« 温故知新 | トップページ | 空白の90年代 »

2006年9月13日 (水)

UKツアー決定

またデビッドがUKツアーをやるそうです。
前回と同様、オズモンズやデビッド・エッセクスと一緒のもの。
Rewind390_2
インターネットで情報が入って来るようになってからは、私の欲望もどんどん膨らんでいき、次は
「デビッドの生のライブが観たい!!!」
と思うようになってきました。

ライブ情報は彼のオフィシャルサイトで調べることが出来ます。海外のネットでチケットを取る方法や、泊まるホテル、コンサート会場までのアクセスを調べたりと、いろいろ探ってはいますが、なかなか実行できません。
まず、平日に家を空けることがことが難しいし、一緒に行ってくれる人もいないし・・・。
アメリカ国内の会場だと、へんぴな場所が多いので、こちらから行くなら、場所が便利な海外ツアーの方がいいのでは・・・と思い、今回のUKツアーも視野には入れてあります。(でもデビッド単独コンサートがいいんだけど・・・。)

この夏休みにカナダのバンクーバーでコンサートをやりましたが、その映像をYouTubeで観ました。
あ~いいなぁ~。デビッドが目の前で歌っている・・・。
デビッドももう結構なお歳だから、後何年現役でライブをやってくれるのかわかりません。近いうちにほんとうに、夢を実現したいと思ってます。
それまでお願いだから、続けていて!!!

|

« 温故知新 | トップページ | 空白の90年代 »

コメント

わあ~い!お仲間見~つけた!
ホント、見たいですねぇ~最近はゴキゲンよさそうで(ここ1~2年ファンが騒ぐといらいらしてたみたいだし・・・)、握手どころかKISSまでしてくれ・・・ううぅぅ・・・
もうこんな時は、「夫、子供」の事は頭の片隅にもないでしょうね~USのファンは過激、UKのファンは熱狂的って印象です。さて日本は~?30年前と同様おとなしいかな?!

投稿: BELLE | 2006年9月14日 (木) 18時54分

わ~い!お仲間見~つけた!
ホント、見たいですよね~
お馬さんのお仕事も忙しいみたいだし、いつまで歌ってくれるのかしら?!以前1週間以上、家を開けたくない~発言をしてましたし・・Beau君と奥様つきならいいのかな?昨年はウエンブリーで1回Beau君と歌ってましたよね。(あっ、シカゴカブスの試合でも歌ってたけど、背がDavidより大きくなった・・・)

最近は握手どころかKISSまでしてくれるし・・こんな時は「夫、子供」の存在は頭の片隅にもないでしょうね!←ワタクシ
USファンは過激、UKファンは熱狂的との私の印象。さて、日本は??30年前同様おとなしいかな?

投稿: BELLE | 2006年9月14日 (木) 19時29分

BELLEさん、コメントありがとうございます!(^O^)/
Beau君そんなに大きくなったのですか?今15,6歳ですよね。彼のために家を空けたくない発言してましたね~。少なくとも息子さんが自立するまでは芸能活動は続けてくれるのではないでしょうか。
Beau君の歌を聴く事ができたのですか?私も聴いてみたいです!
迷惑TBが多くて、確認してからでないとコメントまで載らない仕組みになってます。二度も送らせちゃったみたいで、ごめんなさい。
これからも地道に応援していきましょうね。

投稿: karin | 2006年9月14日 (木) 21時30分

すみませ~ん!
おバカなコメントを2回も送ってしまって!
はずかしい・・・
「送信」をクリックしても出なかったので、
「また間違えた~・・」と2回やってしまったのです。
決して、怪しいものじゃなないですけど
こうしてコメントを目にするとヘンなおばさんです。
判断で削除してくださいね~トホホ(-_-;)
Beau君とのPHOTOはDownunder~のサイトで見ることができますね。

投稿: BELLE | 2006年9月15日 (金) 05時38分

ホントだ!デビッドより背が高くなってる!photo情報ありがとうございました!(^_^)v
コメントは微妙に内容が違うので、嫌でなければ、このままにしておきますが、削除希望ならします。
TB制限をすると一緒にコメントも制限されてしまいます。ごめんなさいね。
これに懲りずにまたコメントお待ちしてま~す(*^_^*)

投稿: karin | 2006年9月16日 (土) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110862/3424137

この記事へのトラックバック一覧です: UKツアー決定:

« 温故知新 | トップページ | 空白の90年代 »