« 古き良き時代 | トップページ | 「あるある」の影響 »

2007年1月28日 (日)

キャメロン・ディアス インタビュー

昨日(実際は今日ですけど)ERを見た後、テレビをつけっ放しにしてたら、キャメロン・ディアスのインタビューが始まり、見るつもりなかったんだけど、面白くて見ちゃいました。
「アクターズスタジオインタビュー」というNHKの番組(もとは海外のもの)で、過去にもいろんな俳優のインタビューをやってて、面白いのはわかっているんだけど、ヘンな時間でやってたりしたから、なかなか見ることが出来なかった番組。(前は教育テレビでやってたよね?)

彼女の作品も見てないし、特に好きでもないんだけど、見始めたら結局最後まで見てしまいました。
番組はアクターズスクールの生徒さんの前で、司会者がインタビューをする形式。
インタビューはお父さんやお母さんの名前、出身地を聴かれるところから始まり、学生時代、モデル時代、現在までを司会者がネタカードを見ながら細かい質問をしていきます。
びっくりしたのが、曾祖母が黒人なんですって。
彼女をどうみたって白人でしょ?生まれた時から金髪だって言ってたし。
黒人の「遺伝因子」も曾祖母ぐらい離れちゃうと受け継がれなくなっちゃうんですね。
金髪の彼女ですが、一度黒髪に染めたことがあって、金髪の時と「言い寄ってくる男」が違うって言ってました。
黒髪の時は「真面目そうな男」が寄ってくるんだけど、金髪の時は「軽い男」なんですって。
へぇ~。そんなもんですかねぇ~。

仏頂面の司会者の全ての質問に「笑顔」と「ジョーク」をちょこちょこ入れて、とてもなごやかに答えてたキャメロンに好感度はアップ↑。テレビカメラが回っていたって、あそこまでニコニコしながら楽しく答えてくれる女優さんは珍しいのでは?
カメラの前に立つ人はこれぐらいサービスしてくれると、見ている方も気分がいいですね。
淡々と質問をしていく司会者だけど、結構、するどかったりして、見応えありの番組。雑誌のインタビューと違って、やはり画面を通して性格や考え方なんかもポロっと出てきちゃって面白かったです。
もっと早い時間にやってもらえたらいいのにね・・・。

|

« 古き良き時代 | トップページ | 「あるある」の影響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110862/5105206

この記事へのトラックバック一覧です: キャメロン・ディアス インタビュー:

« 古き良き時代 | トップページ | 「あるある」の影響 »