« キャシディ家 | トップページ | キャメロン・ディアス インタビュー »

2007年1月27日 (土)

古き良き時代

私の記憶の中で、私が見た一番古いアメリカのテレビショーは「かわいい魔女ジニー
多分幼稚園の頃だったかな?
アラビア風の衣装を身にまとった魔女ジニーがとてもかわいくて、すごく好きだったのを覚えてます。
同じ頃に「ルーシーショー」も見ていた覚えがあり、こちらはとにかく面白かったのを覚えてます。
その後小学生の時に「奥様は魔女」「ゆかいなブレディ家」とはまり、そしてデビッド・キャシディ出演の「パートリッジファミリー」へと続いていきます。

なぜそんな幼い頃から海外のコメディを好んで見ていたのかわかりません。でも幼心に向こうの綺麗な役者さんや、アメリカの広くて立派な家に憧れながら見てたのでしょうね。

「奥様は魔女」はその後何度も再放送されているので、見る度にいろんな発見があり面白いです。
大人になってからもう一度見ると、主人公サマンサがティファニーのペンダントをしていたり、ヴィトンのバッグを持っていたり、、子どもの頃気が付かなかったことが見えてきたりします。また自分も子どもから大人になり、見る立場も変わり、何度も楽しませてもらっている感じですね。
今はどの番組もDVD化されているようなので、手に入れてゆっくり見て楽しむことも可能ですが、買わなくても、今はYouTubeもありますから、短いシーンはちょっと見れたりしますから、ホント便利な世の中だこと。
「ゆかいなブレディ家」は小学生の時に見て以来、見る機会が全くなかったので、YouTubeで見れたときはちょっと感激しました。
私も番組に出て来る姉妹と同じ3姉妹だったので、(実際はその後私に妹が増え、4姉妹になりましたが)同じ次女役の子に共感し、お気に入りもその子でした。
金髪のストレートの髪がとてもキレイで、その髪をブラッシングするシーンはよく覚えています。
そして当時ウサギ小屋と揶揄されてた日本の家屋に住む私にとって、アメリカのあの大きな家、個室、大きなベッドは憧れましたね。
そんな豊かな国アメリカに憧れ、向こうのテレビドラマを見ながら育った私ですが、今「ER」なんかを見ると、いつからこんな「問題ばかり」の国になっちゃったんだろうかと、考えさせられちゃいます。
続きはまた。

|

« キャシディ家 | トップページ | キャメロン・ディアス インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110862/5102210

この記事へのトラックバック一覧です: 古き良き時代:

« キャシディ家 | トップページ | キャメロン・ディアス インタビュー »