2018年6月15日 (金)

ジャズチャートで1位を獲得!

嬉しいお知らせです!
アメリカのアマゾンのジャズチャートで1位になりました!
iTunesでも私が知る限り2位まで上がってます。
月曜日に放送されたドキュメンタリーが良い方向に働いたようです。

そのドキュメンタリーですが、ネットで全部見ることができましたが、そのリンクが削除されてしまったので今は見られません。
またどこかで見つけたらお知らせしますね。
アメリカではもう買えるようですが、日本では買えませんので。

Aceacbba05f34ce19ea210be357010a6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

David Cassidy ドキュメンタリー番組放送!

日本では本日午前10時から下記のリンクから番組が見られそうですり
可能な方はどうぞ。
残念ながら私は用事があって見られないのですが、優しいアメリカのファンの方が必ずやYouTubeにアップしてくれるかと。

A&E

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

新譜発売!

5曲入りの新譜が発売され、iTunesでダウンロードできます。

Songs My Fater Taught Me / David Cassidy

タイトルは
「Songs My Father Taught Me」
収録曲は以下5曲
Night and Day
Summertime
Wish You Were Here
Sweet Little Angel
Till We Meet Again
Jazz部門と表示されています。

「Night and Day」と「Sweet Little Angel」は彼のNYのBB Kingsでのラストライブでも演奏されたので、そのライブを思い出してしまいます・・・sweat02

これが彼の最後の作品・・・sweat02

ちょっと湿っぽくなってしまいますが、しばらくは彼を偲びながら・・・Wish You Were Here
あなたがここにいれば・・・
Till We Meet Again・・・意味深なタイトルの曲ばかり、涙を誘います。
今のところダウンロードのみ、みたいです。

ちょうど一年前の5月これからCraigとFrank, Teriといったバンドメンバーとシカゴで録音するといった内容のメッセージです。

MESSAGE FROM DAVID - MAY 5, 2017
I'm about to go to Chicago in the next 2 weeks to record in Craig's state of the art studio to begin doing my tribute to my mentor and father. People may respond that it's just worship of my male role model, especially as he basically abandoned me and my mother. I truly believe he was the most talented man I've ever known. Soooooooo, I'm going to go in and pay tribute to him with "Songs my father taught me".
Teri and Frank are flying in. As you all know, we record Live! Live! Live! It's the only authentic way! It's the way I learned and was taught from 19 years of age!! I truly believe this will be my last recording, and it's been something I've been thinking about for many years.
Happy Trails,
DC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

タワレコ渋谷パイドパイパーさん✨

なんと棚展開してくれてます!
全部輸入盤で持ってるけど、こんな風にしてくれたので、お買い上げ(笑)
おまけに曲も流してくれていました!

Eca8387cbe19434798fc8f73e91a2855


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

日本初CD化

4月4日にCDが3枚発売されます。
「グレイテスト・ヒッツ~ディフィニティヴ・コレクション」
「チェリシュ」
「ロックミー・ベイビー」
Sony Music
(こちらのサイトでDavid Cassidyと検索するとCDの紹介がみられます。)

日本初CD化のようですが、Davidファンの方はすでに海外盤をお持ちのような気もします。
そういう私も持っていますが、ライナーノーツが長門芳郎さんなので、ライナーノーツ目当てに購入することになりそうです。
そうそう3月3日にその長門さんがラジオ番組で追悼してくれました。
彼の才能を理解してくださっていて、とても素晴らしい番組でした。
こちらでシェアできないのが残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

グラミー賞で追悼。

毎年グラミー賞では昨年亡くなったアーティストの追悼をするパートがあります。
今年はもちろん取り上げられるのでは、と思っていましたが、想像していたよりも短くてちょっと残念。
チャック・ベリーもグレン・キャンベルもワンフレーズだけ、流れただけだから、デビッドの扱いもその程度で「よし」としようか。
写真のみのアーティストもいる訳だし、本人の曲と動画が流れただけでもマシかな。
Grammy 2018, Tribute to David Cassidy

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
気持ち的には喪中の気分なんですが・・・。
今年もファンの皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
 
ところで、2017年12月30日、先日収録に参加した番組が無事放送されました。
こちらのリンクから1月6日土曜日14時までなら「タイムフリー」で聴けますので、興味がある方はどうぞ。
全米TOP40スペシャル タイムフリー

番組開始から22分あたりからDavid Cassidyについて流れます。
収録では15分から20分近く話したのですが、編集でかなりの部分カットされました。
アイドルで大成功を収めたけれど、その後はアイドルというレッテルで苦労した話。
ブライアン・ウィルソンやバッファロープリングフィールドのリッチー・フューレーやアメリカのジェリー・バークリー等等との共作で素晴らしいアルバムを作っているのに、商業的には成功しなかった話。
ラジオ番組「全米TOP40」を作った岡田三郎さんがライナーノーツを書いてくださっていたという話等、全てカットされてしまいました。とても残念です。

また流れた曲もこの番組の日本放送が始まった72年以降のヒット曲を選曲しなければいけない、という縛りがあったので、あのような選曲になりました。
編集でカットはしょうがないけれど、Davidがただの可愛いだけのアイドルではなく、素晴らしいシンガーでもあったし、才能あるライターでもあったという部分が伝えられなかったのが残念です。

ですので、曲が流れた後、矢口さんが「彼の気持ちが伝わってくる」とか「一連の流れからわかる」とかお話しているのも、編集の結果です(笑)

万が一、タイムフリーで聴けず、聴きたい方がいらっしゃいましたら、曲の部分がカットされたダイジェスト版がYouTubeにありましたので、そちらのリンクも貼っておきますね。
でもせっかくなので、1月6日までなら曲も楽しめるタイムフリーで聴くことをお勧めします。

全米TOP40 ミーハーバンザイ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

Music Freeway

昨晩、矢口清治さんの音楽番組「Music Freeway」で曲が流れました。
ラジコでは1週間タイムフリーで聴けますので、よろしかったらどうぞ。

Music Freeway

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼メッセージ

少し時間が経ってしまいましたが、Davidが亡くなった時に発表された追悼メッセージを紹介しますね。
まずはBrian Wilsonからの追悼ツイート
Brian Wilson
次はハル・ブレインのFBでの投稿。
Hal Blaine
若い頃のデビッドがとても勤勉で一生懸命だったことを書いています。
またクリスマスパレードでの面白いエピソードも。
とても心が打たれて涙が出て来てしまいました。
そしてエルトン・ジョン
Elton John
70年代はとても仲良くしていた話は伝え聞いていましたが、このように本人からの追悼メッセージはやはり本当に仲良かったようですね。
また時間がある時に少し紹介できれば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Time / In Memoriam 2017

2017年に亡くなった方のTime作成の映像です。
まだここにDavid Cassidyの映像が入っているのが信じられません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全米トップ40スペシャル「ミーハーバンザイ」

先日お知らせしました、「全米TOP40」の特番の収録にお邪魔してきました。
まさか招待して頂くとは全く予想していませんでしたので、ご連絡を頂いた時はかなり驚きました。
 
正直、話したいことがたくさんあり過ぎて、パニックになりかけました(笑)
でも湯川さんと矢口さんのナイスフォローでどうにか話をして来たという感じです。
もちろんトークの部分は編集でカットされることも十分考えられますので、満足する内容かどうかもわかりません。「ミーハーバンザイ」というテーマでもありましたので。
また選曲もこの番組が放送されている時にチャートインした曲の中から選ばなければいけなかったので、70年、71年代の曲は選ぶことができませんでした。
ですので無理やり理由を付けて選んだ感じになってしまいました。
恥ずかしいし、話の内容も自信がないのですが、Davidがこうやってラジオで取り上げて頂いたという事実はやはり嬉しいし、何かしらのアクションをすればこうやって取り上げて頂けるので、彼の追悼ということで、ご理解頂きたいです。(上手く話せなかった言い訳ばかりで、すみません。)
 
年末のお忙しい時とは思いますが、よろしかったら聴いてみてください。
放送は30日(土)14:00から16:00まで。
スマホかPCのradikoなら「タイムフリー」で1週間は聴けます。ラジオ日本です。
このリンクはどうでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

全米トップ40スペシャル

来る12月30日に「全米トップ40スペシャル」という特番が放送されます。

全米TOP40スペシャル

リンク先を見て頂ければわかると思いますが、副題が「ミーハーバンザイ」(笑)
アイドルに限らず、好きなアーティストへの想いを語る人を募集しています。
ご興味がある方は是非!

また、湯川れい子さんのツイッターで「David Cassidyの来日の資料を探している」というツイートを見つけ、資料を提供させて頂きました。
この番組で彼の追悼もやるということも書いてありましたので、当日の放送を楽しみに待ちましょう。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

チャッピーの永遠の”胸キュン”サウンド

明日FM八王子9時からチャッピーさんの番組でデビッドの追悼します。

携帯アプリから聴けますので、事前にダウンロードしておくと便利です。リンクは前回の投稿にあります。

実は3曲ほど曲を用意して番組にお邪魔しました。
本当はRCA時代の曲を流したかったのですが、やはりお馴染みの曲の方が一般の方は嬉しいのでは?と忖度してしまいました(笑)
どの曲がかかるかは、お楽しみに。

チャッピーさんとのおしゃべりは楽しかったのですが、本当に大事なことが話せたかなぁ、と心配しています。

そんなこともありますが、彼の曲が放送されるのは嬉しいので、お知らせしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

ラジオで追悼

毎週土曜日20時からラジオ日本で放送されてる「山本さゆりのミュージックパーク」でDavid Cassidyの追悼として2曲流れました。

山本さゆりのミュージックパーク

タイムフリーで1週間聴けます。
まだDavidが亡くなる前にリクエストしていた、他のアーティストの曲が流れびっくり‼️(笑)
もちろん数日前にDavidの追悼を書いてメッセージを送ったのですが、この回には間に合わなかったと、昨日たまたまご一緒する機会があったチャッピーさんから聞きました。

チャッピーさんの他の番組もありますので、皆様もリクエストしてみませんか?
こちらはFM八王子水曜日21時からです。

チャッピーの永遠の”胸キュン”サウンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

Davidの最期の言葉

Davidは愛する家族や友人に囲まれてフロリダの病院で亡くなりました。
死因は多臓器不全。
腎臓と肝臓が悪かったようです。
数日前に女優として活躍中の娘KatieがDavidの最期の言葉を公表しました。

So much wasted time

最初にこの言葉を見た時、正直驚きました。
時間を無駄にした?
自分の今までの人生を悔いている言葉なのか・・・そうだとしたら、それはあまりにも辛い言葉。
それともまだやりたい事がたくさんあって、こんな病院で寝てる時間の事を言っているのか・・・。

その言葉についてKatieは
「愛する人への感謝の気持ちを表す事を忘れないように」と、父の最期の言葉を毎日心に留めていると。「そしてもうこれからはそんな(家族との)大切な時間を絶対に無駄にしない」と書いています。

この数日間、彼のこの最期の言葉の意味をずっと考えていました。
まだやり残した事を後悔する言葉なのか、それとも愛する人に囲まれて、やはりKatie が書いているように、愛する人たちとの大切な時間を無駄にするなと言っているのでしょうか。
Davidの真意はわかりませんが、自分の人生の最期の最期に、この言葉が出て来たと言うことは、「とにかく後悔しない時間を過ごしなさい」、と残された人たちに言っていると前向きにとりたいと思います。

David Cassidy... last words

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

RIP David

悲しいお知らせをしなければいけません。
David Cassidyが亡くなりました。
今まで本当にありがとう、ゆっくり休んでね、David。

David 訃報

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

状況アップデート

気になるDavidの状況のアップデートです。
 
今朝は息子のBeauがDavidのFBページから
「依然厳しい状況だけど一緒にいる」と投稿してくれました。
そして今から一時間前には元妻のSueが
「David is with us」とツイッターで投稿しました。
クリック数を集めるだけの偽情報も出回っていますので、
近親者からの確実な情報のみを信じるようにしています。
ファンはどんな情報でも飛びつきたくなる心理を利用して、頭にきます。
そんな偽情報には騙されないようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

辛いお知らせです。

今朝辛い辛いニュースが飛び込んで来ました。
David Cassidyが多臓器不全で昏睡状態であるとの事です。
臓器移植以外で生きる望みがないとの事。
どうか、どうにか、回復する事を祈るばかりです。

http://www.foxnews.com/entertainment/2017/11/18/david-cassidy-suffering-from-organ-failure-surrounded-by-family.html

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

David Cassidy Last Live at BB King's on 4th March 2017

というわけで、David Cassidyのラストライブ、行って参りました。
ライブレポ書きましたので、どうぞ。

まさかの突然のツアー終了と認知症のニュース。それに続き、3月4日のニューヨークでのライブが彼の最後ライブとなる、との発表。
ショックなニュースが怒濤のように押し寄せ
、えー?どうなるの?、いや、とにかく彼の最後のライブに行こう!と思い立ち、行って参りました!

私と同じく、彼の最後のライブを見ようと駆けつけた方も多かったようで、チケットはSold Out、立ち見多数のBB King's。
満員御礼の会場は、思ったより男性のお客さんが多く、年頃は50代中頃〜後半と思われるファンが集まり、主役のDavidの登場を待っていました。

開演の時間を過ぎ、ファンの歓声の中、David 登場しました!
オープニングはあのドラマの主題歌
🎵Com'on Get Happy♫
え?あれ?ずい分と声がかすれてガラガラ!!
風邪?どうしちゃったの?と心配になるほど。後ほどトークで話していますが、どうやら咽頭炎にかかっているとのこと。
最後のライブなのに、万全な体調ではないなんて、Davidもさぞかし無念だったと思います。

それでも往年のヒット曲の数々を熱いトークを交え、熱唱してくれました。
前からトーク好きなDavidでしたが、今回は特にトークが多く、長かったような(笑)
曲の合間にたくさんの思い出やエピソードを語ってくれました。(そんなトークもどこかで忘れないうちにご紹介できれば!)

セットリスト(覚えている限りですが)Partridge Family時代の曲はこちら。
"Point Me in the Direction of Albuquerque"
"Doesn't Somebody Want to Be Wanted"
"I'll Meet You Halfway"
"I Can Feel Your Heartbeat"
"I Think I Love You"
ソロ時代の曲はやってくれませんでした💧

そしてそれ以外では
モンキーズのDavy Jonesに捧げた"Daydream Believer"を始め、
"Night and Day"
"Sweet Little Angel"
"On Broadway"
"In My Life"等往年の名曲が演奏されました。
声が不調だったし、66歳のDavidには彼のパートリッジ時代のヒット曲の高音を辛そうに歌うよりも、私はスタンダードな名曲と言われるこれらの曲をバンドメンバーと楽しそうに演奏してくれる様子の方が良かったし、楽しめました。

途中、13年間Davidのバックバンドのメンバーとしてドラムを叩いていたTeriもステージに登場。
これは嬉しかった!彼女も参加すると言っていた投稿を見逃していたので、私にはサプライズ登場で嬉しかったです!
彼女がBrass In Pocketを歌ってくれる間、Davidが彼女のためにドラムを演奏するという、お決まりのシーンもやってくれましたよ。

曲の合間にはファンの手紙(私のお友達Cindyが書いた手紙!)を手に取ったり、写真を貼り付けたファンからのメッセージボードを受け取ったり、そんなファンとのやりとりの場面もありました。

そして最後は彼の最大のヒット曲
I Think I Love Youを大合唱で締めくくり。
大盛り上がりでLast ShowのLast Song。
これで本当に最後・・・。
でも意外と私は涙はなし。
しんみりというよりも、一つの区切りがついた感じです。

皆さん、私が今回ニューヨークに行った事に、「David愛」を称えて?(笑)くださったのですが、今回のライブ参戦は、「大好きだから、是非最後のライブを観たい」という気持ちよりも、今まで、彼が私たちファンに与えてくれた、たくさんの事に対してのお礼の気持ち、感謝の気持ちから、「これは行かなきゃ!」と思って急遽行った!と言えるかもしれません。言うならば勝手に謝恩会(笑)

私の人生に多くの影響を与えてくれたDavid。洋楽を聴くようになったのもPartridge Familyのドラマがきっかけですし、英語を勉強したのも彼と話したい!という大きなモチベーションがあったからこそ。
今ある私の人生のベースにたくさんの影響を与え、私の人生をどれだけ彼が豊かにしてくれたことか、その彼に感謝の気持ちを表わしたい、それは私がライブに行くことなんだろうなぁ、なんて思って行きました。
ライブまで3週間ぐらいしか日数がなかったのも、逆に予定が立てやすく、今回の渡米を可能にしてくれました。

この先どのような形で彼が私たちファンの前に現れるのか、病気の進行も本当に心配です。
今、いろいろな事で苦しい状況にいる彼が少しでも穏やかな日々が過ごせますように、これからも彼への愛というより、もう情ですが(笑)消えることはありません。
彼からたくさんのパワーと幸せをもらい、今の私がいます。そのご恩は忘れないし、永遠に応援するつもりです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

David Cassidyラストライブについて

いつもながら更新が遅くなり申し訳ありません。
たくさん、たくさんお知らせすることがあります。

認知症の公表をした後に、3月4日のNYでのライブを最後に、それ以降のライブは全て中止になりました。
それを短くメッセージにして、チャッピーこと山本さゆりさんの番組にリクエストとともに送ったら、昨日読んで頂けました。
1週間ならラジオのタイムフリーでスマホで聴けますので、どうぞ。
山本さゆりのミュージックパーク


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«David Cassidy引退の真相