’s Page
へぇ~、こんなのがあるのね。
世界中のデビッドファンのプロフィールも見れるし、面白そう。
娘のKatieやキャシディファミリーのページものぞいてみましたが、本人のコメントも載っていたり、お友達登録のページものぞけて、また、HPとは違った楽しみも。
Wikipediaによれば、インディーズ系のミュージシャンが自分の曲を広めるためのツールとしても、よく使われるようになったみたいです。
Katieの曲を何曲か聴きましたが、なかなかいいじゃないですか。
女優としてのキャリアを突き進んでいるようですが、シンガーとしても全然OKっていう感じですね。
日本版はまだ出来て日が浅いようですが、海外では結構登録者も多く、浸透しているようです。
未成年者が個人情報を載せて犯罪に巻き込まれたり、出会い系サイト化したりなどと、問題もあるようですが、せっかくデビッドも登録したと告知してきた訳ですから、私も登録してみようかな?
でもまだ仕組みがイマイチよくわからん!
登録したら私もデビッドのお友達に登録してくれるのかしらん?
デビッドが見るなら、すぐにでも登録して、写真は若い頃のとびっきりのものを用意しちゃったりして。
それでも限界があるけど・・・。(~_~;)
いや、デビッドの気を引くためなら、キレイな別人の写真っていう手もあるか、と勝手に作戦を考えてしまいます。
でもファンをいちいち友達登録してたらキリないような気もしますが・・・。
日本ではMixiに宇多田ヒカルが登録して、一時パニックになっちゃったような話を聞いたことがありますがどうなんでしょうね。
でも、ま、試してみますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

紫のレコード

今日は私もPrinceネタで。
聴き始めは「1999」から。う~ん、アルバムタイトルも今となっては古さを感じますね。「1999」という年ももう8年前になってるし。その当時は世紀末だったのにね。
その後「パープルレイン」から「グラフィティヴィレッジ」まで全て持っていますが、その後「ミュージコロジー」までちょっとお休みしてました。
やはり一番よく聴いたのが「パープルレイン」かな?
映画も観たし。
でこちらがその当時買った紫色のレコード盤。
Ts360154 アメリカ盤です。
発売してすぐに買ったので多分初回分のみの限定だと思います。
国内盤も初回分はこの色なのかどうかわかりませんが。
とてもきれいですよね。
この写真を撮るために久しぶりにレコードを出してきました。
懐かしい。
昭和育ちの私も、CDにすっかり慣れてしまっていて、レコードは両面に録音されている、ということをすっかり忘れてしまっていました。
こちらの面の曲目に「パープルレイン」が入ってないので、もう一枚レコード盤があるはずだ!と勘違いして、ジャケットの中を探したりしちゃいました。なんのことない、裏面にしっかり「パープルレイン」と書いてありました。
もう何年もレコード聴いてないですね。プレイヤーもないし。もう聴けないと思い、処分してしまったものも。でもこれはキレイなんで、ず~っととっておくつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Vista Sounds

WindowsVistaが発売されましたね。
うちはまだしばらくはXPのままです。
で、今回のVistaのサウンド(起動した時やシャットダウンした時に流れるやつです。)をキング・クリムゾンのロバート・フィリップが作ったとテレビで紹介してました。キング・クリムゾンは私の全くの守備外。ヘンな顔のジャケットとプログレということ以外知りませんが、そのサウンドに関しておもしろいものを見つけました。
まずはXPとVistaの音比べです。
XP vs Vista
聞き慣れた音ですが、改めて聞くと、面白いですね。皆さまはどちらが好きですか?
エラーの音なんか、条件反射でびくっとしちゃうのが、恐~いですねぇ。

こちらはその音を作っている時の様子です。
making Vista Sound
へぇ~、こんな感じで作るんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

地球温暖化

今年の冬はホント暖かいですよね。
冬を過ごすのには、暖かいのはいいんですけど、やはり気になるでしょ、地球温暖化。
ほんとに着実にそっちに向かっているとしたら、やはりもう少し危機感をもたないと・・・。

今のオフィス、とっても暑いんです。
なんでここまで暖房を効かすの?っていう感じ。
オフィスでは上着脱いで、半袖のセータで仕事してますよ。
それでも暑いんです。
やっぱり何か間違ってるよね。

最近、元アメリカ副大統領のゴア氏が「不都合な真実」の映画のキャンペーンで来日して、マスコミによく出てましたよね。
最初、この話を聞いたとき、とても驚きましたね。
「世界で一番二酸化炭素を排出している国なのに、京都議定書に署名しない国、アメリカ。その国の政治家がこの映画を作ったの?」

何年か前、テレビで、ドイツ人の環境問題への関心の高さと、それに比べて、アメリカ人の無関心さの様子をやってました。
環境問題に関してはちょっと困ったちゃんの国、アメリカ。
国民の環境に対する意識の低さや京都議定書に賛同しない様子に大国としての責任は?と。
だからアメリカの政治家が作ったなんて、信じられなかったんです。

この映画を見てないので、詳しくはわかりませんが、内容は地球温暖化の脅威とその対策を、ドキュメンタリーで撮っているということ。
「あるある」の件があるので、最近なんでも鵜呑みにはしないようにはしているので、(遅すぎだよ。)ネットで探してたら、やはりこの映画に反する意見も見つけました。
地球温暖化問題よりもっとやるべきことがある、というような意見でしたね。
不真面目かもしれませんが、ちゃかしたYou Tubeの動画も見つけました。
こちら
映画を観たらもう少し何か書けるかもしれませんが、観ていないので、これで失礼。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

幻聴?

私が家事をやる時は、必ず何か音楽を流しながらやってるんですが、その時は、普段自分のライブラリーものではなく、家族のものをかけたり、ネットから普段聴かないものを選んでやってます。新しいものを開拓するっていう意味もあって。

ある日家にあったエミネムの「アンコール」を聴きながら、台所で水仕事をしてたら、聞いた事がある節が聞こえて来たので、
「あれ?」って思って水道の水を止めて聴いたけど、
やはり知らないエミネムのラップ。
洗いものを再開。
洗ってたら、また聞こえて来たので、水を止め、耳を澄ましたけど、聞こえてくるのはやっぱりエミネムのラップ。
そんなことを2回続けたけど、
やっぱり何か聞いたことがある節が聞こえてくるので、
おかしいな、と思い、しっかり水を止めて聞いていたら、
「Heart」のCrazy on Youが聞こえてきました。
どうやらエムネムが曲の中にサンプリングして入れていたのです。
それがわかったら何かおかしくなっちゃって。
だって、エミネムのラップの途中に全く予想外のハートの曲が幻聴のように聞こえてきたんですから。
動画じゃないけど、そのエミネムの曲はこちらです。
エミネム Crazy in Love
ね、忘れた頃にちょこっと聞こえてくるでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

時間の経過は残酷で・・・。

私が若い頃は女性ボーカルが好きで、よく聴いてました。
なかでも「Heart」はお気に入りのひとつ。
80年代にもヒット曲を出したけれど、私が好きでよく聴いたのは70年代の方。

「Barracuda」イントロがものすご~くかっこいいんだけど、あまりこのClipではわからないかな?
「Crazy On You」
こちらもいいでしょ?
休みの日などは好きな70年代、80年代の洋楽ものをYouTubeで探して見たりするのですが、まぁ~、久しぶりに彼女らの姿を見てびっくりしました!
何が?ってアンの姿に。
「Crazy On You (Now)」
初めてうちにPCがやって来て、デビッドの近影をネットで見た時と同じくらいのショックでしたよ。(笑)
でも彼女のパワフルな声と妹ナンシーは全く変わってなかったことがせめてもの救い。
それにしても時間の経過って残酷だなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

間違い電話

ここ数日、私の携帯に間違い電話が。
ご丁寧に「留守電」にメッセージを入れてきます。
仕事の電話らしく「ファックス受け取りました。この○○なんですが~」と内容は仕事についてのメッセージ。
いつも私の仕事中に入ってくるので、私もすぐに気が付かなくて、着歴に後で気づくか、メッセージが入っているかのどちらかで、まだ直に取っていないのです。
直に取れば「どちらにおかけですか?番号が間違ってますよ。」と言えるのですが、それが今のところ出来ず、相手も私の番号でどうやら登録してしまっているようです。
メッセージに入れたつもりでも全然相手には伝わってないのに、仕事上手くいっているのかなぁ~。
こちらからわざわざ電話して「間違いですよ。」と言うのもなぁ・・・。
ここまで来たら、相手になりきって、テキトーに話を合わせ、お仕事をかき回して遊んでみるか?
ってすぐバレるでしょうが。
困った、困った。
後は私が直に取るチャンスを待つだけかしらん。
でも私、登録してない人からかかって来ても、取らないからなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »